春のしみ、しわ、たるみの原因4月16日名医のTHE太鼓判TBS

名医の太鼓判.png




MCは渡部建さん、山瀬まみさん、
ゲストは川上麻衣子さん、阿部桃子さん、片岡安祐美さん、
解説してくれるのは、
美容皮膚科 小柳衣衷子先生です。


image130.gif【春のしみ、しわの、たるみの原因】

しみ、しわの、たるみの原因は

①紫外線
②筋肉の衰え
③糖化

です。


■①紫外線

紫外線には2種類あります。

UV-Aは、皮膚の深いところに影響を与え、
しみ、たるみの原因となります。

UV-Bは、皮膚の浅いところに影響を与え、
しみ、たるみの原因となります。



◆光老化

紫外線を浴びることがしみ、しわの原因となります。
しみ、しわの約80%が光老化が原因とされています。
皮膚の内部に浸透した紫外線が
肌の弾力を保つコラーゲンを破壊します。

日光だけではなく、
ブルーライトの紫外線からも肌はダメージを受け、
ハリを失った皮膚の表面にシワ、たるみが現れます。


◆日光性色素斑

強い紫外線を浴び続けることによって
茶色のホクロのようなものが出てきます。
これは、メラニン色素が過剰に皮膚に作られ沈着し、
しみになったものです。



◆脂肪性角化症

俗に年寄りいぼと呼ばれるもので、
放っておくと大きくなったり
数が多くなったりします。
また、急に現れたしみやイボは
皮膚がんの可能性もあるため、
気になる人はぜひ医療機関を受診してください。


■②筋肉の衰え

◆眼瞼下垂(がんけんかすい)


まぶたが下がってしまう症状で、
老け顔を招く要因です。

原因はハードコンタクトや付けまつげ、
化粧落としなどで瞼をこするなどが挙げられます。

それが同時に瞼の筋肉の衰えを招きます。
人は1日に2万回もまばたきをしているとされ、
眼瞼下垂は頭痛や肩コリの原因ともなるとされています。


◆老け顔予防体操:イノキ体操

①口角を思いっきり上げます
②アゴを突き出します
③この状態を10秒間キープします

これで頬の筋肉が鍛えられます。


■③糖化

ゲストの安部桃子さんはケチャップが大好きなのですが、
ケチャップ大さじ1杯分=角砂糖1個分
の糖分があります。
糖分の摂り過ぎは内臓も含めて肌の老化をも進め、
病気になりやすくなるとされています。


◆AGE(終末糖化産物)

体内の糖とタンパク質が結びついてできた老化物質です。
しみやシワなどの原因となり、
老け顔を招きます。

さらに、心筋梗塞の脳梗塞のリスクも高めます。


◆スチーマー

長い時間スチーマーを使用すると、
角質が破壊され、逆に肌の乾燥を招きやすくします。
適正な使用回数は1回10~20分、
週に2~3回くらいです。



◆フルーツパック

キウイパックなどが、
逆効果になる可能性があります。
肌バリアの崩れた乾燥肌に、
直接キウイなどのフルーツや野菜を触れさせると、
その食品に対するアレルギーになる可能性があります。





老けない口・アゴSP 3月12日名医のTHE太鼓判TBS

名医の太鼓判.png




MCは渡部建さん、山瀬まみさん、
ゲストは麻丘めぐみさん、池田美優さん、石井明美さん、
トレンディエンジェルさん、ピーターさん、
解説してくれるのは、
大竹真一郎先生、新谷悟先生、菅原道仁先生、
松本園子先生、丸田佳奈先生、森田豊先生です。


image130.gif【老けない口・アゴSP】

【口の衰え・麻丘めぐみさん】

40代を越えると、
知らず知らずのうちに口の衰えが始まります。
これを、オーラルフレイルといいます。
口の衰えは生活習慣病ばかりではなく、
認知症とも大きく関わっている
と言われ、
生涯肉を噛みきれる口を維持できれば、
健康寿命が延びるとされています。


