おいしい!減塩鍋11月16日今日の健康NHK

mig・今日の健康.jpg




MCは黒沢保裕さん、岩田まこ都さん、
解説してくれるのは、
自治医科大学付属病院 栄養管理室長
佐藤 敏子先生です。


image130.gif【おいしい!減塩鍋】

【高血圧予防】

高血圧を防ぐには、減塩と肥満を防ぐことが大切です。
野菜や果物を積極的にとり、
節酒や運動習慣に配慮することが大事です。

適切な塩分摂取量は、

男性 8.0g未満
女性 7.0g未満


となっています。
寒い季節の定番である鍋料理ですが、
その鍋つゆなどには塩分が多く含まれていることがあります。
そこで、鍋つゆや具材に減塩の工夫をこらした
『おいしい減塩鍋』
を紹介します。


image133.gif


【減塩すき焼き】

■材料 塩分量(1人分・1.8g)

牛もも肉(脂身付き/薄切)80g
焼き豆腐(一口大に切る)60g
白菜(一口大に切る)1/4枚(30g)
ネギ(斜め切り)12cm(30g)
春菊(葉先)10g
くずきり(乾/ゆでる) 10g
サラダ油 小さじ1/2
卵 1個

A:だし割じょうゆ(市販) 大さじ1と小さじ2/3
  砂糖 小さじ2/3
  みりん 小さじ1/2弱
  水 大さじ1


■作り方

①鍋にサラダ油を熱して牛肉、ネギの順に焼きます
②牛肉の両面に適度に焼き色が付いたら、
 卵以外の具材を加えて、合わせた『A』を回しかける
③煮えた物から溶いた卵につけて食べます
 煮汁が煮詰まったら、適宜水を足します


image133.gif


【水炊き】

■材料 塩分量(1人分:0.2g)

鶏もも肉(皮つき)30g
生ざけ 1/2切れ 40g
絹ごし豆腐 1/4丁(100g)
白菜 1枚(120g)
ネギ 4cm(10g)
もやし 50g
にんじん 10g
みつば 10g
えのきだけ 25g
まいたけ  25g
しらたき 40g
だし(食塩無添加のもの) カップ3/4


■作り方

①鶏肉、生ざけ、豆腐、みつば、
 まいたけを食べやすい大きさに切ります
 白菜は大きめの一口大、ねぎは斜め切りにします
 にんじんは薄い輪切りにしてゆでておきます
 えのきだけは石づきを取ってからほぐします
②しらたきは袋の表示通りにゆでて、水にとります
③鍋に鶏肉、だしをいれて火にかけます
④沸騰したらアクを取り、鶏肉に火が通るまで煮ます
⑤『④』に残りの材料を加えて煮ます


image133.gif


【香味ポン酢しょうゆ】

■材料 塩分量(1人分:2.2g)

A:減塩しょうゆ(塩分40%カットのもの)大さじ1と1/2
  みりん 小さじ1
  ゆずのしぼり汁 小さじ2
  ネギ(みじん切り)6cm
  しょうが(すりおろし)小さじ2/3
  鰹節 1g
  干ししいたけ(ゆでてみじん切り)1/2枚分
  ごま油 小さじ1/2

青じそ(せん切り) 適宜
大根おろし 適宜
ゆずの皮(せん切り) 適宜
七味とうがらし 適宜


■つくり方

①『A』をボウルに入れて混ぜ合わせる
②好みで『①』に大根おろし、青じそ、ゆずの皮を加え、
 とうがらしをふります


image133.gif


【減塩鍋ポイント】

■調味料

市販のだしや鍋つゆを使う場合は、塩分の多いものは避けてください。
中には1人分5g以上の塩分量になるものもあります。
パッケージの『栄養成分表示』でチェックしてください。
市販のだしを使う場合は、
食塩無添加や減塩タイプのものを使用すると塩分を減らすことができます。


■加工食品

塩分の少ない具材を選ぶことが重要です。
塩ざけ、つみれやうどん、即席中華めんなどの加工食品には、
塩分が多く含まれています。
栄養成分表示をチェックして
なるべく塩分の少ないものを選ぶようにしてください。


■つけだれ

鍋料理自体に味をつけず、
つけだれにすると塩分を減らすことができます。

たれは手作りとし、減塩調味料を使用するとさらに減塩できます。
減塩しょうゆとみりんをベースにして、酢やレモン、
ゆずなどの酸味を加えるとポン酢風味のたれになります。

