湿邪!頭痛に下痢にむくみまで、体調不良の原因!健康カプセル!ゲンキの時間6月17日TBS

無題.png




MCは三宅裕司さん、渡辺満里奈さん、
ゲンキステューデントは滝裕可里さん、
ゲンキリサーチャーはヴェートベンの青井さん、久保さん、
解説してくれるのは、
東京有明医療大学 教授
医学博士 川嶋 朗先生です。


image130.gif【湿邪!頭痛に下痢にむくみまで、体調不良の原因!】


■湿邪

湿邪とは東洋医学における概念のひとつです。
東洋医学ではすべてのものは
気からできていると考えられています。
気は、この世のすべてを構成するエネルギーのようなものです。
そして、湿度も気の一つとされます。
その湿度が梅雨の時期に過剰になり、
邪気となって体に悪影響を及ぼしたものが
湿邪と考えられています。
湿度の高い梅雨どきの独特の症状で、
頭痛や下痢、めまい、むくみ、関節通、食欲不振
など体全体の不調を招きます。


■梅雨と汗

湿度が低いとかいた汗は肉眼で見えないうちに蒸発していきます。
ところが、湿度が高いとかいた汗は蒸発できずに、
皮膚の上にとどまることになります。
汗が長い時間皮膚の上にとどまっていると、
皮膚がふやけてしまいます。
そのせいで、汗の出口が閉じてしまい、
徐々に汗が出なくなってしまいます。
汗は蒸発の気化熱で体温を下げるという働きがありますが、
汗がでなくなったり蒸発しずらくなることで、
体温が下がらず熱が体の中にこもることになります。

体温が高いままだと自律神経が乱れ、
頭痛、下痢、めまい、むくみ、関節通、食欲不振
などを招くことになります。
結果として湿邪は、このような全身の不調、
さらには免疫力低下までを引き起こしてしまいます。


■低気圧

梅雨の時期は気圧が下がり気味になります。
低気圧になると、その分大気の酸素が薄くなります。
そのため、少ない酸素でも体が対応できるように
過度に副交感神経を優位にさせてしまいます。
副交感神経はリラックスさせるように働く神経ですが、
それが過度に働くと体がだるくなりやる気が低下していきます。


■体の除湿・ツボ

体には除湿の働きをするツボがあります。
ここでは、2つを紹介します。

◆湧泉

足の裏にあるツボです。
中指の3~4cmほど下、
土踏まずのやや上あたりで、
指を曲げたときにくぼむ場所です。

ここを押せば体の除湿ができるばかりか、
活力アップの効果もあります。


痛気持ちいいくらいの強さで朝晩2回、
左右それぞれ5~10回押すのが目安です。


◆三陰交

内くるぶしの突起状から指4本分上あたりで、
骨のやや後ろ側にあります。

血のめぐりがよくなるツボで、
血流がよくなることでむくみを解消するとともに
体の除湿を行います。
また、更年期の不調なども整えるため、
女性にとっては万能ツボでもあります。

気持ちいいくらいの強さで朝晩2回、
左右それぞれ5~10回押すのが目安です。

ツボは必ずしも指で押さなくても、
ドライヤーをサッと当てて、
軽く温めるだけでもOKです。
要は軽く刺激を与えればよいということです。
ただし、ドライヤーを使う場合は、
肌から適度な距離をとって
火傷をしないように気をつけてください。


image133.gif


【注意ポイント】

■梅雨の注意点

普段から軽い運動などをして、
汗をかきやすい体にしておくことが、
体調を保つ秘訣です。


また、汗をかいたまま冷房のきいた部屋に入ると、
汗は一気に蒸発します。

すると、体温が急激に奪われ、
下痢や冷えなどの体調不良を招くことがあります。
汗をかいたら、こまめにふき取るようにしてください。


■夏型過敏性肺炎

Aさんは6月初旬、咳と発熱があり受診したところ、
風邪薬を処方されましたが、
症状は改善されるどころか悪化していきました。
別の病院で診てもらったところ、
風邪ではなく、
『夏型過敏性肺炎』
でした。

