心臓の老化タンパク質を減らす法 たけしのみんなの家庭の医学4月3日テレビ朝日

たけしのみんなの家庭の医学.png




MCは北野たけしさん、
ゲストはガダルカタル・タカさん、井森美幸さん、
具志堅洋高さん、中山秀征さん、
解説してくれるのは、
熊本大学大学院 生命科学研究部 分子遺伝学分野
教授 尾池 雄一先生です。


image130.gif【心臓の老化タンパク質を減らす法】

心臓の一番大事な働きは
血液を体中に送り出すポンプ機能ですが、
心臓の老化物質がそのポンプ機能を低下させます。


体の中には10万種類にも及ぶタンパク質があり、
その代表的なものが
『ヘモグロビン』『インスリン』『コラーゲン』
といった体内で酵素的な働きをするものです。

これに対して、
心臓の老化に影響を与えるたんぱく質は
『アンジオポエチンL2』
と呼ばれるものです。

アンジオポエチンL2は適量分泌されているときは
心臓にとって良い働きをしていますが、
過剰に分泌されてしまうと心臓の筋肉に悪影響を与え、
心臓の老化につながってしまいます。

このアンジオポエチンL2は全身の細胞から分泌されていて、
増えすぎると様々な障害があります。
心臓からたくさん出ると心臓のポンプ機能の低下、
血管で増加すると動脈硬化、
皮膚で増えるとしわの原因となります。
また、がんにもなりやすくなるともされています。


■アンジオポエチンL2が増える原因

アンジオポエチンL2が増えすぎる原因の1つは加齢で、
もう1つの大きな原因は脂肪です。
心臓の老化物質が多かった人は、
心臓に脂肪が蓄積していました。


■ 心臓脂肪の減らし方

心臓に脂肪が蓄積していた人は
1日で座っている時間の長い人でした。
できるだけ座っている時間を短くして
伸びをすることでアンジオポエチンL2を減らすことが期待できます。


◆心臓の老化たんぱくを減らす方法

①1時間に1回立つ
②立った時に伸びをする


これだけです。


■モニター実験

『倉橋さん・女性68歳のケース』

心臓老化物質基準値は4.12ですが、
倉橋さんの値は4.7でした。

そこで、日常生活において、
1時間座り続けたところで、
一回立ち上がって伸びをしてもらいました。

倉橋さんは、
1時間座りっぱなしで1回立って背伸びをしていましたが、
それに加えてテレビなどを見る際に、
ときどき立って見るなどして、
座っている時間を減らす工夫をしていました。


◆結果

5日後、倉橋さんの
心臓老化物質基準値が
4.7 → 4.5
へと下がりました。
このまま続ければ、基準値以内おさまるだろうと診断されました。




名医が勧める花粉対策3ケ条 たけしのみんなの家庭の医学2月27日テレビ朝日

たけしのみんなの家庭の医学.png




MCは北野たけしさん、
ゲストは矢代亜紀さん、かとうかず子さん、
ガダルカナル・タカさん、ほんこんさん、
解説してくれるのは、
花粉症治療の第一人者
日本医科大学付属病院耳鼻咽喉科部長
大久保 公裕先生です。


image130.gif【名医が進める花粉対策3ケ条】

今年は、
花粉の飛散状況が昨年よりも多いと予想され、
今から花粉症の人々を悩ませています。

ですが、花粉症の対策は基本を守ることが大事です。
当たり前のこときちんとすることで、
症状を緩和させたり、
発症を遅らせたりすることができます。


■マスク選び

マスクの選び方ひとつでも劇的な効果が現れます。
花粉症用のマスクをすれば、
鼻の粘膜に届く花粉の量を、
一般的なマスクの半分に抑えることができます。


image133.gif


【花粉症対策3ケ条】

≪堀内さん・女性54歳のケース≫

堀内さんは花粉症に悩まされていて、
常にマスクをしていました。
そして鼻水が止まらず、鼻の粘膜にも炎症がみられました。
取材中にも何度も鼻をかみ、
時には咳こんでいました。
花粉の粒子が肺に入ると咳を誘発することがあり、
堀内さんは寝ているときにも咳こんでしまい、
よく眠れない様子でした。


