アレルギー性肺炎・羽毛カビに注意!1月18日今日の健康NHK

mig・今日の健康.jpg




MCは黒沢保裕さん、岩田まこ都さん、
解説してくれるのは、
東京医科歯科大学教授 宮崎 泰成先生です。


image130.gif【アレルギー性肺炎・羽毛カビに注意!】

【アレルギー性肺炎とは】

アレルギー性肺炎は、
正式には過敏性肺炎と言う病名で、
季節などに関係なく起こります。

原因として最も多いのが鳥のフンや羽毛で、
羽毛の場合はその表面についている
『ブルーム』というタンパク質が原因となります。
これらを吸い込むことで
鳥関連過敏性肺炎を発症します。
そのため、ダウンジャケットや羽毛布団などによって
肺炎が起こる場合もあります。


2番目に多いは『トリコスポロン』というカビです。
浴室など水回りの木の部分にはえる白いカビで、
夏に繁殖します。

これが原因の場合は、夏型過敏性肺炎といいます。

原因となる物質はこのほかにも、
キノコの胞子などを含めて
100~200種類くらいあるとされていますが、
原因物質に接している人の多くが
必ずしも発症するわけではありません
ので、
過剰に心配する必要はありません。


■発症の仕組み

原因物質を吸い込むと、
気管支を通って肺胞と言うところに入ります。
それが何度もつづいた場合に、
免疫がそれを異物を判断して攻撃を仕掛けることがあります。
そのために炎症が起こることで、肺でのガス交換が不十分になり、
息切れが起こり、咳や発熱なども起こるようになります。

過敏性肺炎では痰がほとんどでないという特徴があります。
これは、症状が軽いアレルギー反応であるためです。


■進行状況

過敏性肺炎は発症から数カ月の急性過敏性肺炎と、
半年以上続く慢性過敏性肺炎に大別されます。
慢性過敏性肺炎なると肺胞がしなやかさを失い、
呼吸困難を起こしやすくなります。
慢性過敏性肺炎が急激に悪化すると、
呼吸困難によって半数以上が亡くなるとされています。
また、慢性過敏性肺炎患者の約10%で
肺がんを発症する危険性があるとされています。


■検査

◆胸部エックス線検査、CT検査
炎症による影や、特徴的な変化の有無を調べます。


◆抗体検査
抗体のあるなしを、ほとんど血液検査で調べます。


◆抗原回避試験、環境誘発試験
2週間ほど入院して、自宅や職場から離れ、
症状が改善するかを調べます。
退院後、自宅や職場に戻り、症状がどう変化するかを確認します。


◆気管支鏡検査
気管支鏡というカメラの付いた
細い管を肺の奥まで入れて検査します。


image133.gif


【予防】

発症予防の基本は、
アレルギーの原因物質を吸いこまないことです。


■鳥関連過敏性肺炎

◆羽毛製品の使用をやめる
◆鳥の飼育をやめる
◆駅や公園の野鳥や鳥のフンもできるだけ避ける

満員電車などダウンジャケットを着た人と
密着する可能性のある場所では、
防塵マスクを着用する。


■夏型過敏性肺炎

◆住居の多湿な場所の排水、換気を改善する
◆腐った木材を除去する

リフォームを勧められるケースもあります。


■加湿器やエアコンが原因

◆機器を清潔に保つ
◆加湿器の水交換をこまめに行う

超音波式の加湿器は加熱しないため、
細菌やカビが繁殖しやすくなります。
加熱式の物の使用がおすすめです。


■牧草、塗料、きのこの胞子が原因

アレルギーの原因物質が避けられない場合は、
防塵マスクを使用する




子供や若者に多いマイコプラズマ肺炎1月17日今日の健康NHK

mig・今日の健康.jpg




MCは黒沢保裕さん、岩田まこ都さん、
解説してくれるのは、
東京医科歯科大学教授 宮崎 泰成先生です。


image130.gif【マイコプラズマ肺炎・子供や若者に多い】

【マイコプラズマ肺炎とは】

マイコプラズマ肺炎とは、
マイコプラズマという病原微生物に感染することで起こる肺炎です。
患者さんの多くが子供か若い人で、
40歳代までがほとんどです。

自然になおったり、外来治療でよくなったりします。
それでも、風邪だと思い込んで放置して重症化するケースがあり、
呼吸困難を起こし、長期入院を要することがあります。
高齢者に患者さんが少ないのは、
加齢にともなって免疫ができるからだと考えられています。


image133.gif


【マイコプラズマ肺炎の特徴】

発症した人の咳のしぶきを吸い込んだり、
しぶきのついた手で鼻や口をさわったことで感染することがあります。
季節性はなく1年を通して感染しますが、
感染力はそれほど強くはありません。


