危険な咳の見分け方!健康カプセル!ゲンキの時間10月14日TBS

無題.png




MCは三宅裕司さん、渡辺満里奈さん、
ゲンキステューデントは滝裕可里さん、
ゲンキリサーチャーはレッド吉田さん、
解説してくれるのは、
日本医科大学 呼吸ケアクリニック所長
医学博士 木田 厚瑞先生です。


image130.gif【危険な咳の見分け方!】

秋は咳に悩む人が増える時期です。
咳の中には、
息がとまって死にいたる怖い病気が隠れていることがあります。


【危険な咳の見分け方】

■咳


咳は肺を守るための大切な防衛機能で、
気道に入った異物を体外に出す働きをします。

ただし、ずっと続く咳は病気のサインです。


■3人のゲンキチャレンジャー

◆西田さん・女性65歳


●咳の音:コンコン(乾いた音)
●いつ:朝起きた時、季節の変わり目(悪化)

●NO値:130


NO(一酸化窒素)の量を測定(30未満が正常)

気管支の広い範囲に慢性の炎症が起きています。
これは、喘息です。

炎症によって気道が狭くなって、
呼吸がしづらくなります。
悪化すると、粘り気のある痰や、
ヒューヒューゼェーゼェーと気道がなる喘鳴(ぜんめい)
という症状がでます。


夜中から明け方にかけて症状がでやすく、
呼吸困難になる人もいます。
しかも、7割は大人になってから発症します。
年間、1800人が亡くなっています。


秋はダニの死骸などによって、
発症が多くなる季節です。


◆髙木さん・男性69歳

●咳の音:ゴホンゴホン
●いつ:人と話している時、ラーメンを食べた時
●痰の色:透明

駅の階段を上るときに息切れがある

肺機能検査:最初の1秒間に吐きだせる肺活量を測定
肺年齢92歳と判定されました。


●COPD(慢性閉鎖性肺疾患)

タバコなどが原因で、肺の組織の一部が壊れたり、
気管支が慢性的に炎症を起こしている状態です。

悪化すると、息切れが強くなって、
徐々に家から出られなくなります。

その結果、
運動量低下→筋肉量低下→寝たきり
となる可能性があります。
しかも、心疾患をはじめとした命にかかわる病気を
併発する可能性が高いとされています。


対処としては、
『禁煙』『必要な薬を使う』
などが大切ですが、
改善することは難しく、
進行を止める対処を行います。


◆常田さん・女性54歳

●咳の音:エッヘン
●いつ:寝ている時
●痰の色:黄白色


咳を起こす原因として後鼻漏という病気があります。
鼻水が鼻の奥からたれ落ちて、
咳や痰の原因となる病気です。
原因はアレルギーによるものですが、
特徴として黄色っぽい痰を分泌します。
特に寝ているときは咳や痰が出やすくなります。

基本的には耳鼻科を受診してください。


◆その他の咳

●ゲホゲホの痰がからんだ咳
●寝ているときに起きる
●泡状の痰がでる

このような症状がある場合は、
心不全の疑いがあります。


また
●飲酒の咳+胸やけ→逆流性食道炎


image133.gif


【診断と治療】

■喘息になりやすい体質

●方親に喘息がある→約30%
●両親に喘息がある→約70%



◆咳喘息

風邪をひいた時や季節の変わり目などに、
比較的症状の軽い咳が出る喘息です。

その中の約3割が重い喘息になるとされています。

秋は喘息になりやすい季節です。
台風や夕方の雷雨など、
急な気温・気圧の変化が喘息の引き金となります。

また、アレルギー物質の中でもダニの死骸やフンが
空気中に舞いあがって大きな原因となります。



■対策

喘息の対策として一番大事なことはこまめな掃除です。
カーペットは裏側まで掃除機をかけてください。


またカビも原因となりますので、
エアコンや加湿器の手入れもきちんと行ってください。


■喘息の予防法

呼吸筋を鍛えることで、
喘息を予防することができます。



◆呼吸筋の鍛え方

腕を高く伸ばし、
そのまま大きくゆっくりと回すだけです。

1日10回を目安に、
徐々に回数を増やすようにしていきます。


◆生活スタイル

涼しくなってきた時期ですので、
屋外で強度の高い運動は控えてください。

冷たく乾いた空気を大きく吸い込むことで、
気管支を刺激して喘息の発作を招くことがあります。

これを予防するためには、マスクがお勧めです。
保湿、保温効果が期待できます。


喘息の原因として、
風邪やインフルエンザがあります。

これらの病気によって
気道が炎症起こし荒れてしまうことが
発症の原因となることがあります。
まずは、
風邪予防やインフルエンザ予防のワクチンなどを
しっかりとすることです。





