群発頭痛!頭痛こうして対策 6月20日今日の健康NHK

mig・今日の健康.jpg




MCは黒沢保裕さん、岩田まこ都さん、
解説してくれるのは、
埼玉医科大学 教授 荒木 信夫先生です。


image130.gif【群発頭痛!頭痛こうして対策】

【群発頭痛とは】

群発頭痛とは、頭の片側だけに、
目の奥の激痛が起こるほか、痛みと同じ側に目の充血、
涙や鼻水がとまらないなどの症状をともなう頭痛です。
症状は1~2カ月ほど毎日のように起こり、
この期間を群発期と呼びます。
患者は男性に多く、女性の3~7倍、
20~40歳代に多くみられます。
患者さんは最初眼科などを受診するために、
正しく診断されないことがあります。


■原因

脳の視床下部が関係しているとされています。
視床下部が刺激を受けると、
頭部に分散する三叉神経が痛みを感じます。
この三叉神経がつながっている目の奥辺りに激痛が起こります。
このとき、目につながる内頚動脈という血管が拡張するとともに、
痛みに関係してると考えられています。
また、三叉神経とつながっている副交感神経が興奮するために、
目が充血する、涙や鼻水が止まらになどの症状も起こります。


■特徴

◆1~2カ月ほど毎日のように起こる
◆症状は1~2時間ほど続く
◆興奮した状態になって動き回る
◆気分が落ち着かなくなる
◆半年~2年おきに群発期を繰り返すことがある
◆夜から明け方、特に眠ってから2時間ほどで起こることが多い
◆毎日ほぼ同じ時間帯に起こる



■Aさん・男性30歳のケース

Aさんは、ある日、睡眠中に
右目の奥にえぐられるような激痛が起こり、
目を覚ましました。
涙と鼻水が止まらず、頭痛は2時間ほど続きました。
その症状が翌日も、その次の日も同じ時間帯に起こったため、
眼科を受診したところ、目に異常はありませんでした。
その後も痛みは毎晩起こりましたが、1カ月ほどたつとおさまりました。
ところが、1年後に再発したために、
自分の症状から日本頭痛学会の
ホームページで頭痛専門医を調べて受診したところ、
『群発頭痛』と診断されました。


image133.gif


【検査・治療】

■受診科

群発頭痛が疑われるときは、
神経内科や脳神経外科を受診してください。
ただし、1回目の群発頭痛は、
目の奥の辺りに非常に激しい痛みが起こることが多いので、
辛い場合は、ためらわずに救急外来を受診してください。

次のようなときは注意が必要です。

●初めて激しい頭痛が起こった場合
●症状が片側だけではない場合
●涙や鼻水が出ない場合
●1~2時間で症状がおさまらない場合


群発頭痛に典型的でない症状があるときは、
クモ膜下出血、髄膜炎、脳腫瘍
などの重大な脳の病気が原因のことも考えられます。

ただちに、神経内科、脳神経外科、救急外来を受診して下さい。


■治療

治療の柱となるのは、
トリプトファンの自己注射と酸素吸入です。
群発頭痛は一般の鎮痛薬ではおさまらないため、
トリプトファンの皮下に自己注射します。
三叉神経の興奮がおさえられ、痛みが鎮まります。

頭痛が起きたら、ペン型注射器、
トリプトファンの注射薬と注射針からなる
カートリッジがセットになった自己注射用キットを使い、
自分の太ももや腕などに注射します。
自己注射を行うに当たっては、
通院時や1泊程度の入院をするなどして、
医師の指導を受ける必要があります。


