夏の朝昼夜に潜む危険! 世界一受けたい授業8月18日日本テレビ

堺正明.png




MCは堺正章さん、上田晋也さん、
学級委員長は有田哲平さん、
ゲストは、中島健人さん、藤岡弘さん、
木村文乃さん、鈴木梨央さん、鬼奴っこさん、安東弘樹さん、
解説してくれるのは、
日本医科大学教授 沖田 裕行先生です。


image130.gif【夏の朝昼夜に潜む危険!】

■朝の危険

◆ランニング


朝の習慣としてのランニングには、
白内障の危険が潜んでいます。

白内障は紫外線をたくさん浴びて
目が傷つくことが原因で起こります。
夏の朝は7時から紫外線量が上昇するため、
注意が必要です。
夏の朝にランニングをするときには、
昼同様にサングラスをするようにしてください。


◆朝食

夏の朝に利尿作用のあるコーヒーやお茶を飲むときには、
脱水症状を予防するために、
麦茶などのミネラルを多く含む物を一緒に摂取するようにしてくだい。


■脱水症状のチェック点


夜寝る前と朝起きた時で、
体重が1%以上減っているようなら、
脱水状態の可能性があります。

放っておくと、
臓器不全など命にかかわる場合もありますので要注意です。
寝る前にエアコンなどで部屋の温度を下げる、
コップ1杯の水を飲むなどの対処をしてください。


■脱水症状を起こしやすい人

筋肉の少ない人は脱水症状を起こしやすいとされています。
筋肉は約75%が水分でできていて、
水分を一番ためることのできる場所です。
ですから、筋肉量が減ると、
水分の量も減ることから、
脱水になりやすいとされています。


■昼の危険

◆夏血栓


夏の昼は水分が減ることで血液がドロドロとなって、
血栓ができやすくなり、
脳梗塞の危険が高まります。


長く座っていると、
血の塊が血管に詰まって脳梗塞を起こしやすくなります。
30分に1回は立ってかかとの上げ下げや、
足踏みをして下半身の血流を促してください。


■夜の危険

◆心筋梗塞


心筋梗塞の発症を抑えてくれる
効果が期待できる成分がビタミンDです。
このビタミンDは日光を浴びることで、
体内で作られます。
熱いからといって日を浴びないと、
その日の夜に心筋梗塞を起こす可能性が高まります。
最低でも、1日3分は日光を浴るように心がけてください。

豆腐や海藻に多く含まれるマグネシウムが、
動脈硬化や高血圧を抑制することで、
心筋梗塞の予防に効果的とされています。
マグネシウムを多く含む豆腐や海藻と合わせて、
ビタミンDを多く含むサケ
血液循環を改善させるゴマ
などをとることがお薦めです。


■突然意識を失った人への対処法


①安全な場所への移動
②意識の確認
③助けを呼ぶ
④呼吸確認
⑤横向きにする


③助けを呼ぶことは、非常に大切です。
意識を失った人の介助はとても大変です。
救急車を呼んだり、
道路の整理が必要になったり、
やることがたくさん出てきますので、
一人でやるのではなく、
周りの人に助けを求めてください。




科学的に幸せになる法 世界一受けたい授業8月11日日本テレビ





MCは堺正章さん、上田晋也さん、
学級委員長は有田哲平さん、
ゲストは、竹内涼真さん、浜辺美波さん、
滝藤賢一さん、佐藤栞さん、小藪千豊さん、
ギャル曽根さん、森富美さん、
解説してくれるのは、
オキシトシン研究の第一人者・山口創先生です。


image130.gif【科学的に幸せになる法】

人が幸福感を覚えるのは、
脳内から幸せホルモン・オキシトシンが分泌されるからです。

■オキシトシン

オキシトシンは女性の方が出やすいとされています。
また、小さい頃にたくさん抱きしめられた子供は、
大人になってもオキシトシンがでやすい
ことがわかっています。
さらに、ゲーム等をするときは、
1人よりも複数でやるほうがオキシトシンはでやすくなります。
これは、達成感をより多く覚えるためとされています。