青じそやしょうが、ネギなどの香味野菜で香りをたすと、
さらに旨みがアップします。

お好みで、とうがらしやこしょう、さんしょう、
わさびなどの香辛料をくわえるのもお勧めです。
ピリッとした辛みがグッと味を引き締めてくれます。





安全入浴法 11月15日今日の健康NHK

mig・今日の健康.jpg




MCは黒沢保裕さん、岩田まこ都さん、
解説してくれるのは、
埼玉医科大学教授 倉林 均先生です。


image130.gif【安全入浴法】

【入浴時の危険】

入浴時に亡くなる人は、
1年間で1万7千人と推定されています。
多くが、脳梗塞と心筋梗塞によるものです。

体は寒さを感じると、
体の表面に近い血管が収縮し、血圧が上がりやすくなります。
すると、高血圧が原因で脳梗塞や心筋梗塞が起こりやすくなります。


■入浴による血圧の急上昇・降下

入浴時には寒い脱衣所や浴室で服を脱ぐことで体表の温度が下がり、
交換神経が働いて血管が収縮し、血圧が上がります。

逆に、お湯につかると、
交換神経の働きが活発となるため、血圧が急上昇します。
このように血圧が急上昇をすると血栓ができやすくなり
急降下すると脳への血流が一時的に低下して、
脳梗塞を起こしたり、
気を失って倒れおぼれてしまうことがあります。


■血栓が形成されやすく、増大しやすい

血管壁からは、
血栓を溶かす働きのあるt-PAという物質と、
t-PAの働きを阻害して血栓を増大させるPA-1という物質が分泌されます。

PA-1は入浴時のお湯の温度が47度で分泌が増えます。
こうした影響は入浴後6時間ほど持続します。
そのため、熱いお風呂に入ると血栓が作られやすいとされています。
お湯の温度は、39~41度の適温を守るようにしてください。
また、血栓の形成には、脱水も大きく影響します。


image133.gif


【安全入浴法】

①コップ1杯の水を飲む

入浴前にコップ1杯・200mℓ程度の水を飲むことで、
脱水を予防することができます。


②脱衣所と浴室を温める

◆お湯をためるときに、浴槽のふたを半分開けておく
◆脱衣所にヒーターをおいて温める

このようにして、お湯につかるときの急激な血圧上昇を防ぎます。


③かけ湯をする

お湯につかったときの急激な血圧上昇を防ぐために、
心臓から離れた足、太もも、おなか、心臓の順にかけ湯をしていきます。


④お湯につかる際の注意

◆お湯の温度は39~41に保つ。

◆水圧による心臓への負担をさけるために、
湯の高さは胸の下辺りまでにする。

◆万一気を失った際、口にお湯が入るのを防ぐために、
浴槽のふたの上に腕を乗せて入浴する。

◆5~10分程度お湯につかって出る。

◆浴槽から出た直後はすぐには動かずに、
腰かけて休むようにする。


■入浴の効果

シャワーに比べて入浴した人には以下のような効果が見られます。
入浴した人のほうが睡眠の質がよくなります。
緊張状態を示す交換神経の働きが低下して、
リラックス状態を示す副交感神経の働きが高まります。
つまり、心身のリラックス効果が期待できます。
また、筋肉が温まることから、
疲労回復や筋肉のコリ改善も期待できます。





胆石 11月14日今日の健康NHK

mig・今日の健康.jpg




MCは黒沢保裕さん、岩田まこ都さん、
解説してくれるのは、
杏林大学教授 森 俊幸先生です。


image130.gif【胆石】

日本人で胆石を持っている人は
1000万人いるとされています。
胆石は、
脂肪の消化を助ける働きのある胆汁という消化液の成分が、
胆のうなどの中に固まってできたものです。


【胆石の症状】

胆のうの中に胆石ができても、
必ずしも症状がでるわけではありません。
意外にも大きな胆石は症状がでにくく、
小さい胆石の場合に症状が出ることが多くあります。

典型的な症状は、
みぞおちの右下あたりの痛みで、
鈍い痛みの場合もあり、激しい痛みの場合もあります。
痛みは食後に出ることが多く、
食後20分~2時間程度でおさまることが多いのが特徴です。

腹部の痛みにともなって、
背中や肩の痛み、
腹部膨満感、吐き気、嘔吐
などの症状が現れることがあります。
また、胆のうが炎症を起こすと、
発熱や黄疸などの症状が起こることがあります。


■胆石のできやすい人

胆石は、
肥満
脂肪や炭水化物の多い食品の摂りすぎ
朝食を抜く
脂質異常症

このようなことがあると、
胆汁に含まれるコレステロールが増えて、
胆石ができやすいとされています



image133.gif


【検査と治療】

胆石は、
腹部超音波(エコー)検査で見つけることができます。

胆石が見つかった場合、
経過観察を行うのか、治療が必要なのかを診断します。


■治療が必要な胆石

◆自覚症状がある

手術で胆のうを取り除きます。


◆胆のうに何らかの異常がある
胆のうがんが疑われる場合があると、
治療が必要となります。


◆総胆管結石
総胆管結石は胆石の1割程度とされています。
胆石が総胆管を塞いでしまうと、
胆汁が流れなくなって細菌が繁殖し、
炎症が生じる急性胆管炎を起こすことがあります。

急性胆管炎になると、
敗血症を併発する恐れがあります。


■治療

◆胆のう結石


手術で胆のうを摘出します。
現在、腹腔鏡下胆のう摘出術が多く行われます。
胆のうを摘出すると、
手術後しばらくは脂肪の消化吸収がしづらくなるため、
脂肪分の多いものを食べた後に下痢をすることが多くあります。

