命を守るドリル!健康診断の見方 健康カプセル!ゲンキの時間4月15日TBS

無題.png




MCは三宅裕司さん、渡辺満里奈さん、
ゲンキステューデントは滝裕可里さん、
ゲンキリサーチャーはあべこうじさん、
解説してくれるのは、
東海大学医学部付属東海病院謬院長
医学博士 西崎 泰弘先生です。


image130.gif【命を守るドリル!健康診断の見方】


■健康診断の際にやってはいけないこと

◆朝ごはんのかわりにバナナを食べた
◆ガムをかんでいる
◆遅れそうになり全力で走ってくる
◆腕時計やネックレスをしている



◆朝ごはんのかわりにバナナを食べた
胃酸の分泌や血圧の上昇に影響するため、
検診の前10時間は飲食禁止です。


◆ガムをかんでいる
ノンシュガーでも少量の糖を含んでいる場合があり、
味がすることによって胃酸の分泌を促すことにつながります。


◆遅れそうになり全力で走ってくる
血圧の数値に影響が出てしまいます。
運動をすることによって、
筋肉に関する酵素の数値が影響を受け、
肝機能の数値を正しく測定できないことがあります。


◆腕時計やネックレスをしている
レントゲンや心電図に影響を与えます。


胃カメラを控えている人は、
水を飲むのは1時間前までに済ませてください。


image133.gif


【健康診断の見方】


■健康診断の判定区分

A:異常なし
B:所見はあるが日常生活に異常なし
C:経過観察・生活改善が必要
D:要精密検査
E:要治療


C評価以下から生活指導などが入ってきます。


■田口さんのケース

脂質に関する基準値

LDL : 140mg/dL未満
HDL : 40mg/dL以上
中性脂肪: 150mg/dL未満


●LDL
悪玉と呼ばれるもので、
肝臓で作られたコレステロールを全身に運びます。


●HDL
善玉と呼ばれるもので、
余分なコレステロールを回収する働きがあります。


田口さんの脂質項目が以下でした。
LDL :
HDL :
中性脂肪:

とくに治療の必要もないと考えていたところ、
ふいに心筋梗塞の発作に襲われました。

脂質関連の項目がB判定以内であっても、
じわじわと動脈硬化が進行していくケースがあります。

LDLとHDLのバランスが崩れると、
血管内にプラークと呼ばれるコレステロールの塊を作り、
血管内を狭くしてしまいます。
この状態を放置すると、
血管がボロボロ状態になってしまいます。

B判定でも動脈硬化のリスクを高める原因がLH比です。

LH比=L(LDL)/H(HDL)
悪玉コレステロール/善玉コレステロール

注意が必要となる基準値はLH比=2.5、
3.0以上なら動脈硬化の注意が必要です。
逆に1.5以下なら健康体です。



■注意が必要なB判定の組み合わせ

●脂質B+血圧B=動脈硬化要注意

●血圧B+血糖値B=狭心症・脳血管障害

●血圧B+心肥大B=心不全

●脂質B+肝機能B=脂肪肝

●血糖値B+肝機能B=糖尿病の危険大

●LDL B+中性脂肪B=動脈硬化が要注意



■超悪玉コレステロール

動脈硬化の原因として最近注目されているのが、
『超悪玉コレステロール』
です。
通常のLDLよりもはるかに小さいために、
血管壁などに入りこみプラークを作ります。
超悪玉コレステロールを持っている人は、
動脈硬化になりやすいとされています。

超悪玉コレステロールを減らすには、
中性脂肪を減らすことが重要なので、
甘い物や炭水化物を減らすことです。

さらに、運動をして善玉コレステロールを増やすことです。

超悪玉コレステロールの血液検査は、
原則保険適応外ですが、
人間ドックのオプションとして追加できる医療機関もあります。


■お勧めの食べ物

中性脂肪を下げたいときに食べたいのは、
不飽和脂肪酸のEPA・DHAを豊富に含むサバがお勧めです。

血糖値を下げたいときは、
カリウムや水溶性食物繊維を多く含むサトイモがお勧めです。




姿勢で若返り&身体の痛み大改善 健康カプセル!ゲンキの時間4月1日TBS

無題.png




MCは三宅裕司さん、渡辺満里奈さん、
ゲンキステューデントは滝裕可里さん、
ゲンキリサーチャーはTKOの木本武宏さん、
解説してくれるのは、
かたやま内科クリニック院長
北里大学医療衛生学部 北里大学病院整形外科
医学博士 高平 尚伸先生です。


image130.gif【姿勢で若返り&身体の痛み大改善】

■姿勢を正すだけで5歳は若返る!