家の中にあり梅雨の時期に激増する
トリコスポロンというカビが原因となって起こる肺炎です。
知らぬ間に胞子を吸い込むことで、
咳などのアレルギー反応が起きてきます。

しかも、梅雨時期の湿邪などによる免疫力低下と重なると、
発症リスクが高まることになります。
悪化すると肺の組織が徐々に壊れていき、
最悪の場合は死に至ることもあります。
対処法としては、こまめに部屋を掃除することです。
掃除をしてカビの胞子などを取り除くことが大切です。


■梅雨と抜け毛

梅雨は抜け毛が多くなる時期でもあります。
原因はマラセチアというカビの一種で、
皮膚にすむ常在真菌です。

湿気を好み皮脂をエサとしているため、
梅雨の時期に増殖しやすくなります。
対策は、頭皮をきれいにして清潔に保つことです。
ただし、髪を日に何度も洗うと、
皮膚のバリア機能が損なわれ、
皮脂の過剰分泌を招くことになり、
かえってエサをふやしてカラセチアの増殖を招くこともあります。
また、洗髪したらドライヤーでしっかりと乾かしてください。
その際、温風7割、冷風3割で乾かすと、
皮膚の温度も下がって、
マラセチアの増殖を抑えることができます。





脊柱管狭窄症の恐怖!健康カプセル!ゲンキの時間6月10日TBS

無題.png




MCは三宅裕司さん、渡辺満里奈さん、
ゲンキステューデントは滝裕可里さん、
ゲンキリサーチャーは深沢邦之さん、
解説してくれるのは、
あいつせぼね病院院長 整形外科医
医学博士 伊藤 全哉先生です。


image130.gif【脊柱管狭窄症の恐怖!】

【ファイル①山崎さん・女性60歳】

最初は右足の側面がしびれていて、
違和感を覚えていました。

脊柱管狭窄症の初期症状として、
腰から下のしびれや痛みがあります。

また、歩いていて変な感じがするなと思っていたところ、
家に帰ってみると
靴下がかかとまで脱げていたということもありました。

さらに、徐々に歩いていると足が出せなくなっていくために、
立ち止まって屈伸運動などをしてから歩くようになっていきました。
これは、間欠は歩と呼ばれる症状です。

原因は、加齢変化と3人のお子さんの育児のために
腰への負担が大きかったためと考えられます。
現在は、手術を受けて以前のような元気な状態を取り戻しました。


■脊柱管狭窄症

脊柱管とは、背骨の後ろ側にある神経の通る管のことです。
この管の周辺の靭帯が膨らむと、
脊柱管の中を通る神経を圧迫するために、
しびれや痛みを引き起こします。
また、神経の圧迫を受けて、
感覚障害が生じて、
靴下が脱げてもきがつかない場合がでてきます。
さらに、運動機能も低下することから、
つまづきやすかったり、
スリッパが脱げるということが起こりやすくなります。
加齢変化でじわりじわりと
症状が悪化していく場合が多くあります。



◆セルフチェック

●下半身のしびれ
●足元の違和感(感覚異常)
●一定の距離が歩けない



■間欠は歩

立ち・歩く姿勢は、背骨が軽く反りかえるために、
靭帯が神経の通る脊柱管を圧迫するために、
痛みやしびれがでやすくなります。
しかし、前かがみの姿勢をとると、
脊柱管と靭帯の間に空洞ができることで
圧迫が和らぎ、痛みが一時的に治まります。


image133.gif


【ファイル②矢作さん・男性70歳】

矢作さんは若い頃から腰痛持ちだったのですが、
50代の初めころ腰の下からしびれが走ったため、
いつもの腰痛と違うと感じたと言います。
すぐに受診したのですが、
原因が特定できずに症状がどんどん悪化していきました。
ひどい場合には、
『右脚を前に出して歩こう』
と考えるだけで痛くなりました。