■症状

2~3週間の潜伏期間の後、
気管支炎を発症します。
はじめに、発熱、頭痛、全身のだるさなどが現れ、
咳はそれから数日遅れてから始まることが多く、
熱が下がった後でも数週間続くことが多くあります。
痰はほとんどありません。

40%の人は喘息のように
「ゼーゼーヒューヒュー」
という音がするとされています。

また、菌が耳に入ると中耳炎になり、
胃腸に入ると嘔吐や下痢を起こします。


■重症化するケース

患者さんが若くて健康な場合、
多くは菌が肺まで届かずに回復して肺炎になることはありません。
ただし、中には肺炎を起こし、
症状が長引き重症化する人がいます。
肺の周りに水がたまる胸水が起こり、
呼吸困難などが現れることがあります。

重症化が長く続くと、強い肺炎で肺の組織が破壊され、
日常的に酸素吸入が必要になることがあります。


■早期発見

下記の項目に当てはまる場合は受診をおすすめします。

◆強い咳が2~3週間以上続く
◆特に持病がない、あっても軽度のもの
◆60歳未満
◆痰はでない


咳が数週間から1カ月程度長く続く場合は、
マイコプラズマ肺炎でなくても、
そのほかの感染症やぜんそく、気管支炎の可能性があるため、
早めに受診することをおすすめします。

受診すると、
『問診』『視診』『胸部聴診』が行われ、
肺炎と疑われた場合は、
『血液検査』『胸部X線検査』が行われます。


image133.gif


【治療・予防】

マイコプラズマ肺炎の場合は、
多くの肺炎とは違う、
別の抗菌薬での治療を行います。

感染の予防には、手洗い、うがいをしっかり行うことです。
咳が長く続く間は、
マスクをするなど咳エチケットを守るようにします。

特に家族など身近な人の咳が長く続く場合は、
お互いに注意することが必要です。




早期発見!命を守る肺炎最新情報1月15日今日の健康NHK

mig・今日の健康.jpg




MCは黒沢保裕さん、岩田まこ都さん、
解説してくれるのは、
東京都健康長寿医療センター部長
山本 寛先生です。


image130.gif【命を守る肺炎最新情報】

【肺炎とは】

肺炎は、細菌やウィルスなどの病原微生物が、
肺に感染して炎症を起こす病気
で、
日本人の疾病死因第3位です。


■症状

風邪と症状がよくにているために、
放置して重症化してしまうケースがあります。


◆風邪

熱が出ても38度未満のことが多く、
3~4日でよくなってきます。

鼻水、くしゃみ、のどの痛みなどがあり、
痰がでても無色透明です。
通常、息苦しさや胸の痛みは起こりません。


◆肺炎

38度以上の熱が3日以上続いて軽減しません。
黄色や緑色した膿のような痰ができます。
さらに、息苦しさや胸の痛みなどが起こります。

ただし、高齢者の場合は、
『ハアハアと呼吸が浅く速い』
『なんとなく元気がない』
『体が異常にだるい』
『食欲がない』

このような症状も肺炎を疑う必要があります。

肺炎は、呼吸器、心臓、肝臓、腎臓の病気、糖尿病、
関節リウマチなどの持病があると、
発症しやすくなります。


image133.gif


【肺炎が起こる仕組み】

肺炎の原因となる病原微生物は
人の体にも住み着いていることがありますが、
免疫機構が働いてそれを防御しています。
健康なら、気管や気管支に入っても粘膜に付着し、
繊毛細胞によって痰として口からはき出されます。
ですが、風邪などによってウィルスが気管に感染すると、
繊毛細胞がはがれ落ちてしまい、
そこから病原微生物が増殖して肺炎を起こすことがあります。
はがれた繊毛細胞が修復されるまでには、
約3週間ほどかかるとされています。


■検査

肺炎の診断をおこなうには、
問診に加えて血液検査や胸部X線検査を実施し、
ほとんど場合はこれらの検査で診断できます。


image133.gif


【肺炎球菌による肺炎】

肺炎を起こす病原微生物は幾種類もあるのですが、
その中でももっとも発症の原因となるのが肺炎球菌です。
日本人高齢者の3~5%の鼻やのどの奥に
住み着いていると考えられています。