■日常生活の注意点

◆アルコールを控える


アルコールを摂取すると確実に頭痛が起こりますので、
アルコールは控えてください。

ただし、群発頭痛がおさまったら飲んでもかまいません。


◆禁煙する

喫煙が群発頭痛を誘引するという確実な証拠はありませんが、
患者には喫煙者が多いことから、
特に、群発期には禁煙が勧められます。


◆規則正しい睡眠

寝るのが遅くなったり、長時間昼寝をしたりすると、
予想外のタイミングで群発頭痛が起こることがあります。
睡眠時間を正しく、昼寝を長くしないことが勧められます。




生活で改善!頭痛こうして対策 6月19日今日の健康NHK

mig・今日の健康.jpg




MCは黒沢保裕さん、岩田まこ都さん、
解説してくれるのは、
埼玉医科大学 教授 荒木 信夫先生です。


image130.gif【生活で改善!頭痛こうして対策】

【頭痛】

頭痛には、大きく分けて、
緊張型頭痛と片頭痛とがあります。


■緊張型頭痛

緊張型頭痛のある人は2000万人に上るとされています。
長時間同じ姿勢を続けたり、姿勢が悪いと、
頭から背中にかけての筋肉にコリや張りが起こります。
その結果、痛みを感じる神経が刺激されて、
緊張型頭痛が起こると考えられています。
ですから、デスクワーク中心の仕事をしている人や、
長時間車の運転をする人などに多くみられます。


◆主な症状

●頭全体が重苦しい、あるいは、
 締めつけられるような痛みがある
●痛みは、我慢できたり仕事や家事などを
 こなせたりする程度である
●体を動かしても痛みが悪化しない



■片頭痛

片頭痛のある人は約840万人いると推定され、
女性が多く男性の約3~4倍もいるとされています。

原因としては脳の視床下部が深く関わっているとされています。
視床下部は月経などに伴う女性ホルモンの分泌、
睡眠、食欲などを司っています。
そのため、排卵や月経、出産後、寝不足や寝過ぎ、
空腹などの刺激が引き金となって、片頭痛が起こります。
また、視床下部は自律神経の中枢であるため、
ストレスやストレスからの解放、
まぶしい光、強いにおい、人ごみや騒音、気圧や温度の変化、
高い湿度、アルコール摂取なども引き金となります。


◆症状

●頭の側面にズキンズキンと脈打つような強い痛みを感じる
●約6割の人は頭の片側だけに痛みが起こり、
 約4割の人は両側に痛みが起こる
●我慢できないくらい強く痛み、
 仕事など日常生活に支障をきたすこともある
●体を動かすと痛みが悪化する



◆閃輝暗点(せんきあんてん)

片頭痛では閃輝暗点という特徴的な前兆が現れることがあり、
片頭痛患者の約2割にみられるとされています。
視野の中心にギザギザとした稲妻のような光が見え、
5~60分ほど続くとされています。
一般的に閃輝暗点が現れてから、
1時間以内に片頭痛が起こるとされています。


■その他の病気

頭痛の中には、クモ膜下出血や髄膜炎、脳首脳など
重大な脳の病気が原因で起こる危険なものがあります。

今までに経験したことのない頭痛や、
今までの頭痛とは違うと思った場合
は、
すぐに神経内科や脳神経外科、
救急外来をなどを受診してください。


■薬の使い過ぎ

緊張型頭痛や片頭痛のある人が気をつけなければならないのが、
薬の使い過ぎによる頭痛(薬物乱用頭痛)です。
頭痛薬を使いすぎると、
脳の神経が痛みに敏感になって頭痛の頻度が増えたり、
薬が効きにくくなって薬を使う回数が増える、
という悪循環に陥ることがあります。
特に市販の頭痛薬を自己判断で使いすぎると、
起こりやすくなるとされています。
薬の使い過ぎによる頭痛になると、
自分で改善することはむつかしく、
頭痛専門医による治療が必要になります。




image133.gif


【頭痛体操】

緊張型頭痛のある人は、
頭から背中にかけての筋肉をほぐす頭痛体操を行うことで、
頭痛を軽減できます。

また、片頭痛のある人は、頭痛が起きていないときに行うことで、
頭痛が起こりにくくなることが期待できます。

頭痛体操は、朝晩や食後など、空いた時間などに、
1日5セット行うと効果が出やすくなります。


■肩を回す体操

肩周りから肩甲骨周辺の筋肉のコリや張りを緩和します。
立ってもイスに腰かけて行ってもOKです。

①肘を軽く曲げて、
 にぎり拳を鎖骨の辺りにもってきます
②両肩を後ろから前へ、上着を羽織るように回します
 回す前に、肩甲骨を背骨の中心に引き寄せてから、
 肩甲骨を大きく動かすことを意識します
③両肩を前から後ろに、リュックサックを下ろすように回します
 肩甲骨を大きく動かすことを意識します
「②」「③」を交互に10回程度行います