経過とともに徐々に体が慣れてきて、
普通に食事ができるようになってきます。


◆総胆管結石

内視鏡的総胆管結石除去術が中心です。
口から内視鏡を十二指腸に挿入し、
ワイヤーでできたバスケットを総胆管に挿入して胆石を除去します。
胆石が大きい場合は、砕いてから取り出します。
胆石を取りだすことで、
細菌が繁殖した胆汁は十二指腸に排出されます。




尿路結石 11月13日今日の健康NHK

mig・今日の健康.jpg




MCは黒沢保裕さん、岩田まこ都さん、
解説してくれるのは、
国際医療福祉大学三田病院  
尿路結石破砕治療センター長 荒川 孝先生です。


image130.gif【尿路結石】

【尿路結石とは】

尿の通り道を尿路といい、
尿が作られる腎臓、腎臓から膀胱につながる尿管、
尿が蓄えられる膀胱、尿を膀胱から対外に排出する尿道で構成されています。
そして、尿に含まれてる成分が結晶化してできた石が尿路結石です。

尿路結石は腎臓で作られ、そのまま腎臓にとどまったり、
尿と一緒に尿管や膀胱、尿道に運ばれます。
そのため、尿路のさまざまな場所で見つかります。

男性の7人に1人、女性の15人に1人が、
一生のうちに一度は発症するとされています。
男性は30~50代、
女性は50~70代に多くみられます。


image133.gif


【原因と症状】

尿路結石が増加している原因のひとつは、
食生活の欧米化にあります。
ファストフードや甘い飲み物等に多く含まれる、
動物性脂肪やタンパク質、塩分、糖分などの
とりすぎが関係していると考えられます。

食生活以外にも年齢、性別、職業、
ストレス、遺伝、気候、尿路の形状など、
さまざまな要因が絡み合っているとされています。


◆トイレに行けない、水分補給ができない

喉が渇いて水分が取れない状態が続くと、
尿が濃くなり、尿路結石ができやすくなります。



◆コーヒーや紅茶、緑茶の飲み過ぎ

コーヒーや紅茶、緑茶には、
尿路結石のもととなるシュウ酸が多く含まれています。



◆市販弁当や外食中心

市販弁当や外食ばかりだと、
動物性脂肪やタンパク質、塩分が多くなりがちです。
栄養バランスの偏りから、
尿路結石のもとになる成分が体内に増えやすくなります。


◆食べてすぐ寝る

食事からとった尿路結石のもととなる物質が
尿として排出されるまでには2~4時間ほどかかります。
その前に寝てしまうと、
その物質が体内に長くとどまってしまうことになります。


■症状

◆腎臓結石


腎臓にある結石です。
激しい痛みはほとんどありません。
ただし、そのままにしておくと徐々に大きくなって、
腎機能が低下します。


◆尿管結石

腎臓と膀胱をつなぐ尿管にある結石です。
背中やわき腹などに痛みが起こることがあります。
鈍痛の場合もあれば、激痛の場合もあります。
中には、血尿や吐き気などの症状が現れることもあります。

尿の流れがわるくなり、細菌感染を起こすと、
結石性腎盂腎炎になる恐れもあります。



image133.gif


【治療と予防】

尿路結石は尿と一緒にしぜんに排出されることもあります。
結石を出しやすくするためには、
水分をこまめに多くとることです。
ただし、男性ではごくまれに大きな結石が尿道につまり、
尿が出なくなることがあります。
自然に排出されない場合は、
結石を除去をする治療が検討されます。


◆ESWL(体外衝撃波結石破砕術)

仰向けになり、体外から結石に向けて衝撃はを照射し、
結石を細かく砕きます。
衝撃波が当たる時の痛みは、
機械や患者さんによって異なりますが、
ほとんどの場合、麻酔なしで治療を行うことができます。
治療時間は1時間程度で1日程度の入院が必要ですが、
日帰りが可能な医療機関もあります。


◆TULL(尿路道的結石破砕術)

尿道から尿感や腎臓まで内視鏡を入れ、
レーザーで結石を細かく砕きます。
現在の内視鏡は細かくしなやかに曲がるため、
尿管や腎臓を傷つけずに結石に到達することができます。
麻酔をして行うため、3~5日程度入院が必要です。


■予防

尿路結石は治療しても5年以内に再発するとされています。

◆こまめな水分補給

こまめにたくさんの水分をとり、
1日2ℓ程度の尿を排出できるようにします。
尿の量が多いと、結石ができにくくなります。


◆食品に含まれるシュウ酸に注意

結石のもととなるシュウ酸を多く含む食品は以下のものです。

ほうれんそう、レタス、タケノコ、
コーヒー、紅茶、緑茶、バナナ、チョコレート、ナッツ類


シュウ酸はカルシウムと一緒にとると、
便とともに排出されるため、
シュウ酸を多く含む食品を食べるときは、
カルシウムを多く含む食品と一緒にとることです。



◆夕食は就眠の2時間前までにすます

食事でとったシュウ酸が排出されるまでに
少なくても2時間はかかります。
夕食は寝る2時間前までにすませるようにこころがけてください。