劇的血圧ダウン!1週間の減塩生活 健康カプセル!ゲンキの時間10月7日TBS

無題.png




MCは三宅裕司さん、渡辺満里奈さん、
ゲンキステューデントは朝日奈央さん、
ゲンキリサーチャーはヴェートベンの青木さん、久保さん、
ゲストは嶋大輔さん、
解説してくれるのは、
聖光が丘病院 顧問 医学博士 渡辺 尚彦先生です。


image130.gif【劇的血圧ダウン!1週間の減塩生活】

塩分摂取量の目安は、

男性:8g未満
女性:7g未満
高血圧の人:6g未満

ですが、実際には10gほどとっているとされています。


■減塩外来

2人のゲンキチャレンジャー
霜田さん・男性62歳:高血圧歴10年
椎名さん・男性72歳:高血圧歴30年

に減塩外来での診察を受けてもらいました。

検査①1日の平均血圧を測定
検査②1日の塩分摂取量を測定

この2つの結果から減塩法を指導します。


◆基準
塩分摂取量:6g未満
上の血圧:130未満


●霜田さん
塩分摂取量:11.4g
上の血圧:159.8


●椎名さん
塩分摂取量:5.3g
上の血圧:168

椎名さんは塩分への感受性が高く、
少量の塩分でも血圧が上がる体質でした。

そのため、もう少し減塩をする必要があると診断されました。


■注意点

要注意なのは調味料です。

大さじ2杯当たりの塩分量
醤油:2.6g
ウスターソース:1.5g
中濃ソース:1g
味噌:2.4g

ですので、摂りすぎには注意が必要です。
また、ラーメンは1杯当たり5~8gと高塩分食品です。

怖いのは、塩分を摂りすぎによって、
塩分に対して鈍感になることです。


霜田さんは1%の塩水を飲んでも、
普通の水だと答えていました。

これは、味が濃い物を食べ続けた結果、
塩分に鈍感になっているからです。




image133.gif


【反復1週間減塩法】

≪反復1週間減塩法≫

1日の摂取量6g未満を目指します。

毎日減塩するのではなく、
1~2カ月のうち、
1週間だけ徹底的に減塩するという方法です。


徹底的に減塩した後に普通の生活に戻すと、
血圧はまた高くなってしまいます。
ですが、
1週間減塩生活を送った後は、
以前の塩加減をしょっぱく感じるようになります。
その結果、減塩に向いていくということです。


この反復1週間減塩法に以前取り組んだ人がいます。
宮田さん・男性70歳です。
その結果・3ヶ月後は以下のようになりました。

塩分摂取量:11g → 3g
上の血圧 :170 → 130

以前は濃い味の物を食べていたと言いますが、
減塩法を実施した後は薄味になれて、
今ではしょうゆやソースはほとんど使わなくなったそうです。


◆やり方

①塩、しょうゆ、ソース、味噌などの調味料はNG
②漬け物、梅干し、調味料などが付いているものなど、
 塩分が高いものはNG
③酢はどれだけ使ってもOK
 料理にあわせて、
 酢、黒酢、ワインビネガー、バルサミコ酢、リンゴ酢などを
 使います
酢に含まれる酢酸は、
血管を拡張させて血圧を下げる作用があります。



◆先生お勧め食品

●グラノーラ(朝食)