■腕振り体操

首周りから背中の筋肉のコリや張りを緩和します。
立ってもイスに腰かけて行ってもOKです。

①肘を軽く曲げて、
 にぎり拳を胸の前にもってきます
②顔は正面を向けたままにして、
 両肩を腕ごと左右に振ります
 腕に力を入れずに上半身をねじることを意識します
全部で1~2分行います

※イスに座って行う場合は、
座面が回るタイプを用いてください


■上半身を伸ばす体操

背中や脇の筋肉のコリや張りを緩和します。
背もたれのある安定した椅子を、
平坦ですべらない場所に置いて行います。

①イスに座ります
②両手を組んだ状態で両腕を頭の上に伸ばします
 てのひらは上に向けます
③背もたれにそうように、
 上半身を後ろにゆっくりと反らします
④「②」の姿勢に戻したら、
上半身をゆっくりと左右交互に1回ずつ傾けます
 腰痛がある人は無理に傾けないようにしてください
「②~④」を10回程度行います


■頭痛ダイアリー

片頭痛を起こす引き金を把握し、
頭痛の予防に役立てます。
1カ月ほど記録することで、
頭痛が起こってくる際の傾向が分かってきますので、
予防策を立てやすくなります。


◆記入方法

以下のような物を表の項目(通常は横欄)とします。

①日付 ②生理  ③頭痛の程度   ④影響度 ⑤メモ
         午前 午後 夜


①通常縦欄に日付を入れます。

②生理があった日は生理の欄に印をしてください

③頭痛の程度は、午前・午後・夜にわけて、
重度(+++)、中度(++)、軽度(+)の3段階で記録します。
重度は「何も手がつけられず横にならなければならない」
中度は「仕事、学校、学校の効率が通常の半分以下である」
軽度は「頭痛はあるが日常生活に大きな支障はない」
頭痛がなければ「-」と記入します
また、薬を用いた日は「薬」と記入し、
薬が効いた場合は「薬」を○で囲んでください。
さらに、嘔吐があった場合は「吐」などと記入します。

④影響度には1日の状態を、
頭痛の程度と同様に(+++)(++)(+)(-)で記入します

⑤メモには、その日の状況がわかるように記入します
「頭痛なし」「薬が効かなかった」「薬が効いた」
「薬が効かず一日中頭痛あり」「我慢できたが一日中頭痛あり」
などです。

頭痛ダイアリーをつけることで、
片頭痛の引き金になっているものに対する対処がしやすくなります。
生理が引き金なら、生理中や前はできるだけ忙しくしない。
雨が引き金なら、雨の予報の日は外出を控えるように予定をたてる。
また、引き金となる出来事が予測できる場合は、
事前に頭痛体操をこまめにしておくのも予防策となります。





痛風徹底予防 6月18日今日の健康NHK

mig・今日の健康.jpg




MCは黒沢保裕さん、岩田まこ都さん、
解説してくれるのは、
東京女子医科大学 教授 山中 寿先生です。


image130.gif【痛風徹底予防】

【痛風】

痛風発作は尿酸値の高い状態が続くことで起こります。
尿酸値7.0mg/dLを超えた状態を高尿酸血症といいます。

尿酸値が高いほど、その状態が長く続くほど痛風リスクが高まります。
患者の約98.5%が男性です。
女性は女性ホルモンの影響で尿酸値が上がりにくく、
痛風になりにくいとされています。