人間の頭は約体重の1/10くらいの重さで、
体重60キロの人はボーリングのボールを
頭の上乗せて生活しているようなものです。
そのため、
頭がつい前にでることで姿勢が悪くなってしまう人がいます。
その結果、頭、肩、背中に負担をかけることになってしまいます。


■姿勢の悪さを自覚しているゲンキチャレンジャー3人

●山中さん・女性58歳
●佐々木さん・女性58歳
●丸山さん・男性40歳

3人とも猫背です。


■姿勢のプロのアドバイス

◆プロカメラマン 木村武士さん

ミスユニバース東京大会の公式カメラマンです。

心の持ち方としては、
姿勢を保ち若く見られるためには、
外から見られているという意識を持つことが重要です。


◆改善法

立つときに、両方のかかとを揃えた状態から、
片足を少し前にだします。
これだけで背筋が伸ばます。
猫背の人は片足を前に出すと体が不安定になるために、
上半身でバランスをとろうとして、
自然と背筋が伸びてきれいな姿勢になります。


◆ゲンキチャレンジャー3人の改善後

●山中さん

山中さんはなで肩も改善され、
ほうれい線が薄くなって顔の印象もシャープになりました。



●佐々木さん
佐々木さんは、目元のシワと口もとのたるみが軽減され、
体型も少しほっそりとしたせいか、前向きな印象になりました。


●丸山さん
丸山さんは正面から見た印象では
あまり変化はみられませんでしたが、
横から見ると背筋が伸び、
猫背が原因で出ていた下腹が引っこみ、
やせて見えるようになりました。


■姿勢が体に与える影響

姿勢が悪いと、
肩コリ、腰痛、頭痛、逆流性胃酸炎
などの症状を招きます。

姿勢が悪と、頭が前や後ろに傾きます。
その結果、首に大きな負担がかかり、
首から肩にかけての筋肉である僧帽筋が緊張して血流が悪くなり、
肩コリ、首コリ、関節通、腰痛等を招くことになります。


image133.gif


【姿勢の悪さのタイプ】

姿勢の悪さは、カメタイプとゴリラタイプに大きく分けられます。

■カメタイプ

骨盤が後ろに傾き、頭が前につき出ている姿勢です。
いわゆる猫背
というもので、
パソコンをずっと覗き込んでいるなどで、
長時間悪い姿勢をとることが原因です。

首が前に出るために、
その重みが首に負担をかけることで、
肩コリ、首のコリ、頭痛等を起こします。
また、むくみが現れることが良くあります。

これは、背中が丸くなることであまり深呼吸することがなく、
血液循環が悪化することが原因です。


◆カメタイプチェック法

①壁近くに椅子を持ってきて座ります
②足のつま先と膝が壁につくようにします
③つま先と膝を壁につけた状態のまま立ち上がります

立ちあげれなければカメタイプです。

カメタイプの人は重心が前にあるために、
体を前に倒さないと立ちあげれないためです。


■ゴリラタイプ

ゴリラタイプの人はお尻が若干でています。

骨盤が前に出ている前傾ぎみで、
少しお尻が後ろに出ている形です。

ゴリラのように骨盤が反り気味になっているタイプです。

ハイヒールをよくはく人は要注意で、
重心が前にでるために、
上半身でバランスをとろうとして反り腰になります。
また、メタボの人もお腹が出ているのをもどそうとして、
反り腰になりがちです。

主な症状として、
下半身の筋肉がコリかたまるために、
腰痛、膝痛、股関節痛になりやすくなります。

特に膝に負担がかかるとバランスがとりにくくなって、
つまずきや転倒が多くなりますので注意が必要です。


◆ゴリラタイプチェック法

①足を肩幅に開いて立ちます
②片足を一歩前に踏み出して膝を曲げながら腰をおろします
 前にだした足のひざは90度になるように意識し、
 背筋が曲がらないように注意します
③この状態から膝を伸ばして元の位置に戻します
もう片方の足も同様に行います