■オキシトシンを増やす法

①手を繋いで見つめあう


より効果的なのは好意を覚えている異性ですが、
同性の親しい人でも効果が得られます。


②大好物を食べる

大好物を食べて満足すると、
オキシトシンが増えます。



③ハグをする

好意を覚える人のほうが効果的ですが、
警戒心のある人だと逆効果になることもあります。


④信頼する人に電話をかける

家族や好きな人など、
信頼する人の声を聞くと、
オキシトシンは増えます。

抱き枕を抱きながら電話をすると、
声を聞いた相手を抱きしめている感覚になるため、
さらに効果的です。



⑤アロマをかぐ

リラックスしてオキシトシンを増やすことができます。


⑥かわいい動物を見る

動物の映像を見て愛しいという気持ちがわいてくることで、
オキシトシンを増やすことができます。

麻布大学の研究によると、
『人間に見つめられると犬などのオキシトシンも増えた』
との報告があります。


⑦好きな人の写真を見る

好きな人の写真を見るとオキシトシンが増えます。
ゲストのギャル曽根さんは旦那さんの写真よりも、
同じゲストの竹内涼真さんの写真を見ることで、
よりオキシトシンが増えていました。


⑧マッサージをする

マッサージを受けた人よりも、
マッサージをした人のほうがオキシトシンが増えます。

マッサージをすることで、
相手が笑顔になったりすることで、
幸せな気分になれるなどの効果があります。





芸能人を襲った熱中症ミステリー!世界一受けたい授業3月14日日本テレビ





MCは堺正章さん、上田晋也さん、
解説してくれるのは、
救命医療のエキスパート 三宅康史先生です。


image130.gif【芸能人を襲った熱中症ミステリー!】

今回は熱中症になった4人の芸能人のケースから、
熱中症の対処法や予防法を学びます。


■杉浦太陽さん

杉浦太陽さんは5年前の8月、
司会をしている番組収録で、
冷房の利いたスタジオで熱中症になりました。

その原因は、しゃべりすぎにあったとされています。
しゃべりすぎることで水分不足に陥り、
熱中症になったと考えられています。

人は1日呼吸するだけで300mℓの水分を失っています。
しゃべり過ぎている場合には、
水分補給にも十分に配慮して下さい。


■川田裕美さん

4年前、川田さんはアシスタントをしていた番組で、
フルマラソンを走ることになりました。
半年前から週2~3回のペースで練習してきました。
当日は晴天で最高気温26度でした。

5時間以内の完走を目指して順調なペースで走り続けていたのですが、
30キロをすぐた頃から異変が起こり、
視界が狭まってきました。
さらに、35キロでは吐いてしまいました。
気力でゴールはしたものの、
その後倒れ込んでしまいました。

その原因は水分不足にありました。
川田さんはトイレに行くのが嫌で、
あまり水分をとらないで走っていたのです。


■熱中症患者への正しい水の飲ませ方

熱中症患者への正しい水の飲ませ方は、
『患者本人に自分で飲んでもらう』
です。
まず、
①上体を起こしてもらいます
それから、
②自分でペットボトルなりコップなりをもってもらいます
そして、
③自分で飲んでもらいます

自分で飲めるのなら意識がしっかりしています。
仮に飲めなかったなら、
意識がはっきりしていないと判断して、
医療機関に搬送してください。



■内山信二さん

テレビ番組の収録で軽装でハイキングをしていました。
しばらくして汗がまったくでなくなってきました。
そのうちにふらふらして、気が付いたら倒れていました。

原因は、ダイエットにありました。
内山さんは、
当時健康を考えてダイエットをしていました。
ダイエットによってエネルギー不足となり、
炎天下での運動で熱中症を引き起こしたのでした。
ダイエット中の炎天下の運動には十分な注意が必要です。