■顎関節症

麻丘さんは顎関節症だと思われます。
このままあごの歪みを放っておくと、
口が2cmしかあかなくなるかもしれません。


■主な症状

顎が痛む、音がする、口が開きづらい、
などです。
放っておくと、
顎が2.5cmほどしかあかなくなる可能性があり、
これをクローズロックといいます。


■アゴ老化のセルフチェック

口を大きく開け、指三本が入るかどうかを見ます。
入ればOK、
入らなければアゴが老化
している可能性があります。


■原因

麻丘さんは、若い頃に右の奥歯を抜いたために、
左の奥歯でかむ癖が付いてしまっていました。
片方の歯でばかり噛んでいると、
噛まない方の頬の筋肉を使わなくなるために、
ほほの筋肉が老化してたるみの原因となります。


■改善法

顎の周りの筋肉をストレッチします。

①口を5秒ほどせいいっぱい大きくあける

②志村けんさんのギャグ
『アイーン』のように、
5秒間ほど口を横に開きながら顎を出す


image133.gif


【味覚の老化・池田美優さん】

池田さんは舌が衰えていて、
70代の味覚と同レベルとのことで、
味覚異常が認められました。

甘味、塩味、酸味、苦味
をはっきりと区別することができませんでした。



■原因

まだ10代なのに、
なぜ味覚が老化してしまったのでしょうか。

ながら食いも味覚老化の原因のひとつです。
食事に集中できず、味を認識できなくなり、
ついつい濃い味をこのむようになります。

これを裏付けるように、
池田さんは味の濃い物を好んで食べていました。
濃い味ばかりを好んで食べていると、
味覚センサーが壊れていくとされています。


■味覚と生活習慣病

味覚が衰えると、
特に甘味と塩味がわかりづらくなると言われていてます。
この2つがわからなくなることで、
ますます甘い物や塩味の濃いものが欲しくなって、
糖尿病や高血圧を招くことになります。


■改善法

良く噛んで食べることで、
唾液がでて味覚を感じやすくなるとされています。



image133.gif


【口周りの衰え・ピーターさん】

■パ・タ・カチェック

パ・タ・カという音を10秒間で何回言えるか?
をチェックします。
言える基準回数は年齢によって異なってきます。


パ:口びる周辺の動きをみる
タ:舌の前方の動き見る
カ:舌の後方の動きを見る

この3つの音で言いずらい物があれば、
口周りが衰えています。


■原因

ピーターさんは一人暮らしのために、
話しをしない時は2日間くらい、
声をださない時があると言います。
声を出さないことが原因と考えられます。


■認知症との関係

食事のときに写真を撮っていたのですが、
これは昨日食べた物を忘れることがあるために、
その記録のために撮っているといいます。

口周りの筋肉が衰えると、
記憶を司る海馬の細胞がへって
記憶力の低下につながることがあります。
歯が20本以下にへると、
認知症発症リスクが1.9倍になるといいます。


■声老け

『以前より声が低くなった、声が変わった』
と周りの人にいわれたことがあると、
声老けの可能性があります。


■原因

ピーターさんは、
声帯がしっかりと閉じることができず、
そのために空気が漏れていました。
これが、声老けの原因とされています。
生体は筋肉でできているので、
使わないと衰えてしまいます。


■改善法・息ごらえ体操

①両手を胸の前で組みます
 (両手で上下で指をつかみあい、組み合わせるようにします)
②大きく息を吸います
③両手を引っ張りながら5秒間息をこらえます
5回を1セットとして朝昼晩の1日3回がお薦めです
血圧の高めの人は、こらえる時間を短めにしてください


image133.gif


【TCH・石井明美さん】

石井さんはパニック映画が好きだというのですが、
それを見ているときに、
5分に1回は歯を食いしばっていました。
このように、
歯と歯を接触させるクセのことをTCHと呼びます。
このTCHは、
肩コリや頭痛を引き起こす原因になるとされています。

通常、人は1日平均5~8分ほどしか、
上と下の歯が当たらないとされています。


■TCHチェック

①正面を向いて口を閉じる

少しでも歯が当たる、
もしくは触れるとTCHの疑いがあります。

少しでも歯が触れたりすると、
センサーが働いて、
脳に刺激をあえてストレスの原因となります。
脳は『そんなに噛みたいのなら夜中に噛ませてあげる』と思い、
夜中寝ている最中の食いしばりや歯ぎしりにつながるとされています。