1食50g:塩分量0.2g
味付けなしの無調整豆乳を入れて食べるのがお勧め

減塩で一番効果があるのが朝食です。
起床後に血圧を上げるホルモンが分泌されることから、
朝食時に減塩をすると、
より血圧を下げるのに効果が期待できます。



●納豆
原料の大豆は血圧の上昇を抑え、
血中のコレステロールを下げる働きがあり、

『血圧を下げるチャンピオン』です。


●ワイン
ブドウに含まれるポリフェノールは
血管を拡張させる働きがあり、
血圧を下げる作用があります。



◆霜田さんは

●ヒレカツにバルサミコ酢
●焼き鳥に黒酢
●刺身に黒酢

などを使用して減塩しました。


◆椎名さん

●納豆のタレ使わず黒酢
●肉料理の味付けにワインとバルサミコ酢

などを使用して減塩しました。


■結果

◆霜田さん


塩分摂取量:11.4g → 2.1g
上の血圧 :159 → 156

減塩は反応の速い人と遅い人がいて、
個人差があります。

最初効果があまり見られない人でも、
減塩生活を数カ月続けることで、
効果がみられるようになります。
減塩は効果を信じて続けることが大事です。


◆椎名さん

塩分摂取量:5.3g → 2.4g
上の血圧 :168 → 136

血圧が30もダウンして大成功でした。

1週間後、
料理を1週間前と同じ調味料量で食べてもらったところ、
2人とも
『調味料が濃い』
と言うようになりました。
2人とも味覚の感度がよくなりました。

また、塩は食欲を増しますので、
減塩することで、
食べる量が減ってダイエットや
肥満予防に効果が期待できます。




秋バテ!健康カプセル!ゲンキの時間9月30日TBS

無題.png




MCは三宅裕司さん、渡辺満里奈さん、
ゲンキステューデントは朝日奈央さん、
ゲンキリサーチャーは深沢邦之さん、
解説してくれるのは、
愛知医科大学医学部学際的痛みセンター
医学博士 佐藤 純先生です。


image130.gif【秋バテ!】

今年は秋バテが増える可能性が高くなります。
その原因は、秋の一日の寒暖差です。
秋バテとは、この寒暖差によって体調不良を招く症状です。

これは、別名『寒暖差疲労』とも呼ばれています。


■実験

ゲンキチャレンジャーの女性3人
(秋バテをする井上さん、谷川さん、秋バテしらずの吉田さん)
に寒い部屋に入ってもらいました。

秋バテ知らずの吉田さんは、
手足の体温が下がってきたのですが、
秋バテをする井上さんと谷川さんは、
あまり変化が見られませんでした。

その一方で、
吉田さんの深部体温は変化は見られませんでしたが、
井上さんと谷川さんの深部体温は下がっていました。


◆深部体温

脳や内臓が正常に活動するために、
常に一定に保たれている体の奥の体温のことです。
人は寒さを感じると手足の末端の方から、
血管が収縮して体温が外に逃げないようにします。

そうすることで、深部体温が下がらないようにしています。


◆実験結果

井上さんと谷川さんの深部体温が下がったのは、
2人の自律神経に乱れがあるからです。



■自律神経

体温調節など人の意思とは無関係に、
生命維持のために働く神経で
交感神経と副交感神経があります。

この両方がバランスよく働くことで、
健康的な生活を送ることができます。

交感神経は、
寒さを感じると優位になり、
末端の血管を収縮させて体温が下がらないようにします。


副交感神経は、
暑さを感じると優位になり、
血管を拡張させ体温を下げるように働きます。



■自律神経の乱れ

自律神経が乱れると、
体温調節がうまく働かず、
深部体温を逃がしてしまいます。

深部体温が下がると、
内臓機能が低下して
消化不良などさまざまな悪影響が出てきます。

さらに、だるい、寝付けないなど
さまざまな秋バテの症状を招いてしまいます。


■秋バテの原因

井上さんと谷川さんの秋バテの一番の原因は、
クーラーの使いすぎだと考えられます。
クーラーをつけっぱなしにすることで、
自律神経が働く機会がなくなり、
自律神経に狂いが生じてきたと考えられます。


ですが、秋バテしらずの吉田さんも、
この夏はクーラーをずっとつけっぱなしにしていたといいます。
実は、この差は運動習慣にありました。

井上さんと谷川さんはほとんど運動をしていませんでしたが、
吉田さんはランニングマシーンを使うなど、
積極的に有酸素運動をしていました。
これが自律神経を整えるのに効果を発揮していました。