■肺炎球菌ワクチン

肺炎球菌のよる肺炎の治療は抗菌薬を用いるのが基本です。
ワクチンは23価ワクチンと13価ワクチンの2種類があります。

◆23価ワクチン

23種類の肺炎球菌に効果がみられます。
重症化する可能性のある
肺炎球菌による肺炎の約70%に高い予防効果があります。

65歳以上の人は、
これまで23価ワクチンを接種したことがない場合、
公費助成で1回受けることができます。


◆13価ワクチン

13種類の肺炎球菌に効果がみられます。
免疫を記憶させ、長い予防効果を期待して行います。


乳幼児は13価ワクチンの定期接種があります。
その効果は非常に強力で、
肺炎球菌による肺炎を発症して、
重症化する確率を大きく下げることができます。




体操で健康・ヨガ 今日の健康1月4日NHK

mig・今日の健康.jpg




MCは黒沢保裕さん、岩田まこ都さん、
解説してくれるのは、
ヨガインストラクター 井上 知子先生です。


image130.gif【体操で健康・ヨガ】

【ヨガの効果】

■体への効果

◆関節の可動域を広げる
◆猫背など姿勢を改善できる
◆腰痛や膝痛などの慢性的な痛み、高血圧、
 うつ症状、睡眠障害などの改善効果がある



■心への効果

◆副交感神経が働くことで、
 リラックスした気分が得られる
◆落ち着いた気持ちになれる



image133.gif


【ヨガの実施】

◆準備する物

●ウェアは、体を締めつけず、伸縮性があり動きやすい物
●手足がすべるのを防ぐヨガマット



■がっせきのポーズ
気持ちを落ちつかせる

①マットの上にあぐらをかいた状態ですわります
②両足の裏を合わせます
③この状態で足先を両手で包みこむように持って、
 両足を股関節側に引き寄せます
④骨盤を立てて下腹部を引き上げ背筋を伸ばします
 このとき膝はできる範囲でマットに近づけるようにします
 背筋をまっすぐにするのが難しい場合は、
 お尻の下に丸めた座布団やバスタオルを入れるとやりやすくなります
⑤息を吐きながら上半身を前に倒します
⑥この状態で呼吸を止めずに10~20秒間保ちます
⑦ポーズを終えたら、楽な姿勢で内観をします

※内観とは、ポーズをとったときに、
刺激を感じたところやジンジンしたところなどに意識をむけて、
自分の体を見直すことです


image133.gif


■三日月のポーズ
全身の倦怠感を解消し、気持ちを前向きにする

①両膝から下を床につけた(膝で立つような)状態になります
②右脚を前に踏み出してます
③左足はできるだけ後ろに引いて上半身を起こします
 骨盤を立てて背筋をまっすぐに伸ばします
④胸の前で合掌をします
⑤息を吸いながら両腕を真上に伸ばします
 このときアゴを引き顔を少し上げます
 難しい場合は合掌のままでもOK
⑥呼吸を止めて10~20秒間保ちます
⑦ポーズを終えたら、楽な姿勢で内観をします


image133.gif


■片足ワニのポーズ
腰痛、背骨のゆがみを改善する

①仰向けに寝ます
②右ひざを立てて、両腕を肩と水平に伸ばします
③息を吸いながら右脚を左に倒し、膝を伸ばします
 膝を伸ばすのが難しい場合は、膝を曲げたままでもOK
 足を倒す側の肩がマットから離れないようにします
④そのまま呼吸をとめずに10~20秒間保ちます
⑤ポーズを終えたら、楽な姿勢で内観をします


image133.gif


■木のポーズ
集中力を高める

①かかとをそろえ、背筋、膝を伸ばして立ちます
 足裏全体に体重をかけ、
 足裏と頭頂部が引っ張り合うようなイメージで立ちます
 両腕は体にそって下ろします
②息を吸いながら右の足首を両手で持ち、
 股関節まで引き上げます
 足を引き上げるのが難しい場合は、
 膝の高さまででもOK
③胸の前で合掌します
④そのまま息を止めずに10~20秒間保ちます
⑤ポーズを終えたら、楽な姿勢で内観をします
⑥左足も同様に行います


image133.gif

■三角のポーズ
腰と足の柔軟性を高める

①両腕を肩と水平に上げて伸ばします
②足は広げた腕の手首くらいにくるように大きく広げます
③右足は外側を向け、左足は前に向けます
④息を吸いながら上半身を左側に倒していきます
⑤左手を右足の甲につけ、右腕は真上に上げます
 このとき、顔を上に向けて右手の指先を見ます
 手の伸ばすのが難しい場合は、
 ひざ、脛、足首、足の甲と徐々におろして、
 できる位置につけてもOK
⑥そのまま息を止めずに10~20秒間保ちます
⑦ポーズを終えたら、楽な姿勢で内観をします
⑧右側も同様に行います