■改善法

意識改革が必要なので、
部屋の目につく所に、付箋などに
『歯を食いしばらない』
というように書いておきます。
そうして、歯が触れないように意識することが大切です。


image133.gif


【唾液が少ない・齋藤さん】

トレンディエンジェルの齋藤さんは、
唾液の分泌量が少ないことが判明しました。


■原因

唾液が少ないのは、
噛む回数が少ないことが原因でした。
噛まない食べ方をすると唾液が出なくなります。
唾液には殺菌作用があり、
口の中を綺麗にする働きがありますので、
唾液の分泌が減ると虫歯や歯周病のリスクが高まります。
歯周病菌が増えると、
心筋梗塞や脳梗塞などの血管の病気を起こしやすくなります。

また、かまない食べ方は頬の筋肉も衰えさせます。


■頬の筋肉チェック法・ブクブクうがい

口に水を含んで20秒間ぶくぶくとうがいをし続けます
20秒間うがいができない人は頬の筋肉が衰えています。


■改善法・舌グルグル体操

舌で唇の周りを右回り左回りさせます。
左右に5回づつ行ってください。


image133.gif


【舌の状態】

舌は体の臓器と非常に密接な関係があって、
全身の鏡と言われています。


■舌の状態と病気

◆濃い紅色:発熱・脱水状態など

◆白い舌苔が多い:消化不良など

◆舌の側面に歯の跡がつく:水の代謝が悪い(むくみ状態)

◆表面のひび割れ:胃腸虚弱など






足ドッグで健康改善!一生歩ける身体を作ろうSP3月5日名医のTHE太鼓判TBS

名医の太鼓判.png




MCは渡部建さん、山瀬まみさん、
ゲストは岡田圭右さん、紫吹淳さん、田中道子さん、
バービーさん、早見優さん、
解説してくれるのは、
大竹真一郎先生、菊池恭太先生、桑原靖先生、
丸田佳奈先生、森田豊先生です。


image130.gif【足ドッグで健康改善!一生歩ける身体を作ろうSP】

【早見優さん】

巻き爪、タコ・ウオノメ、へん平足など、
さまざまな足トラブルに悩まされています。


■巻き爪

爪は本来巻くようにできているが、
歩くことによって足の指や爪が下から押されることで、
巻きが予防されています。


■へん平足

足の土ふまずが少ないのがへん平足で、
これがさまざまなトラブルの元になります。
足が平らになり、骨や筋肉に直接衝撃が加わるために、
炎症を起こしやすくなり、痛みを覚えやすくなります。


■タコ・ウオノメ

足の一部に過度の圧力ががかると、
角質が厚くなり、それが硬くなってタコとなります。

そのタコに硬い芯ができて、
それが神経を圧迫して痛くなるのがウオノメです。


■妊娠

女性の脚は妊娠出産で足が崩れてしまいます。
妊娠するとお腹を支えるために、
やや外股(がに股)になります。



■対処法

早見さんが、愛用していたハイヒールを履いて見ると、
パカパカして大きな感じになっていました。
さらに、痛くて長時間はくことができませんでした。

このようにいくつもの足トラブルをかかえた
崩れた足に効果的なのが、
インソールです。

医師が作った早見さんにあった
インソールを靴に入れることで、
崩れた足を正しい形に矯正しました。
その結果、足の土台を安定させることで、
歩行機能を安定させることができました。
ハイヒールをはいても痛みを覚えることもなく、
踊ることすらできました。


image133.gif


【岡田圭右さん】

岡田さんの場合は、
左足の甲が盛り上がっている甲高になっていました。
これは土ふまずが高くなっているハイアーチという症状です。

土踏まずの筋肉が縮こまって硬くなっている状態で、
アーチのスプリング機能が低下してる状態でもあります。

そのせいで下半身に負担をかけているのですが、
それがやがては上半身にまで負担をかけて、
体の歪みへとなって現れます。


■原因

岡田さんの甲高の原因のひとつは、
小さな靴をはき続けたことにあります。
とくに、
趣味のゴルフののときは小さめの靴を履いているとのことです。
さらに、
スポーツなどでかかとや指の付け根に過度な負担をかけることも、
甲高の原因となります。

甲高の人は足で吸収すべき衝撃が、
膝や股関節に直接伝わって痛くなって、
やがて関節症になってしまいます。


■対処法

対処法として、
クッション性の高い靴がよく、
ローファーよりも調節のきく紐靴のほうがお薦めです。



image133.gif


質問:かかとの側面がガサガサの人は
将来どんなリスクがある?