戻す際に上半身がフラフラしたらゴリラタイプです。


ゴリラタイプの人は、
下半身の筋肉がこりかたまっているために、
上半身をまっすぐに保てずフラフラしてしまいます。
フラフラせずに元に戻せたならOKです。


image133.gif


【改善法】

カメタイプ、ゴリラタイプの両方にきく改善法です。

■壁スクワット

①壁に向かって足を肩幅に開いて立ちます
②足のつま先を壁につけます
③手は頭の後ろで組み、
 お尻を突き出すようにゆっくりと膝を曲げます
 膝が軽く壁につくくらいまで曲げるのが目安です
5回を1セットとして、1日3セットを目安とします

姿勢に関係している背中やお尻の筋肉を
同時に鍛えることができます。

※後ろに倒れる恐れのある人は、
壁に手をついておこなってください

これは即効性があり、
行った後はすぐに姿勢がよくなります。
ただし、続けないと効果も続きません。


■巻きタオル

①バスタオルをたたんでから、くるくると丸めます
②丸めたタイルを椅子のせもたれの根元に置き、
 それにお尻の後ろ半分を乗せて座ります

これだけで、傾いた骨盤が正しい位置に戻って、
姿勢が改善されます。
前後に傾いていた骨盤が立つという印象です。

なれるようになってきたら、
巻きタオルを少しずつはずしていくようにしてください。
こうすることで、姿勢を正しくする筋肉を
少しずつ鍛えることができます。

姿勢がよくなると代謝がアップして、
やせやすい体になり、
ダイエットにも効果を期待することができます。




名医が教える健康法SP 健康カプセル!ゲンキの時間3月25日TBS

無題.png




MCは三宅裕司さん、渡辺満里奈さん、
ゲンキステューデントは片岡安祐美さん、
ゲンキリサーチャーはレッド吉田さんです。


image130.gif【名医が教える健康法SP】

【認知症予防によいオルゴ-ル】

◆お茶の水健康長寿クリニック院長 白澤卓二先生


脳の聴覚野は記憶を司る側頭葉にあります。
そのため、脳の聴覚野の機能低下は認知機能低下につながります。
オルゴールの音はこの聴覚野を刺激します。
そのため、認知症予防に効果があるとされています。

ただし、オルゴールのCDでは同様の効果は望めません。
オルゴールは人には聞こえない高い周波数の音(超音波)を含んでいて、
それが人の聴覚野を刺激しています。
CDにはこのような超音波は含まれていません。

『認知症予防にはオルゴールの音が効果がある』
この効果は、CDでは代用できません。


image133.gif


【やせる筋膜リリース】

◆首都大学東京教授 竹井仁先生

筋膜とは全身を覆う一枚の膜で、
筋肉の中にまで入り込んでいます。

この筋膜には、日常生活のくせによって、
ささいなねじれが生まれています。
そのせいで筋肉の動きが悪くなって血流量が低下することで、
コリやハリが生じてきます。

筋膜リリースを実践することで代謝が上がることがわかってきました。
そこで、筋膜リリースを行ってから、
簡単な体操やストレッチ等を行うことで、
やせるようになります。

佐藤さん(女性)は、筋膜リリースによって
体重が14キロも減ったそうです。


■基本の筋膜リリース

テーブルを用意して、その前に立ちます

①左足を軽く前に出し、右手をテーブルにつきます
②左腕を天井に向かって真っすぐ伸ばして
 15秒間キープします
③上げている腕の方向に顔を体をひねり、
 気持ちよく感じるところで15秒間キープします
④この姿勢から右手のひじをテーブルにつけて
 15秒間キープします
 この時置いている肘が肩の内側に入るくらいまで
 ひねるようにします
左右を1セットとして、1日3セットが目安です


■お腹周りひきしめ筋膜リリース①

①床に仰向けに寝ます
②両手両足を伸ばしてX字のような形になって
 20秒間キープします
③上体を少し起こしながら右ひざを持ち上げ、
 ひざの外側に左のてのひらで触れ、
 下へ滑らせながら20秒間キープします
 このとき、右手と左足は伸ばします
④右ひざと左手を戻して、再び両手両足を20秒間伸ばします
反対側の手や足でも同じことを行います。
1日3セットが目安です


■お腹周りひきしめ筋膜リリース②

①足を肩幅に開き、肩の高さで腕を組みます
②この状態から骨盤のみを左にひねって3~5秒キープします
 このとき、膝は曲げずに肩は動かさないようにします
右側も同様に行い、左右10セットが目安です


image133.gif


【高血圧予防】

◆東京女子医科大学教授 渡辺尚彦先生

『酢ピーナッツ』

お酢の酢酸が血管を拡張させて、
血圧を下げる効果があります。

また、ピーナッツの薄皮に含まれるポリフェノールにも、
血圧を下げる効果があり、
ダブルの作用で高血圧を予防します。

さらに、ピーナッツの脂のなかに含まれているオレイン酸には、
悪玉コレステロールを下げる効果があります。
酢酸は油を細かく分解する作用があることから、
ピーナッツを酢に漬けることで、
オレイン酸を効率よく吸収することができます。
毎日20粒ほど食べるのが目安です。