何をやっても痛くて、
1日中、座卓に肘をついて
前かがみの姿勢で痛みを我慢していました。
トイレに行くときも、
はって行っていました。

原因は脊柱管狭窄を起こしている場所に、
ある日、椎間板ヘルニアが起こってしまって、
突然強烈な痛みに襲われるようになったのでした。


◆症状がわからないケース

X線検査では骨しか写らないために、
神経の状態がわかりづらいという欠点があります。
これに対してMRI検査を行うことで、
神経の状態まで確認できて、
病名を特定することにつながります。


■椎間板ヘルニア

腰への負担が原因で、
腰骨の間のクッションの役目をしている椎間板が飛び出して
神経を圧迫してしびれや痛みを生じさせる病気です。


image133.gif


【ファイル③近藤さん・男性76歳】

半年前に脊柱管狭窄症の手術を受けましたが、
いまだに膝から下のしびれが残っています。
足先の感覚がにぶく歩行にも影響があります。

実は、手術から4年前に脊柱管狭窄症と診断されて、
『手術をしないと歩けなくなる』
と告げられたのでしたが、
当時は歩けるし仕事もできたので、
万一の手術の後遺症のほうが怖いと感じ、
手術をしないままにしていました。

ところが、徐々に歩けなくなり、
足にしびれが起こるばかりか、
こむら返りやけいれんを繰り返すようになりました。
それでも、4年間我慢して手術を受けませんでした。

このように長期間放置すると、
神経が圧迫を受け続けて傷が付くことで、
たとえ手術をしたとしても、
症状が残る場合があります。


■脊柱管狭窄症の治療

前述の3ケースでは手術が行われていましたが、
脊柱管狭窄症の治療では、
まずはリハビリ、薬物治療、注射などの保存療法が行われます。
これを3カ月間続けて改善が見られない場合に、
手術を検討します。


■脊柱管狭窄症の手術

◆従来の手術


全身麻酔で背中を3~5cm切開して行うもので、
患者さんの負担が大きく長期入院になることもありました。


◆最新の手術・PEL(ペル)手術

ペルと呼ばれる内視鏡を使った手術で、
わずか7mmの傷口に内視鏡を入れて、
神経を圧迫する靭帯を取り除きます。
また、局所麻酔ですので患者への負担もかなり軽くなります。
症状にもよりますが、
2泊3日での退院が可能です。
ただし、この手術は全国でも
まだ限られた医療機関でしか行われていません。

高齢になって腰痛がでると、
年のせいと考えがちですが、
一度受診してみることをお薦めします。





ビタミンC枯れを賢く乗り切れ! 健康カプセル!ゲンキの時間6月3日TBS

無題.png




MCは三宅裕司さん、渡辺満里奈さん、
ゲンキステューデントは中村静香さん、
ゲンキリサーチャーは深沢邦之さん、
解説してくれるのは、
東海大学 健康学部教授
医学博士 石井直明先生です。


