大腸がん予防 3月5日テレビ朝日 たけしのみんなの家庭の医学

たけしのみんなの家庭の医学.png




MCは北野たけしさん、
ゲストは久本雅美さん、加藤茶さん、
ガダルカナル・タカさん、井森美幸さん、
解説してくれるのは、
帝京大学医学部 外科学講座
教授 福島亮治先生です。


image130.gif【大腸がんの予防】

日本人に一番多いがんが大腸がんです。
加齢とともに人の大腸の中には、
大小のポリープができます。
これが、腸の老化です。

このポリープをそのまま放置しておくと、
数年後にがんになってしまうリスクが高まります。

ポリープができる原因は、はっきりとは解明されていませんが、
『飲酒』『喫煙』『肥満』などが関係するともいわれています。

そして、このポリープを防ぐことができれば、
腸の老化を防ぎ、
ガンも予防することができることになります。



■大腸がん抑制成分

過去20年・5000人の調査によると、
ある栄養成分の摂取量が多い人は、
大腸がんのリスクが低いことが分かっています。

その大腸がんの抑制成分とは、
昆布に多く含まれている成分・グルタミン酸です。
昆布のほかにも肉類、チーズ、トマト、野菜
などにも含まれています。



■実証ケース

昆布出汁を日常的に多く口にしている
日本料理の名店・京都菊乃井の統括料理長の
辻さんの大腸を調べたところ、
ごく小さなポリープが1つ見つかっただけでした。

同世代の50~60代の人だと、
通常7個前後のポリープが見つかることから、
辻さんの大腸は非常によい状態ということがいえます。



■菊乃井の出汁の取り方

菊乃井では
昆布を60度で1時間ゆで、
次にカツオ節を入れる
ことで
グルタミン酸を多く通常よりも多く抽出しています。

菊乃井の出汁のとりかたをすると、
一般的な出汁のとりかたに比べて、
グルタミン酸が約3倍多くとることができました。



■グルタミン酸

腸の老化を抑える効果が期待できるグルタミン酸は、
アミノ酸の一種で、
脳の中枢で神経伝達物質として記憶などにかかわっています。
また、腸の細胞の栄養になっているともいわれています。


■腸老化防止のメカニズム

腸には、食べ物と一緒に毒素などがも入ってきて
病気などの原因となることがあります。
これらの毒素などは、
腸壁にくっついて体内に吸収さます。
グルタミン酸はこの吸収を妨げる働きをします。


グルタミン酸は腸内の粘液を増やすことで、
毒素などが腸壁に接するのを抑制するとともに、
毒素などを体外に排出する助けをしています。



■家庭で簡単にグルタミン酸をとる方法

菊乃井の昆布出汁の取り方は時間などもかかり、
手間がかかりますので、
もっと手軽に多くのグルタミン酸をとる方法があります。

実は、ある食材からとった出汁には、
昆布とカツオ節からとった出汁よりも
何倍も多くのグルタミン酸が含まれることがわかりました。



●昆布とカツオ節
71μg

●カタクチイワシ(イリコ)の出汁
18㎍

●サバ節の出汁
20㎍

●トビウオを乾燥させたアゴの出汁
108㎍

●干しシイタケの出汁
602㎍


■結果

干しシイタケの出汁を料理に用いることで、
グルタミン酸を多く摂取し、
大腸がん予防効果を期待することができます。





全身の老化を止める科 たけしのみんなの家庭の医学10月2日テレビ朝日

たけしのみんなの家庭の医学.png




MCは北野たけしさん、
ゲストはかたせ梨乃さん、森口博子さん、
中山エミリさん、ガダルカナル・タカさん、
解説してくれるのは、
東京大学大学院 医学系研究科 
教授 宮崎徹先生です。


image130.gif【全身の老化を止める科】

【スーパー健康長寿物質】

腎臓病を患った猫が、
ある物質を摂取することで、
わずか3カ月で元気になりました。

治療不可能と言われた腎臓の機能を回復させたのは、
『AIM』
といわれる物質です。


■AIM

AIMは、病気に傾きかけている体を、
健康に戻そうと働きかけるタンパク質です。

高齢になってもAIMの多い人は、
病気になりにくい健康な人が多いことが分かっています。



◆老化と体のゴミ

体の中には毎日発生するゴミがあります。
それがたまると病気になります。
そして、それを取り除き病気になるのを防ぐのが、
AIMです。
AIMは体のゴミにくっついて回収される働きをしています。