■有酸素運動

体温を上げて汗をかく有酸素運動は、
交感神経を刺激するのに適しています。

自律神経を鍛えて、働きの乱れを防ぐ効果があります。
運動習慣は自律神経の働きを整えて、
秋バテ予防に役立ってくれます。



image133.gif


【心疾患】

猛暑後の秋(11月)は、
心疾患で死亡する人が増える傾向にあります。

その原因はヒートショックにあると考えられています。


■ヒートショック

ヒートショックとは、
急激な温度変化により、
心臓や血管に大きな負荷がかかる症状です。

心疾患や脳梗塞を招くことがあり、
最悪の場合命を落とすこともあります。
ヒートショックは本来冬に起きることが多いのですが、
猛暑の後の秋にも増える可能性があります。

自律神経が乱れると、
その機能の一つである血圧コントロールにも乱れが出て、
寒い場所などにいくと極端な血圧上昇を招くことがあります。


■温度差

自律神経に不調があると、
前日との気温差が5度以上の場合、
さまざまな体調の不良を招く可能性があります。





image133.gif


【対策術】

■この秋に増える症状


この秋には、
頭痛、腰痛、膝の痛みを訴える人が増える可能性があります。
これは、秋に台風が多いことから、
低気圧によって天気痛が起きる可能性があると言うことです。


■天気痛

気圧の変動によって、
古傷が痛んだり、片頭痛が悪化するようなことがあります。


耳の奥にある内耳が気圧の件化を感知しています。
それが脳にストレスを及ぼし、交換神経が興奮します。

その結果、持病や古傷に影響を及ぼす神経も興奮して、
さまざまな痛みにつながるとされています。



■天気痛対策

◆緩めの靴下


足先などの皮膚温度の低下を防ぐ効果があります。
通常の靴下だと、
足元をしめつけて血行が悪くなる可能性があります。


◆腹巻

腹巻をするとお腹を温めることができます。
お腹が冷えると、
そこを温めようとエネルギーを使ってしまいます。
それを防ぐ効果があります。



■自律神経の乱れを整える術

◆大股歩き


運動習慣の無い人に、
急に運動をするように勧めても
現実問題として難しいことがあります。
そのような人にお勧めなのが、
歩きときにいつもよりも少し大股で歩くことです。

少し辛いと感じるくらいの大股で歩くことで、
交感神経が適度に刺激され、
自律神経を整えてくれます。



◆ぬるま湯をかける

湯船から出た後に、
脚の膝から下に少しぬるめのお湯をかけます。

①洗面器に浴槽の湯を入れます
②そこに少し水をたします
③そのぬるま湯をひざ下にかけます

こうすることで、
適度に交感神経が高まり、血管が収縮します。
これが、自律神経が血圧をコントロールするのに、
ちょうどいよい練習となります。


少しずつ水を足して温度を下げていくと、
交感神経への刺激を強めることができ、
コントロール効果を高めることができます。



◆さ湯

寝る前にコップ1杯のさ湯を飲むことです。
さ湯には副交感神経を優位にして、
体をリラックスさせて眠りを深くする効果があります。



◆食品

自律神経を整えるのにおすすめの食品は、
『大豆食品』
です。

自律神経が働くためには
基礎代謝がしっかりと働く必要があります。
大豆に含まれる良質なタンパク質は
基礎代謝を高める作用がありますので、
自律神経を整える体のベース作りになります。





前立腺肥大!健康カプセル!ゲンキの時間9月23日TBS

無題.png




MCは三宅裕司さん、渡辺満里奈さん、
ゲンキステューデントは朝日奈央さん、
ゲンキリサーチャーはレッド吉田さん、
解説してくれるのは、
三井記念病院泌尿器科部長
医学博士 榎本 裕先生です。


image130.gif【太ルーティンをやせルーティンに!】

■前立腺

男性にしかない臓器で、
尿道の周りを取り囲むように位置しています。
役割としては、
精液の一部となる前立腺液を分泌することに加え、
収縮することで排尿の調節にも関係しています。
肥大すると、尿道を圧迫して尿が出にくくなります。
さらに進行すると、
尿道が閉ざされ尿がでなくなります。