image130.gif【ビタミンC枯れを賢く乗り切れ!】

人間が1日健康に過ごすためのビタミンC量は、
およそレモン10個分(1000mg)です。

厚生労働省の1日の奨励摂取量は
『100mg』
です。

ただし、この奨励量は、
ビタミンC不足で引き起こされる
壊血病の発症を防ぐぎりぎりの量です。
この病気は、体の各部位から出血して死にいたります。


■ビタミンC枯れ

ビタミンCが不足すると、
活性酸素が体のサビを増やし、
老化を進めます。


◆活性酸素

活性酸素はウィルス撃退などの働きをしてくれているのですが、
増えすぎるとDNAやタンパク質を傷つけて、
細胞の機能低下を招きます。


■ゲンキチャレンジャー3人

◆椙原さん・女性55歳:シミ、シワが悩み
◆井上さん・52歳男性:疲れやすい
◆高木さん・男性68歳:筋力低下


■椙原さん

椙原さんのお悩みはシミ、シワですが、
その原因は外出時に浴びる紫外線にあります。
外出すると、ビタミンCが1時間で約10%ほど減ります。


◆紫外線

紫外線を浴びると肌の中に活性酸素が発生します。
細胞にダメージを与えて
肌老化やシミなどの原因となります。


◆ビタミンCの効能時間

ビタミンCは摂取して肌に届くまでに約6時間ほどかかります。
たとえば、夕食でとったビタミンCが働くのは午前中で、
朝食にビタミンCを取らなければ
昼間のシミ対策にはなりません。

ビタミンCの理想的な摂取量は、
1日1000mgで、
朝昼晩にわけてとるのが効果的です。


■井上さん

井上さんのお悩みは疲れやすさです。
仕事はIT関連で、日常的にパソコン作業を行っています。
30分のパソコン作業で約10%のビタミンCが減りました。

ビタミンCは体の部位によってその含有量が違ってきます。
目はその中でも含有量が多いことから、
パソコン作業によって目を酷使することで活性酸素が発生し、
これをビタミンCが除去することになります。

ところが、目の活性酸素を除去しきれないと、
体全体に悪影響を及ぼし、
動きが鈍くなってしまいます。
体の細胞やDNAが傷つき、
疲労が回復しないばかりか、
疲れやすい体になってしまいます。


◆副腎

目以外にもビタミンCが多いのが、
ストレスホルモンを放出する副腎です。

ビタミンCが不足すると、
うまくストレスを解消できなくなって
イライラしてしまうこともあります。


■高木さん

高木さんのビタミンC量は他の2人に比べて、
かなり低い状態でした。
これは、加齢によってビタミンCを
腸から吸収する力が衰えているからです。

ただし、高齢者でもビタミンC濃度の高い人は
筋力が高いとされています。
つまり、ビタミンC不足が筋力低下を招き、
それが転倒しやすくさせ
寝たきりになるリスクを高めるとされています。


◆食生活

高木さんの場合は食生活も問題でした。
高木さんは甘い物が大好きで、
口がさびしくなるとチョコレートを食べると言います。
しかし、甘い物を食べると活性酸素が増えてしまいます。
そのほかに、
飲酒、タバコ、大食い、ストレス
なども活性酸素の発生を増やしてしまいます。




image133.gif


【効果的なビタミンC摂取法】

■ビタミンCの摂取法

ビタミンC不足が慢性的に起こると、
寿命が短くなるとされています。

ビタミンCは水溶性のために、
尿などによって排出されてしまいます。
ですから、
長期間体内に溜めておくことができませんので、
こまめに摂取することが重要です。


■ビタミンCの摂取率

ビタミンCはサプリで摂取してもOKです。
ただし、空腹時の平均摂取率が34%なのに比べて、
食後の平均摂取率は52%と高くなることから、
食事と一緒にとるのがお薦めです。


■ビタミンCの働き

◆抗酸化作用
◆免疫機能の活性化
◆コラーゲンの再生促進



◆抗酸化作用

さまざまな病気の原因となる活性酸素を
効率よく取り除くことができます。

活性酸素が原因とされる病気には
以下のような物があります。

がん、心筋梗塞、脳梗塞、肝炎、白内障、歯周病、
花粉症、糖尿病、アルツハイマー病
など


■ビタミンCの効果的摂取の調理法

◆レモン


レモンの切り方は、
通常横半分に切って、
その半分づつを十字に切るくし形ですが、
これでは十分に果汁をしぼることができません。

①横に半分に切ります
②1個をそのままの状態にして左右斜めに切ります
 要はX字に切ります

こうすると、
約2倍以上の果汁をしぼることができます。


◆枝豆

枝豆は茹でるよりも、
焼いて蒸すことでビタミンC摂取量が2倍もアップします。

ビタミンCは水に溶けやすいことから、
茹でることで半分近くが溶け出てしまいます。
ですが、焼けば溶け出るのを防ぐことができます。

①枝豆を塩もみします
②塩もみ枝前をフライパンで焦げ目がつくまで焼きます
 焼くことで甘みもアップします
③少量の水を加えて5分ほど蒸します
 お好みでオリーブオイルを香り付けにつけます