◆貪食細胞

貪食細胞とは、体のゴミを食べてくれる細胞です。
AIMは体の中のゴミがどれなのかを
貪食細胞に教える働きをしています。
そのため、
AIMが増えると、体のゴミ処理が進むと考えられています。


通常、加齢とともにAIMは減っていくのですが、
中には高齢でもAIMが飛びぬけて多い人がいます。


◆高知さん・男性94歳

毎日ラインニングするのが日課で、
朝8キロ、昼は10キロ走っています。

今なおマラソン大会に出場している現役のマラソンランナーです。
さらに、食欲も旺盛です。


◆稲田さん・男性85歳

番組の33歳のスタッフと上りこう配で徒競争をしたところ、
2人ともほぼ同時にゴールしました。
しかも、苦しそうな番組スタッフに比べ、
稲田さんは全然息が上がっていませんでした。


このように、高齢者であっても、
AIMが多い人は健康で元気を保つことができます。



■AIMの増やし方

実は、AIMに関してはいまだに不明な点が多く、
詳しいことは分かっていません。
ただし、AIMの量は、
食事によってある程度左右されるのではないかという、
結果が得られています。



■AIMを増やす食材

AIMを増やす食材は
『サンマ』
です。
実は、サンマをはじめとした青魚に含まれるDHAは、
AIMを増やす効果が期待できると考えられています。



■実験:毎日サンマを食べるとAIMは増えるか?

DHAを豊富に含む青魚と一緒に
レモンなどに代表されるビタミンCを摂ると、
よりAIMが増えることが期待できると考えられています。



●モニターは阿久津さん・女性52歳です

50歳を過ぎてから疲れやすくなり、
脂肪が取れにくくなってきました。
若い頃に比べて体重も15キロも増えました。

一週間、
毎日サンマ1尾とビタミンCを積極的に摂ってもらいました。


50代女性の平均的なAIM量は6.06

実験前の阿久津さんの
AIMの量:4.23


◆結果

1週間かかさず青魚とビタミンCを積極的にとってもらったところ、
体重が1キロ、
体脂肪率が3%減りました。


そして、1週間たった今回の
AIM量:5.04
と大幅にアップしました。

食事によって、
AIMがあきらかに増えました。

AIMを増やせば、
老化防止と病気予防を期待することができます。





高血糖を改善する科 たけしのみんなの家庭の医学9月12日テレビ朝日

たけしのみんなの家庭の医学.png




MCは北野たけしさん、
ゲストは久本雅美さん、榊原郁恵さん、
モト冬樹さん、ガダルカナル・タカさん、
解説してくれるのは、
横浜市立大学 中島淳先生です。


image130.gif【高血糖を改善する科】

■高血糖

高血糖は、
心筋梗塞や脳梗塞ばかりか、
ガンや認知症のリスクを高める可能性がある
ことが、
明らかになっています。

そんな高血糖の主な原因が、
糖分の摂りすぎです。


ところが、近年の研究で、
食べ過ぎとは違う
高血糖を引き起こす第2の原因があることが分かってきました。
実は、小腸にその第2の原因が潜んでいます。
しかも、高齢者の15%に、
その原因が潜んでいるとされています。


■原因

第2の原因となるのはある成分なのですが、
それはおならの成分であるメタンガスです。
動物や植物の腐った物などから発生します。
そんな臭いメタンガスが吐く息に多く含まれていると、
高血糖になる可能性が疑われます。