■前立腺肥大症

その名の通り、前立腺が大きくなる病気です。
前立腺は40代から徐々に大きくなり、
60代からは2人に1人が、
前立腺肥大に悩まされています。

尿が出にくくなり、
残尿感や尿漏れが気になる、
夜中に何度もトイレに立つと言う人は
すでに前立腺肥大症かもしれません。


前立腺肥大症をほっておくと、
尿を出せなくなったり、
最悪の場合、腎不全に陥ることさえあります。


■MC三宅さんのケース

尿が細くなり、
夜中に何度もトイレに立つようになって、
前立腺肥大症を診断
され、
手術の検討も提案されましたが、
忙しいこともあって、
投薬による経過観察を選択しました。

いっときは症状が改善したかに思えたのですが、
今年の6月に下腹がぽっかりでるようになりました。
そして7月の診断では、
前立腺が100gにも肥大していました。
これはかなりの重症です。
通常の前立腺の重さは15~20gです。
下腹部がぽっこりとでていたのは、
肥大した前立腺に膀胱が押し上げられていたせいでした。
しかも、逆流した尿が腎機能の低下まで招いていて、
人工透析の一歩手前でした。
その結果、緊急手術を受けることになりました。
それは、レーザー蒸散術(CVP)というものでした。

三宅さんが飲んでいた薬は尿道を広げるもので、
前立腺を小さくする働きのものではありませんでした。


■レーザー蒸散術(CVP)

レーザー光を前立腺組織に照射して蒸発させる手術です。
ただし、この手術では、
尿口の微妙な場所までは処理できないために、
加えて経尿道的前立腺切除術(TUR-P)を行いました。


■経尿道的前立腺切除術(TUR-P)

電気メスを用いて前立腺組織を切除する手術です。


image133.gif


【検査】

レッド吉田と
ゲンキチャレンジャー高島さん63歳、長嶋さん59歳に、
実際に前立腺の検査を受けてもらいました。

●高島さん63歳
60歳をすぎてから
尿が細くなって時間が長くかかるようになりました。


●長嶋さん59歳
夜中に2時間おきにトイレに行くようになりました。
さらに、昼間もよくトイレに行くようになっています。


■検査

◆検査1:自覚症状のチェック


質問票に答えていきます。
たとえば、
「この1カ月の間に尿を始めるために
お腹に力を入れることがありましたか?」
というような質問に答えていきます。

このような尿トラブルに関する7つの質問に、
1~6の6段階で答えていきます。


◆エコー検査

尿がたまった状態で行います。
超音波によって前立腺の大きさと
膀胱が前立腺に圧迫されていないかどうかを調べます。


◆尿流量検査

尿流量測定装置という
特殊なセンサーが内蔵された便気に向かって、
普段通りに排尿します。
それだけで、
尿の勢い、時間、量を調べることができます。

高島さんの尿は1度でて40秒とまり、
その後もとぎれとぎれに出ています。
また、尿の勢いも弱いものでした。
基準としては、
尿の太さが割りばし1本分くらいです。



◆残尿測定

超音波で膀胱内に残った尿の量を測定します。
尿はだれでも少しは残るものです。
50mℓ以下であれば正常です。


■診断

◆前立腺の大きさ

レッドさん:20.4g 正常

長島さん:23.1g 正常域

長島さんの前立腺は排尿に支障があるほどの大きさではありません。
過活動膀胱などほかの原因で頻尿になることもありますので、
再度検査が必要です。

高島さん:26.7g 軽度

軽度な前立腺肥大症ですが、
症状があるので治療を行う必要があると診断されました。

検査は泌尿器科で受けることができますし、
人間ドッグでも腹部の超音波検査で前立腺を診ることができます。


■前立腺肥大症の主な症状

●尿が出にくい
●頻尿
●夜間頻尿
●残尿感
●尿勢の低下



■前立腺肥大症のチェック

奥様にも気にしていただきたい、
夫の前立腺肥大症チェックです。

●夜間何度もトイレに起きている
●下着が汚れている
●小でもトイレに1分以上入っている
●「またトイレ?」と感じることが多い