◆カリフラワー

一般的にはゆでたり炒めたりすることが多いと思いますが、
薄くスライスすることで生でも食べることができます。


◆新ジャガ

とれたての新ジャガはビタミンCが豊富で、
デンプンがビタミンCの溶けだしを防いでくれます。
ジャガイモを茹でる場合は、
皮つきのまま水から茹でることで、
ビタミンCの溶けだしを防いでくれます。


■ビタミンC完璧スープ

このスープだけで、
1食当たりビタミンC150mgを摂取できます。
作り方は以下の材料を煮込むだけです。

ジャガイモ
キャベツ
ピーマン
赤ピーマン
ブロッコリー
ダイストマト(缶)

野菜本来の味を楽しむために、
調味料はコンソメのみというシンプルなものです。

ポイントは、キャベツです。
キャベツは外側の葉が
一番ビタミンCを含んでいます
ので、
その葉も煮込んでください。


■お勧めのビタミンCが豊富な野菜・果物


●キウイフルーツ:140mg
●ブロッコリー:120mg
●レモン:100mg
●ニガウリ:76mg
●キャベツ:41mg
●ミニトマト:32mg

※100g当たりのビタミンC含有量です




正しく歩いて若返る!健康カプセル!ゲンキの時間5月20日TBS

無題.png




MCは三宅裕司さん、渡辺満里奈さん、
ゲンキステューデントは中村静香さん、
ゲンキリサーチャーはX-GUNの西尾さん、さがねさん、
解説してくれるのは、
東京都健康長寿医療センター
体育科学博士 金 憲経先生です。


image130.gif【正しく歩いて若返る!】

現在、
ウォーキング実践者は4000万人に上るとされています
ただし、間違った歩き方をしていると、
健康被害を引き起こすことがありますので、
要注意です。


■1日当たりの歩数と病気の関係

歩数  早歩き時間   予防できる病気

2000歩  0分     寝たきり
4000歩  5分     うつ病
5000歩  7.5分   認知症、脳卒中、心筋梗塞
7000歩  15分    ガン、骨粗しょう症、骨折
7500歩  17.5分  サルコペニア(やせすぎ)
8000歩  20分    高血圧、糖尿病、高コレステロール血症
9000歩  25分    高血圧値、高血糖
10000歩  30分    メタボ
12000歩  40分    肥満


■ゲンキチャレンジャー

●西尾さん・男性48歳
●柳舘さん・男性71歳
●中沢さん・女性67歳


◆歩行年齢

歩行年齢とは、
人の歩き方を科学的に分析し数値化したものです。
歩行年齢が若ければ、健康寿命が長く、
病気の予防になるとされています。


◆歩行年齢のチェック点

●歩幅
●歩隔(左右の足の間隔)
●歩行角度(踏み出したときの足の角度)

また、歩き方で将来起こりやすい5つのリスクを予測します。

歩幅の基準値:『身長ー100cm』
歩行角度の平均値:8度


●西尾さん

歩行年齢:62歳
将来リスク:寝たきり

西尾さんの場合は、歩幅が短く歩行角度が広がっていました。
原因は足の筋肉量の低下だと考えられます。

太ももの前側の筋肉である大腿四頭筋が衰えると、
体重を支えられなくなって歩幅が狭くなります。
また、歩行角度が広がるのは、
太ももの内側の筋肉である内転筋が衰えることで、
足先をまっすぐに保てなくなって足が外側をむくからです。