答え:尿漏れの危険性があります

これは、重心が足の外側にかかっている、
つまり体重が足の外側にかかっているということで、
足の内側の筋肉が使われていないということです。
足の内側の筋肉が低下すると、
膀胱を支える骨盤底筋群が弱まり尿漏れの原因となります。


質問:健康に良いためには、
1日1万歩より多く歩くか少なく歩くか?


答え:1万歩より少なく歩く方が良い

体に良い1日の歩数は8000歩とされていて、
ただ歩きすぎてしまうと
体を痛めてしまうことにつながることがあります。


image133.gif


【紫吹淳さん】

紫吹さんは外反母趾ぎみとのことで、
現在はハイヒールをやめて
スニーカーを常用しているとのことなのですが、
それでも足が痛いといいます。
ハイヒールを履いているときのほうが、
歩きやすく楽だそうです。



■症状

紫吹さんは、
歩くときに足の裏に加わる圧力が少なくなっています。
これは、踏み出す力が弱いということです。
紫吹さんの足のバランス年齢、姿勢年齢はともに63歳、
速度年齢は80歳と診断されました。
これは、脚が極端に老化している状態です。


■痛みの原因

紫吹さんの1日を観察したところ、
ほとんど歩かない生活をしていることが分かりました。

ハイヒールのほうが靴底の傾きがあることで、
蹴り出しが楽になります。
そのため、ハイヒールからスニーカーに変えたことで、
足に痛みが出たと考えられます。

ハイヒールをやめたことで、
かえって外反母趾になってしまったと考えられます。
ハイヒールをはくとアキレス腱が縮んで硬くなってしまいます。
その状態でスニーカーをはくと、
歩くたびにアキレス腱が伸ばされて負担ががかります。
この負担が外反母趾の原因になるとされています。



■対処法

ケアするためには、テーピングなどが効果的です。
足の甲の周りを軽くテーピングして、
人工的に足のアーチを作ります。

あまり強くテープを巻くと痛くなりますので、
ちょっとゆるいかなと感じる程度に巻きます。


image133.gif


【バービーさん】

バービーさんは、むくみに悩んでいます。
朝は顔がむくみ、
夕方は足がむくむといいます。



■原因

歩くときに後ろ重心になっていることで、
ふくらはぎを使っていないことが、
むくみの原因になっています。
ふくらはぎは第2の心臓と呼ばれ、
下半身の血液を心臓に戻す働きをしています。

朝のむくみの原因は前日のアルコールにあります。
むくみは、
血管から漏れ出た水分が細胞にたまるために起こります。

同じ姿勢を長時間続ける、
筋肉を動かさないなどの理由で、
水分の循環が悪くなってむくみを引き起こします。


■対処法

バービーさんは、このままだと
将来的に下肢動脈瘤を引き起こす危険性があります。

対処法は、
第2の心臓と呼ばれているふくらはぎを鍛えることです。
そのためには、
立った状態でかかとを上げ下げすることが効果的です。


image133.gif


【田中道子さん】

田中さんは、
足がむずむずして寝付きにくいことに悩んでいます。


■症状

田中さんは検査の結果、
骨盤と背骨が曲がっていることがわかりました。
さらに、足の極端な筋力不足も判明しました。

田中さんは椅子に腰かけるときに、
足を曲げて座面に足を乗っけるようにしていますし、
ベッドの中でも極端に足を曲げるような姿勢を取っていました。
これは、足の筋力が弱いせいだと考えられます。
足は伸ばしているほうが筋力を使いますので、
曲げている方が楽だからだと考えられます。

また、
夜寝ようとすると膝から下に虫がはっているような感覚があって、
足がむずむずして寝付けないといいます。

これは、むずむず症候群という病気で、
鉄分不足が原因とさています。
この病気に悩む人は200万人に及ぶとさています。


■原因と対処法

田中さんの場合は、
鉄分不足とカフェインの摂りすぎが原因と考えられます。
対処法はほうれん草などの鉄分を豊富に含む食材を取る、
または医師に鉄剤を処方してもらうなどがあります。