■吐く息検査

60歳以上の男女7名で、
吐く息にメタンガスが含まれているかどうか調べました。

事前に調べた空腹時血糖値は、
7人中6人が注意が必要な100以上でした。
そして、4人の息からおなら成分が検出されました。
これは、小腸にガスがたまっている状態です。


■小腸とガス

小腸にガス(メタンガス)がたまると、
それによって腸が膨れてきます。
そのせいで腸が傷つき、
そこから血管に毒素が入り込むことで、
インスリンの働きを低下させます。

小腸の動きが鈍くなる
   ↓
食べ物が停滞する
   ↓
細菌の毒素を出す
   ↓
インスリンの働き低下



■改善法

小腸のガスを減らす秘訣は、
食事と食事の間の時間を長くとることです。

ポイントとなるのは、
食事と食事の間についとってしまう間食をなくすことです。
さらに、夕食後のお菓子などもなくすことです。


■実験結果

おなら成分が多かった人でも、
間食を5日間我慢しただけで、
おなら成分のメタンガスを基準値以内に減らすことができました。


間食を減らして、
食事と食事の間隔をきちんと確保するだけで、
高血糖抑制効果を期待することができます。






内臓脂肪を減らす最新方法! たけしのみんなの家庭の医学6月26日テレビ朝日

たけしのみんなの家庭の医学.png




MCは北野たけしさん、
ゲストはガダルカナル・タカさん、雛形あきこさん、
いとうまいこさん、有森也美さん、中山秀征さん、
解説してくれるのは、
東京医科大学病院 主任教授 小田原 雅人先生です。


image130.gif【内臓脂肪を減らす最新方法!】

内臓脂肪が多いと、
糖尿病、腎臓病、高血圧、脂質異常症、脂肪肝、
睡眠時無呼吸症候群、高尿酸血症、変形性関節症、
月経異常・妊娠合併症、心筋梗塞、脳梗塞

などの病気リスクが高まるとされています。


■BAT

食事制限も運動もなしで、
内臓脂肪を減らす方法があります。
それは、体の中にあるBATという細胞群を刺激して
内臓脂肪を燃やすと言う方法です。

BATを刺激したり活性化すると、
内臓脂肪がかってに燃え上がります。
その効果は著しく、
筋肉での内臓脂肪の燃焼効果『4』に対して、
BATは『300~400』、
70~100倍の燃焼効果があるとされています。
これは、1年間に1キロの脂肪を減らし、
ダイエットできるということです。


■BATの増やし方

BATは鎖骨から肩のあたりに多くありますが、
年齢とともにへっていってしまいます。

そんなBATを増やす方法とは、
『寒冷刺激』
です。
人の皮膚には寒さを感知して
BATを刺激するセンサーがあります。


■トリップチャネル

BATを刺激するセンサーをトリップチャネルといい、
このトリップチャネルが
温度を感じて脳に刺激を送ることで、
BATが活性化します。

このトリップチャネルは皮膚以外に口の中や
胃、腸の中にも存在しまう。
そして、このトリップチャネルを刺激するのが、
次のような食べ物です。

●トリップV1:ホッカホカ群
いわし、さば、まぐろ、かつお、
とうがらし、黒コショウ、ショウガなど


トリップチャンルは温度を感知するとともに、
辛さをも感知するセンサーです。
また、EPAやHPAなども感知します。


●トリップA1:ツーン群
玉ねぎ、にんにく、和からし、わさびなど


●トリップM8:スーハー群
ミントなど

こられの食材を組み合わせて摂ることが、
BATを増やすことにつながります。


■お勧め奥薗レシピ:サバ缶の玉ねぎマリネ

◆作り方


①玉ねぎ(1個)をせん切りにします、
②しょうゆ、みりん、酢を各大さじ1杯を入れます
③擦ったしょうが(1かけ)、
 小さく輪切りにしたとうがらし(1本)を入れて、
 軽くまぜあわせまます
④「③」をレンジ(500~600W)で2分間温めます
⑤サバ缶(水煮)を1缶を入れます
⑥ミントを小さくちぎって入れれば、出来上がりです