■ルー大柴さん

アフリカのジブチでの番組収録でのことでした。
熱中症を気にして水分を十分にとっていたのですが、
それでも熱中症になってしまいました。

その原因は、
高血圧のために塩分を控えていたことにありました。
塩分不足のために熱中症になったと考えられます。

熱中症予防にお勧めなのは、
塩分補給に加え疲労回復効果もあるトマトジュースです。
熱中症対策には汗で流れ出てしまう塩分(ナトリウム)の補給も重要です。
ナトリウムはトマトジュースに豊富に含まれています。
さらに、疲労回復に有効なリコピンも含まれていますので、
熱中症予防には最適な飲み物です。




感染症の最新対策法!世界一受けたい授業6月23日日本テレビ





MCは堺正章さん、上田晋也さん、
解説してくれるのは、
医療福祉センターさくら院長
兵庫医科大学特別招聘教授 服部益治先生です。


image130.gif【感染症の最新対策法!】

梅雨のこの時期、気をつけてほしい感染症が食中毒です。
特に、注意が必要なのが『おにぎり』です。

お昼のお弁当におにぎりを入れる際に、
おにぎりの海苔を巻くことが多と思いますが、
その海苔が食中毒の原因になることがあります。

海苔を巻くことで湿気がこもるとともに、
海苔のタンパク質が菌のエサとなって
食中毒菌の増殖につながるからです。


■実験

『海苔なしおにぎり』と『海苔巻きおにぎり』で、
気温30度・湿度90%で4時間放置して
菌の繁殖具合をみてみました。


◆結果

●海苔なしおにぎり
 : 150個
●海苔巻きおにぎり : 480個

また、素手で握ったをにぎりを同じ条件で放置しました。

●素手でにぎったおにぎり : 4万2千個

このように、非常に多くの菌が繁殖しました。
おにぎりはラップなどを使ってにぎるようにしてください。


■レジネオラ菌

主な症状として咳と高熱がでます。
レジネオラ菌は街の中で繁殖する場所があります。
それは、
『噴水』
です。

レジネオラ菌は水のある場所を好みます。
レジネオラ菌を含んだしぶきなどを吸い込むことで、
感染してしまいます。
ただし、すべての噴水が危険ということではなく、
きちんとした水質管理ができていない噴水で、
体調が低下している人や、
高齢者などは注意が必要です。


■RSウィルス

通常冬に感染するウィルスですが、
夏に感染することもあります。
これは、
日本とは季節が逆のオーストラリアで感染した人が、
ウィルスを持ち込んだことで
感染が広がったとされています。


■感染しづらい体作り

同じウィルスに触れても、
感染する人としない人がいますが、
その違いは免疫力の強さによるものです。
免疫力をアップさせるためには、
腸の活動を活発にするとよいことがわかっています。

腸の中には体内にある免疫細胞の60%が住んでいます。
そのため、腸の活動を活性化させることが、
免疫力アップにつながるとされています。


◆免疫力アップ体操

①楽な姿勢で立ちます
②両手で肋骨の下辺りを強くつかみます
③そのまま背筋を伸ばします
④息を大きく吸います
⑤両手をギュッとつかんで圧をかけます
⑥息を吐きながら上体を前方に倒します
⑦上体を元にもどします

①~⑦を1回として8回を1セットとし、
それを日に3セット行います。
理想は朝昼晩にわけてやることです。


■免疫力アップ食品

『牛乳 + トマト』

トマトに含まれるリコピンは強い抗酸化作用をもつため、
免疫細胞の働きを補助してくれます。

また、牛乳の脂肪分がリコピンの吸収率を高めてくれます。
この2つを同時にとることで、
相乗効果が生まれてより免疫力アップが期待できます。


◆作り方

『牛乳+トマト+ハチミツ+ヨーグルト』
でスムージーを作ります。