■持ち込まない

外出から戻ったら、
玄関に入る前に服の花粉を払います。
この玄関前での花粉払いは、
家族にも協力してもらって、
全員で行うことが大切です。

また、外出の際には、
服のアウターには毛足の長い物は選ばないようにします。
起毛した素材の物は花粉がつきやすくなります。
素材はウールなどよりも、
表面がサラサラとした化繊素材のほうがお薦めです。


◆洗濯物

花粉症の時季の洗濯物は部屋干しにします。
外に干すと、花粉がついてしまいます。
ただし、それでは乾かないという人は、
朝早くに干します。

花粉が都市部に飛来してくるピークは、
13~15時くらいです。
ですから夜に洗濯して、
朝9時くらいまでなら、
洗濯物を干しても大丈夫です。


■排除する

帰宅後は、すぐに手洗いうがいをするのが基本です。
さらに、『鼻うがい』を行えば
鼻粘膜に付着した花粉を除去することができます。


◆鼻うがいのやり方

①市販の生理食塩水を鼻から入れる
②口から吐き出す

鼻うがいは「あ~」と声をだしながらすると、
食塩水が喉に入るのを防ぐことができます。

堀内さんも鼻うがい初体験でしたが、
痛くなかったと言っていました。
しかも、鼻がすっきりできたとも話していました。


■まき散らさない

◆掃除

フローリングの床は掃除機を使うと、
部屋中に花粉が舞いあがってしまいます。
そこで、
まず濡れ雑巾でフローリング部分だけでも丁寧に拭いていきます。
こうすることで、
花粉の舞いあげを最小限に抑えることができます。


◆空気清浄機

花粉対策のための空気清浄機は、
人通りが多く、風が良く通る場所に置くと効果を発揮します。
このとき、
室内を湿度を60%に保つことで花粉を抑えることに加え、
鼻やのどの炎症も抑える効果が期待できます。


■結果

上記3ケ条を堀内さんに徹底しもらったところ、
1週間後にはあれほど手放せなかったマスクがなくても
平気で過ごせるような状態でした。
しかも、1日18回以上も鼻水をかんでいたのが、
1回だけに激減していました。
さらに、1日に25回も咳こんでいたのが、
9回に減少しました。
そればかりか、
鼻の粘膜の炎症もおさまっていました。





血管の老化を止める科 たけしのみんなの家庭の医学2月27日テレビ朝日

たけしのみんなの家庭の医学.png




MCは北野たけしさん、
ゲストは矢代亜紀さん、かとうかず子さん、
ガダルカナル・タカさん、ほんこんさん、
解説してくれるのは、
東京都健康長寿医療センター
副院長 原田 和昌先生です。


image130.gif【血管の老化を止める科】

血管の老化には体のある部分の筋肉が
関係していることが明らかになりました。
この筋肉を鍛えれば
老朽化した血管を若返らせることできるとされています。


■実証:瓶のふたを開けられるかどうか?

握力を調べてみました。
血管の老化と関係している筋肉とは、
腕と手の筋肉を使う握力でした。


◆女性10人の握力検証実験
(9人が60代、1人が70代)


ふたを開けられた9人は血管年齢が実年齢よりもマイナスで、
開けられなかった1人は血管年齢が実年齢よりもプラスでした。

また、男性8人にもやってもらったところ、
全員がふたを開けられましたが、
時間がかかった4人は血管年齢が実年齢よりもプラスでした。
また、
早く開けられた人は血管年齢が実年齢よりも若い傾向にありました。


■血管と握力

健康維持には握力が非常に大事です。
握力を維持できない人ほど、
心臓にかかわる病気のリスクが高いとされています。


■握力を維持している人の共通点

血管年齢が若いのは男性よりも女性のほうに多くいます。
握力自体は男性の方が高いのですが、
加齢にともなう低下の仕方が激しいのです。
これが、血管年齢に違いをもたらしていると考えられます。


■柴田さん御夫妻のケース

夫の嘉彦さん64歳は週に1回ジムに通っています。
妻の和代さん65歳は運動習慣はありませんでした。
それでも、
妻の和代さんのほうが血管年齢が若かったのです。

御夫婦の1日の様子を見てみると、
和代さんは家事を行っているせいで、
握力を頻繁に使っているのがわかりました。

その結果、
1日当たりの握力の使用回数は
和代さんは1913回、
嘉彦さんは83回

でした。

家事程度の負荷でも毎日行うことで、
握力を維持することができます。


■NO(一酸化窒素)

