長寿菌で長生き&レシピ・その原因は腸にあり3月29日フジテレビ





image130.gif【長寿菌】

人の腸の中には、
長生きと関係の深い長寿菌と呼ばれる菌がいます。

解説してくれるのは、
理化学研究所
特別招聘研究員 農学博士
辨野義己先生です。

長生きの秘訣として、
腸の中に長寿菌と呼ばれる腸内細菌が存在することがわかりました。
その代表的な菌が次の2つです。

①『ビフィズス菌』
②『大便菌』


とくに、ビフィズス菌は生まれたときは
95%も腸内を占めていますが加齢とともに減ってしまい
60歳以上では1%にまで減ってしまいます。

■ビフィズス菌

ビフィズス菌がいることで
腸の動きが活発になります。


■大便菌

大便菌は腸の粘膜を修復して
免疫力を正常化させる働きがあります。
さらにがん細胞を抑える効果もあります。

この2つの菌が多いほど健康長寿が期待できます。
ですが、これらの菌は
腸内に病気があると減ってしまいます。


【長寿の島・徳之島】

徳之島は長寿の人が多いということで、
その腸内細菌を調べたところ
やはり腸内に長寿菌が多く存在していました。
そのため、徳之島の長寿者の方々の食生活から、
長寿菌を増やす方法を探っていきます。


image130.gif【長寿菌サポート食品】

肉と野菜を1:3の割合で食べるのが、
腸内環境を良くするのには理想的なバランスです。

■粒味噌

奄美地方などで有名な味噌で
島の料理には欠かせない発酵食品です。
この粒味噌に豚肉やピーナッツをあえて
食べるのが島の代表的な食べ方です。

粒味噌は塩分が少なくて
発酵性食品なので腸内細菌によい食品となります。

粒味噌に含まれる乳酸菌は
腸の中を通過していくときに
ビフィズス菌のエサとなって元気にしてくれます。
その結果、腸が活発になり腸内環境をよくします。



■青パパイヤ

徳之島では青いパパイヤを
野菜として食べるのが一般的です。

青パパイヤには食物繊維が非常に豊富に含まれています。
食物繊維は大便菌のエサとなることから、
大便菌を活性化して腸内の正常な免疫機能を維持します。


食物繊維を食べて活性化した大便菌が、
腸内の粘膜を修復して腸内環境を良好にすることで、
腸内の正常な免疫機能を維持します。


■アオサ

徳之島や沖縄などでよく食べられている海藻の一種です。
大便菌のエサとなる食物繊維とミネラルが豊富なことから、
腸内環境を整えます。


■み き

もち米を発酵させて作った飲み物で
島では牛乳と一緒にスーパーで売られています。

乳酸菌で発酵させており
もち米で作ったヨーグルトのようなものです。
みきには乳酸菌が入っているので
ビフィズス菌を元気にしてくれます。



■黒 糖

黒糖にはオリゴ糖が多く含まれており
ビフィズス菌のエサとなることから、
ビフィズス菌が活性化して腸を元気にします。


■長寿菌を活性化させる法

乳酸菌などを多く含む発酵食品、
野菜、海草、きのこ、豆類などの食物繊維を多く含む食品、
ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖などを摂取することで、
長寿菌を元気にして元気で長生きすることができます。


image130.gif【長寿菌食材レシピ】

■パパイヤの炒め煮

①パパイヤを細かくおろして
 水にさらしておきます

②下味をつけた鶏もも肉を
 ごま油で炒めます

③適当な大きさに切ったニンジンと
 玉ねぎを加えます

④パパイヤを入れて炒めます

⑤酒、しょうゆ、みりんなどで味付けをして
 パパイヤに火が通れば出来上がりです


■アオサの炒め物

①細切りのニンジンを炒めます

②アオサをたっぷりと入れます

③味付けをして整えればできあがりです


■アオサの天ぷら

①アオサに衣をつけます

②カラッと揚げればできあがりです。
 にんじんやじゃこをいれて
 かき揚げにしても美味しく食べられます




チョコレートで肌改善!その原因腸にあり3月29日フジテレビ





シミの原因は大きく分けて2つです。

①活性酸素
②肌のターンオーバーの乱れ


腸内環境がよくなれば、
血流がよくなって肌のターンオーバーも正常に働きます。

解説してくれるのは
予約5年待ちの便秘治療権威
順天堂大学教授
小林弘幸先生です。


image130.gif【腸で肌荒れ改善】

■腸内環境は肌を写す鏡

腸内環境が乱れていると
シミの原因になったり
肌荒れになったりします。

腸内環境が乱れると
血流が悪くなってしまい
1ケ月ごとで肌の細胞が新しく生まれ変わる
ターンオーバーが上手くいかず、
肌荒れやシミになってしまいます。

ですから、
腸内環境を整えることで
シミ・肌荒れを改善することができます。
そして、番組では美肌に効果のある食品をお薦めしました。


image130.gif【美肌効果食材】

肌によいおすすめの食品は、

『チョコレート』
です。

カカオが多く含まれているチョコレートには、
美肌にとくに有効な

『カカオプロテイン』
『カカオポリフェノール』


という2つの成分が含まれています。


■カカオプロテイン

カカオプロテインは、
消化されないたんぱく質を含んでいるため、
それが大腸まで届いて善玉菌のエサとなり、
腸内環境を改善します。

カカオの食物繊維とカカオプロテインが、
一緒に善玉菌を活性化して腸内環境を整えます。
これによって肌のターンオーバーが正常となり、
シミの原因となる細胞を排出してくれます。



■カカオポリフェノール

カカオポリフェノールは、
抗酸化作用のある抗酸化成分の一種で、
体の中に入ると、
活性酸素から肌を守り、
シミの元となる皮脂の酸化を防いでくれます。


また、カカオ70%以上のチョコレートは、
赤ワインやリンゴなどの
ポリフェノールが多いと言われている食品よりも
圧倒的にポリフェノールが多く含まれています。

※ただし、普通のミルクチョコレートでは効果は望めません。
あくまでも、カカオ70%以上のチョコレートです。


image130.gif【肌改善実験】

①チョコレートは
 カカオ70%以上のものを使用

②1日25gを目安に摂取
 板チョコ半分程度です

③4週間食べ続けます

④チョコレートを食べる以外の
 食生活や生活スタイルは一切変えません

モニターはキンタローさんと
タレントの木村好珠さんです。


【結 果】

■キンタローさん
表面にみえるシミ  138  → 128
紫外線によるシミ  469  → 445
茶色いシミ     532  → 479


■木村好珠さん
表面にみえるシミ  141  → 157
紫外線によるシミ  392  → 409
茶色いシミ     393  → 425

木村さんの場合、シミの数の改善はみられませんでしたが、
ニキビのもととなる過酸化脂質の数は
3370  → 2239
と1000個以上も激減しました。

4週間チョコを食べ続け
それ以外の生活は何も変えなかったのですが
シミは減って肌も白くなりました。

腸は血液の質を決めていると言われている、工場です。
この工場である腸がいい血液を作りだせば、
体のいろいろな部分によい影響を及ぼしていきます。

血液をよくするためには、
腸の環境を良好に整えておくことがとにかく重要です。
そして、その結果が美肌として現れます。