◆作り方

①煮沸消毒した保存容器を用意します
②その容器の中に薄皮つきピーナッツをいれ、
 ピーナッツにかぶるくらいの酢でひたします
③冷蔵庫で5日間保管すればできあがりです


◆ゴボウとミズ菜のサラダ

ゴボウとミズ菜を食べやすい大きさに切って、
酢ピーナッツのドレッシングをかけるだけです。


●酢ピーナッツのドレッシング
刻んだ酢ピーナツ 30粒
麺つゆ(4倍濃縮) 大さじ1/2
マヨネーズ 大さじ2
砂糖 小さじ1/2
以上をまぜるだけです


image133.gif


【人工透析の新しい治療】

◆東京慈恵医科大学 医学博士 横尾隆先生

今、腎臓透析患者への新たな治療の道が拓かれようとしています。

横尾先生は、新たな治療法として腎臓再生の研究をしています。
腎臓はいったん機能が低下すると再生することがありません。

そのため、腎疾患が重症すると、
人工透析になることがあります。
ですが、人工透析は日常生活に大きな負担をしいています。


■腎臓再生

腎臓は構造が複雑で再生不可能と言われてきた臓器です。
そこでIPS細胞を用いた研究が進んでいます。

横尾先生は、患者のIPS細部から腎臓の元をつくります。
ですが、このままでは腎臓の再生はできません。
せこで、哺乳類の胎児の細胞を用いて、
『腎臓へ成長するように』
という指令を出させます。
この指令を受けた患者のIPS細胞を患者に戻します。

現在、横尾先生たちの研究は動物実験段階で成功しています。
この先、5年以内の人への治療を目指しています。




春の不調の真犯人!寒暖差疲労 健康カプセル!ゲンキの時間3月18日TBS

無題.png




MCは三宅裕司さん、渡辺満里奈さん、
ゲンキステューデントは片岡安祐美さん、
ゲンキリサーチャーは深沢邦之さん、
解説してくれるのは、
東京有明医療大学
保健医療学部 鍼灸学科 教授
医学博士 川嶋 朗先生です。


image130.gif【春の不調の真犯人!寒暖差疲労】

【寒暖差疲労】

春になると体調を崩す人がいます。
その一番の原因として考えられるのが、
1日の寒暖差に体がついていかずに体調を崩す
『寒暖差疲労』
です。
しかも、それが病の引き金になる可能性があるとともに、
夏バテの原因となることもあります。
寒暖差疲労の主な原因は活性酸素と考えられています。


■活性酸素

活性酸素は殺菌力が強く、
細菌などを撃退する役目を担っていますが、
増えすぎると正常な細胞まで攻撃して酸化させ、
人体に害を及ぼします。


■検証実験

ゲンキチャレンジャー4人(男女各2人)に、
寒い7.4度と暖かい21.5度の部屋に、
それぞれ15分づつ入ってもらうことを、
2度続けてやってもらいました。


◆結果

全員が疲労感を覚えたと話していました。
体の酸化度がアップし、
全員が一段回上の注意レベルに達していました。
この結果には自律神経が大きく関わっています。


■自律神経

自律神経には、
緊張しているときに優位になる交感神経と、
リラックスしているときに優位になる副交感神経
とがあります。
そのため、
寒いところでは交感神経が優位となり、
温かいところでは副交感神経が優位となって、
体温調節を行います。


寒暖差が激しいと、そのことがストレスとなって、
交感神経がずっと優位になってしまうことがあります。
その影響で、活性酸素が増えてしまいます。

また、春は気候や気圧がころころ変わることから、
自律神経を乱しやすいとされています。
さらに、異動や転勤などの生活環境の変化によっても、
自律神経が乱れやすくなります。

自律神経の乱れは、
気管支喘息やアトピー皮膚炎のようなアレルギー症状の
悪化を招くことがあります。


■血管運動性鼻炎

春になると、
ある朝から鼻水から止まらなくなってしまった、
という症状に悩まされるということがあります。

通常、鼻の毛細血管は鼻周辺の体温を調節するために、
寒いと交感神経の働きで縮み、
暖かいと副交感神経の働きで広がります。
ところが、自律神経が乱れると鼻の機能がおかしくなって、
鼻水が出る等の症状を引き起こすことがあります。