肺年齢診断SP!あなたの呼吸は大丈夫 2月26日名医のTHE太鼓判TBS

名医の太鼓判.png




MCは渡部建さん、山瀬まみさん、
ゲストはいとうまい子さん、金田朋子さん、
木本武宏さん、椿鬼奴さん、前田吟さん、
解説してくれるのは、
大竹信一郎先生、大谷義夫先生、川村優希さん、
丸田佳奈先生、森田豊先生です。


image130.gif【肺年齢診断SP!あなたの呼吸は大丈夫】

肺は常に細菌やウィルスに触れているリスクがあり、
病気を発症する恐れがあります。
肺の機能は20歳をピークに
加齢とともに徐々に衰えてきます。


【前田吟さん・74歳】
肺年齢は81歳の7歳老け


前田さんから、
誤嚥性肺炎の痕跡が見つかりました。
誤嚥性肺炎は、
誤って食べ物や唾液が気道に入ってしまう症状です。

誤嚥性肺炎の約7割は食べ物ではなく、
唾液で起こっています。


睡眠中に唾液が入ってしまう誤嚥は、
自覚症状がないことから、
『隠れ誤嚥』
とも呼ばれています。

また、
前田さんには睡眠時無呼吸症候群も見つかりました。
呼吸が停止している時間が、
最大1分40秒という非常に危険な状態です。

この睡眠時無呼吸症候群の合併症として、
逆流性食道炎があり、
胃酸が逆流して、
気管支に入ってしまっている可能性があります。

ここまで、重症だとCAPA(シーパック)という、
睡眠中に空気を気道に送る機械を装着することをお薦めします。

前田さんはリンゴを良く食べているのですが、
1日1個リンゴを食べると、
肺機能が若返るというデータがあります。


image133.gif


【金田朋子さん・44歳】

≪肺機能低下リスクのチェック≫

①エアコン


フィルターにはホコリが溜まっていましたが、
この中に人のアレルゲンがたくさんいます。
また、ホコリがあるところにカビが増殖します。
カビの胞子はアレルギー性肺炎になるリスクを高めます。


◆対策

エアコン内を乾燥させることです。
エアコンのカビはこまめなフィルター掃除はもちろん、
定期的に送風にすることで抑えることができます。



②浴室

カビは湿気が多い水回りが好きです。
浴室におきっぱなしの玩具は
内部にカビが潜んでいる可能性があります。
また、鏡の縁にある黒い物もカビです。

カビが増殖する要素は
●空気
●温度(0~40度)
●湿度
●カビ菌
●ホコリ
上記の中の一つでも欠けると、
カビは繁殖しません。


◆対策

カビは熱い温度に弱いと言う特徴があります。
50度以上のシャワーを1分間当てると、
死滅させることができます。


③洗濯機

洗濯機の裏は湿気が多くて温度が高く埃が多いため、
見えない白カビが繁殖しやすい場所です。
白カビの特徴は、
水分の少ないところでも繁殖することです。
また、浴室の天井にも見えない白カビが繁殖しています。
天井は、アルコール除菌が効果的です。


④キッチンマット

キッチンマットの裏からはカビに加えて
ダニも見つかりました。

アスペルギルス
という
喘息、感染症、肺炎を起こすカビ、
ペニシリウム
という
喘息、アレルギー性肺炎、間質性肺炎を起こすカビ
が見つかりました。

ホコリやカビは床に近いほど溜まりやすいことから、
注意が必要です。
こまめな洗濯や掃除が大切です。


⑤寝具

寝具で肺炎を起こしやすい可能性があるのは、
『羽毛布団』
です。
鳥アレルギー性肺炎という
鳥のフンや羽根で肺炎を発症する人がいます。
羽毛布団だけではなく、ダウンジャケットも注意が必要です。


⑥陶芸

肺炎を起こす可能性がある趣味は、
『陶芸』
です。
陶芸では漆や土を使うのですが、
その土の中にケイ酸が使われている場合があります。
このケイ酸を吸い込むと、
肺胞の壁が厚く硬くなり、
酸素をとりこみにくくなる
間質性肺炎を引き起こすことがあります。