■症状

高尿酸血症は、自覚症状がありません。
ただし、尿酸値の高い状態が長く続くと、
血液にとけきれなかった尿酸が結晶化して、
関節などにたまることで、
突然関節が腫れて発作を起こします。
多くの場合、足の親指の付け根に起こります。
発作が治まれば痛みもおさまりますが、
何度も発作を繰り返す人もいます。
何度も繰り返すことで、尿酸の結晶が多量になり、
その部分がこぶのように腫れる痛風結節ができます。
これは、足の親指だけではなく、
肘、膝、耳などにもできることがあります。


■合併症のリスク

高尿酸血症が続くと、
腎障害や尿路結石を起こしやすくなります。

さらに、メタボリックシンドローム、糖尿病、脂質異常症、
高血圧など、生活習慣病を合併しやすくなります。
このような生活習慣病を放置しておくと、
心筋梗塞や脳梗塞といった、
命にかかわる病気の発症リスクが高くなります。


■原因

尿酸値が高くなる原因は、
主に体質、食生活、薬の3つです。


◆体質

主に遺伝が関係していると考えられています。
両親や兄弟に尿酸値が高い人がいると、
尿酸値が高くなる傾向にあります。


◆食生活

普段からプリン体の多い食品を食べている人は、
尿酸値が上がります。
ただし、プリン体はほとんどの食品にふくまれているため、
食べ過ぎはプリン体を上げることにつながります。
また、アルコールも尿酸値を上げます。


◆薬

薬の中には尿酸値を上げるものがあります。
たとえば、高血圧やむくみなどの治療に使われる
ループ利尿薬やサイアザイド系利尿薬
は、
尿の量を増やす一方で、
尿酸の排せつを妨げるため、尿酸値を上げます。
また、アスピリン系の痛み止めも尿酸値を上げることがあります。


image133.gif


【治療】

痛風の発作を起こした場合は、
食生活の改善、運動と合わせて薬物療法が行われます。


■食生活の改善

最も重要なのが肥満の解消です。
皮下脂肪がたまると尿酸の排せつが妨げられ、
内臓脂肪がたまると体内で作られる乳酸が増えます。

また、尿をアルカリ化する工夫も重要です。
尿がアルカリになると尿酸が溶けやすくなって、
尿路結石ができにくくなります。
尿をアルカリ化する食品には、
野菜、海藻類、乳製品などがあります。
しかし、基本は1日3食、
栄養バランスのとれた食事をとることです。


■運動

軽いジョギングや水泳のような
息が上がらない程度の有酸素運動は、
尿酸値を下げる効果があります。
逆に、強度の筋力トレーニングや短距離走などの
激しい運動を短時間に行う無酸素運動は、
尿酸値を上げてしまいます。
適度な有酸素運動を定期的に行うことがお薦めです。


■薬物療法

尿酸値を下げる薬を内服する治療が行われます。
薬は大きく分けて2種類あります。
1つは、体内で尿酸が作られにくくする薬の
フェブキソスタットやアロプリノールなどです。
もう1つは、尿酸を体の外に出しやすくする薬の
ベンズブロマロン、プロベネシドなどです。
薬物療法では、
まずは尿酸値6.0mg/dL以下を目指します。

痛風発作は一度起こってもしばらく経てば治まることから、
治ったと思って治療をやめる人が少なくありません。
しかし、生活習慣の改善や薬物療法は、
長く続けていくことが基本です。




認知症!ケア選びのポイント 6月14日今日の健康NHK

mig・今日の健康.jpg




MCは黒沢保裕さん、岩田まこ都さん、
解説してくれるのは、
東京都健康長寿医療センター研究部長 栗田 主一先生です。


image130.gif【認知症!ケア選びのポイント】

【介護保険を利用する】

認知所が進行するとさまざまな支援や介護が必要になることから、
介護保険のサービスを受けることが勧められます。


■介護認定

介護保険を利用するためには、
要介護認定を受ける必要があります。
近くの地域包括支援センターまたは市区町村の窓口に申請します。

調査員が自宅を訪問し、聞き取りをします。
さらに、医師が市区町村から依頼を受けて主治医意見書を作成します。
これらを基に、介護認定審査会が認定を行います。

介護が必要な場合は、
要支援1~2、要介護1~5の
7段階いずれかの要介護度に認定されます。
要介護度が決まると、
ケアプランという介護保険サービスを
どのように組み合わせて利用するかという計画を立てます。
ケアプランは、介護を支援・調整する専門職の
ケアマネージャーと相談して作成します。