●中沢さん・女性67歳

歩行年齢:76歳
将来リスク:転びやすくなります

転倒しやすい原因は、西尾さんと同様に
歩幅が狭く方向角度が外側をむいているからです。


●柳舘さん・男性71歳

歩行年齢:72歳
将来リスク:ひざ痛に注意が必要

右脚だけ歩幅、歩隔が狭く、
そのために歩行のバランスが乱れ
ひざ痛になりやすくなっています。


■若返る歩き方

歩幅を10cmふやすようにして歩きます。
つま先でけりだし、かかとから着地し、
背筋を伸ばすことが自然とできるようになります。

しかも、大腿四頭筋、内転筋、前脛骨筋などの
筋トレにもなります。

この歩き方を実践したところ、
ゲンキチャレンジャー3人の歩行年齢は
以下のように改善されました。

●西尾さん:62歳 →51歳
●柳舘さん:72歳 →65歳
●中沢さん:76歳 →60歳


■歩行距離チェック法

①スリッパをはきます
②3歩ほど歩きます
③その場にスリッパを脱いで置きます

左右のスリッパのかかと部分の距離を測ります。
それが、あなたの歩行距離になります。

理想は『身長―100cm』です。

もし、狭かった場合は、
ほぼ握りこぶしの分(約10cm)の歩幅を
広げて歩くようにしてください。

立った状態で左右の足のかかとの間に握りこぶしを入れてみて、
約10cmの間隔を確かめておいてください。


■番組MCとゲンキチャレンジャーの歩行分析

◆中村さん


歩き方はとてもきれいなのだが、
身長に比べてかなり歩幅と歩隔がせまいのが問題点です。
そのため、将来ひざ痛の可能性があります。


◆渡辺さん

とてもバランスがとれているように見えるのですが、
左右のつま先の開き具合に少し差があることから、
将来尿漏れの危険性があります。

左右のバランスが悪いと骨盤底筋がゆるみ、
尿漏れにつながる危険性があるからです。


◆三宅さん

三宅さんの歩き方は右足が外側に開いています。
それによって、歩くときに膝と腰に負担がかかっていますので、
将来のダメージにつながるリスクがあります。




image133.gif


【予防筋トレ】

将来の健康寿命を延ばすためには、
正しい歩き方も大事ですが、
それと同時に筋トレもお勧めのメニューとなります。

以下のトレーニングは椅子に軽く腰かけて行います。

■膝痛予防トレーニング

≪足上げ・ひざ伸ばし≫

①片足を両手で持ち上げます
 このとき、ふとももに力が入っていることを確認します
②ひざを伸ばして足首を手前に引きます
左右5~10回、1日2~3セット行います。


■尿漏れ予防トレーニング

≪ひざ上げ・もも寄せ≫

①片足をやや高く持ち上げます
バランスを崩さないように両手で座面を握ります
②足をクロスさせるように反対側の足のひざ上を越えた状態にします
③上げた足を戻します
左右5~10回、1日2~3セット行います。


■転倒予防トレーニング

≪つま先上げ下げ≫

①足を肩幅に広げて地面につけます
②かかとを軸にしてつま先を上げて下ろしを繰り返します
かかとを上げた時に止めると、
脛の筋肉に負荷がかかってより効果的です
左右5~10回、1日2~3セット行います。


≪かかと上げ下げ≫

①椅子の背を両手でつかみ、両足を揃えて立ちます
②かかとを上げたまま静止します
③足を下ろします
左右5~10回、1日2~3セット行います。


■病気予防改善別ウォーキング法

◆高血圧予防・改善ウォーキング法


歩き始めはゆっくりと、
会話ができ息が上がらない程度のスピードにします。

景色や会話を楽しみながら歩くことで、
リラックス効果もあり血圧の安定につながります。


◆糖尿病予防・改善ウォーキング法

血糖値が上がる食後1~2時間以内に歩くことです。
歩数計をつけて歩数を増やし、
歩幅を広げて歩くようにしてください。