◆血管運動性鼻炎の主な症状

●冷え込んだ夜の翌朝に症状がでる
●発熱がない
●目がかゆかったり充血しない



■うつ病

交感神経が優位になると、
脳を活性化させるドーパミンやセロトニンが分泌され、
活動状態になり、やがてピークに達します。
そうすると、
交感神経優位が副交感神経優位に切り替わって、
元に戻らなくなることがあります。


自律神経の性質のひとつとして、
ピークに達すると180度ひっく変えるということがあります。

ですから、交感神経優位がピークに達すると、
とたんに副交感神経優位に切り替わることがあります。
副交感神経優位の状態では、
やる気をおこなせるドーパミンやセロトニンが減って、
うつ病に似た症状になってしまうことがあります。


■寒暖差に弱い人の特徴

①手足が冷たく感じることが多い
②熱中症にかかったことがある
③普段の生活が不規則である
④お酒を週2回以上で飲む量が多い
⑤ストレスや心配事を抱えている


飲酒量が多いと、アルコールを分解するために、
余分なエネルギーを必要とするために、
寒暖差に弱くなります。


冷え性や熱中症の経験のある人は、
体質的に寒暖差に弱い傾向があります。

不規則な生活だと自律神経が整いにくいために、
寒暖差に弱くなります。

ストレスがかかり続けると
交感神経が優位の状態が続くことで疲弊して、
寒暖差に弱くなります。




image133.gif


【寒暖差疲労対策スイッチ】

寒暖差疲労を改善するためには、
自律神経を整えることが重要です。
現代はストレス社会で、
常に交感神経が優位になりやすい状況です。
そこで、副交感神経優位にスイッチできる方法を紹介します。


■スイッチ①:目

目の奥には動眼神経という脳神経がありますが、
この神経は副交感神経です。
この副交感神経を刺激することで、
副交感神経を優位にするスイッチを入れることができます。
そのためにお薦めなのが
『目元温め法』
です。


◆目元温め法

①タオルを水でぬらす
②レンジで500wで40秒くらい温める
 タオルの温度は、
 人肌より少し暖かい40度を目安にします
③温めたタオルを目に2分間当てます

これで副交感神経優位に切り替わります。
女性がこれを寝る前に行うと、
翌日の化粧のノリがよくなると言われています。

この方法をゲンキチャレンジャー2人に
実際にやってもらったて計測したところ、
副交感神経が優位になりました。



■スイッチ②:指先

指の爪の生え際には、
井穴(せいけつ)という自律神経切り替えのツボがあります。

この井穴を押して温める
『指先揉み』
がお勧めです。


◆指先揉み

指先は動脈から静脈へと血管が切り替わるポイントです。
指先の血流がよくなると、心臓へと巡る血流もよくなり、
体全体が温まりリラックスできます。

そのスイッチが井穴です。
井穴を揉むと、
副交感神経が優位になり血管が開いた状態になります。

①爪の両側を指で挟んで、
 グリグリと左右にひねるようにしてもみます
②指1本に対して10~20秒行います

ゲンキチャレンジャー2人に
指1本につき50秒ほどもんでもらいました。
その結果、表面温度が暖かくなって、
効果がみられました。

井穴は副交感神経のスイッチですが、
薬指だけは交感神経にスイッチがはいってしまいます。
リラックスしたいときには、
薬指をもむのはさけたほうがいいでしょう。
そのかわり、シャキッとしたいときには、
薬指をもむのがお薦めです。


■スイッチ③:呼吸

腹式呼吸をすると、
副交感神経優位のスイッチが入ります。

息を吐くことによって、
副交感神経を優位にするスイッチが入ります。

①両手をお腹の上に置きます
②3秒間息を吸います
③6秒間息を吐きます

姿勢の良い状態で10回ほど行うと効果が期待できます。
姿勢は立っても、腰かけても、仰向けでもかまいません。


◆適度な運動

寒暖差疲労の基本的な対策法は体質改善です。
そのためには適度な運動が重要です。
適度な運動とは自分にとって少しきついと感じるくらいの運動です。

●1.5倍のスピードで歩く
●階段を使う
●電車では座らない


『少しきつい』
を日常生活に少し取り入れることです。