通常、介護保険は65歳以上で利用できますが、
若年性認知症がある場合は、40~64歳も利用できます。

①申請する
  ↓
②調査・認定
  ↓
③ケアプランの作成



image133.gif


【自宅介護の生活】

本人が自宅で生活している場合に受けられる介護サービスには、
訪問サービスと通所サービスがあります。

■訪問サービス

◆訪問サービス


ホームヘルパーが訪問して、
身体介護や生活援助を行います。

身体介護とは、食事、入浴、トイレの世話、
衣類やシーツの交換
などです。
生活援助とは、住宅の掃除、洗濯、買い物、
食事の準備等
です。
これらの中から必要なものを選びます。
安否確認の巡回、夜間トイレ介助を行っているところもあります。


◆訪問入浴以後

浴槽を積んだ車がやってきて、
介護福祉士などが入浴介助を行います。



◆訪問看護

医師の指示で看護師が訪問し、
服薬管理や健康状態の確認、
点滴の管理等を行います。


◆訪問リハビリ

リハビリの専門家が訪れ、
日常生活に必要な動作の訓練を行います。


■通所サービス

◆デイサービス


日帰りで施設に通って、入浴や食事などの介護を受けたり、
レクリエーションを行ったりします。

料金は高くなりますが、認知症ケアの知識や経験豊富なスタッフがいる
認知所対応型デイサービスもあります。


◆デイケア

日帰りで施設に通い、リハビリを行います。


◆ショートステイ

施設に短期間泊まり、介護を受けます。
認知症のある人が社会とのつながりを保ったり、
生活に変化をつけたりできるというメリットがあります。
また、家族は介護から離れた時間を持つことができます。


image133.gif


【施設介護の生活】

◆特別養護老人ホーム


原則として要介護3以上で、常に介護が必要な人が入所します。
全般的な介護を受けられ、終身で利用することも可能です。
※費用目安は10万円前後


◆介護老人保健施設

要介護1以上で、在宅復帰を目指す人が入所します。
リハビリが中心で、介護も受けられます。

数か月の入所が一般的です。
※費用目安は8~15万円前後


◆介護療養型医療施設

要介護1以上で、長期療養が必要な人が入所します。
医療が中心で、介護も受けられます。

※費用目安は10~20万円前後


◆グループホーム

認知症のある高齢者向け施設で、
要支援2~要介護5の人が対象です。

数人が共同で生活し、家事等は分担して行います。
※費用目安は16~20万円前後


◆介護付き有料老人ホーム

介護スタッフが常駐していて、
身の回りの介護が受けられます。

※費用目安は平均26万円前後


◆住宅型有料老人ホーム

自立している人から介護が必要な人まで幅広く入居しています。
介護は外部の事業者と契約し、
訪問や通所のサービスを受けられます。
※費用目安は平均12万円前後


■認知症介護の現状

認知週の人すべてに十分な介護や支援が
届いているとはいえないのが現状です。
そこで、認知症カフェや認知症初期集中支援チームなどの
取り組みが注目されています。


◆認知症カフェ

誰でも立ちよれる地域の交流の場です。
認知症についての情報交換をしたり、
悩みを相談できます。
また、一般の人が認知症に対する
偏見や差別をなくす機械を提供する役割もあります。


◆認知症初期集中支援チーム

認知症の患者さんや家族をサポートする医師、看護師、
弁護士、保険しなどが数人でチームを組み、ケアに当たります。

地域包括支援センターなどを拠点に、
必要な人に必要なケアを届けます。