握力をよく使うと
血管をやわらかくする物質であるNO(一酸化窒素)が
分泌されることがわかりました。

血管が硬くなっても、NOが分泌されると、
血管のしなやかさを取り戻すことができるとされています。

握力を使うことで、
収縮していた血管が拡張され、
滞っていた血流が一気に流れます。
それによって血管の壁が強く刺激されて、
NOが分泌されます。
家事程度で使う握力でもNO分泌が期待できます。
できるだけ、家事を行ってNO分泌を促してください。


■握力を効果的に鍛える法

≪NO分泌ボール入浴法≫


やわらかいビニールボールを2つ用意します。
お風呂で体を温めながら、
無理せずできる範囲で何度もボールを握ります。


湯船にに入ると血管が拡張して、
NOが分泌されやすくなります。
それにプラスしてボール握りで握力を鍛えます。


体が温まると血管が拡張して、
血流が増えている状態になります。
この状態で握力を使えば、
効率的にNOが分泌されることになります。


◆結果

柴田夫妻にこの入浴法を1週間続けてもらいました。

夫の嘉彦さんは、
この運動をする前の血管年齢は70歳でしたが、
1週間続けたところ55歳にまで若返りました。

妻の和代さんは血管年齢59歳でしたが、
58歳とさらに若返りました。





中性脂肪を減らす食材 たけしのみんなの家庭の医学2月6日テレビ朝日

たけしのみんなの家庭の医学.png




MCは北野たけしさん、
ゲストは高橋英樹さん、山田邦子さん、
ガダルカタル・タカさん、磯山さやかさん、
解説してくれるのは、
東邦大学医学部 内科学講座
糖尿病・代謝・内分泌学分野教授 弘世貴久先生です。


image130.gif【中性脂肪を減らす食材】

健康を保つためには血管の健康が必要不可欠です。
その血管にダメージを与える要因となっているのが、
空腹時血糖値、LDLコレステロール、中性脂肪です。
これらの異常を放っておくと、
心筋梗塞や脳梗塞を発症して、
最悪の場合命を落としてしまうことすらあります。
中でも、中性脂肪は食事制限が辛かったり、
薬だけではコントロールできない人がいます。


■中性脂肪

中性脂肪が増える主な原因は、
炭水化物や甘い物、アルコールなどの糖質の摂りすぎにあります。

摂取した糖質をエネルギーとして消費できなかった分が、
血管に増えたり脂肪肝になったりして、
体にダメージを与えます。
そんな中性脂肪の特徴のひとつが、
たまりやすくて減りにくいという点です。


■徳島県脇町のケース

徳島県脇町は中性脂肪が低い地域とされています。
その脇町で中高年15人の中性脂肪値を調べたところ、
11人が基準値以内でした(基準値は150以下)。

基準値以内の皆さんが中性脂肪が低い秘訣として口にしたのが
『キクイモ』
でした。



■キクイモ

キクイモとはゴボウなどの仲間で、
見た目はショウガに似た根菜類です。

少し甘みがあって、
シャキシャキとして生でも食べることができます。
炒めてもよし、味噌汁に入れても美味しく食べられます。
その他にもかき揚げ、キンピラ、
キクイモを練り込んだソバなどとして
美味しく召し上がれます。


■キクイモの中性脂肪抑制効果

キクイモに含まれる水溶性食物繊維のイヌリンが、
中性脂肪を抑えてくれる働きをします。

イヌリンは腸の中で水分と混ざることでゼリー状になり、
糖質を包み込んでしまいます。

その結果、糖質の吸収をゆるやかにすることで、
中性脂肪を減らすことにつながります。
さらに、イヌリンは腸内の善玉菌のエサとなることで、
善玉菌を増やしてくれます。
この善玉菌が作る物質が
肝臓で中性脂肪を作るのを抑える働きがあります。
その結果、中性脂肪が減ると考えられています。


■イヌリンを多く含む身近な食材

イヌリンはキクイモに豊富に含まれているのですが、
残念ながらキクイモはあまりポピュラーな食材ではありません。
そこで、
キクイモ以外で手軽に手に入る食材のイヌリン含有量を調べてみたところ、
以下のようになりました。

第1位:ニンニク
第2位:ゴボウ
第3位:タマネギ
第4位:アスパラ
第5位:レンコン、カボチャ、シシトウ

中性脂肪を減らしたい人は、
ぜひ積極的な摂取をためしてみてください。