背骨の歪みを整えて体の不調を改善しようSP 9月17日名医のTHE太鼓判TBS

名医の太鼓判.png




MCは渡部建さん、山瀬まみさん、
ゲストは蛭子能収さん、岡田沙佳さん、
野村真美さん、前田吟さん、
解説してくれるのは、
赤石定典先生、栗原隆先生、大竹真一郎先生、
丸田佳奈先生、森田豊先生です。


image130.gif【背骨の歪みを整えて体の不調を改善しようSP】

■背骨の歪みチェック法

①壁にかかと、お尻、肩、頭をくっつけます
②体の力を抜いた状態でゆっくりと片足を上げます
③そのまま5秒間キープします

左右両方の足で片足立ちをして、
どちらかの足を上げたときに、
バランスを崩した(横に倒れ込んだ)人は
背骨が歪んでいる可能性があります。

背骨はバランスが崩れた(倒れ込んだ)
ほうに歪んでいる可能性があります。
たとえば、左側に倒れた場合は、
背骨が左側に歪んでいると考えられます。



■背骨の歪みの原因

①悪い姿勢
②筋肉の衰え
③骨粗しょう症



◆骨粗しょう症

骨粗しょう症を発症すると、
わずかな転倒でも骨折してしまうことがあります。
日本人の1300万人が
骨粗しょう症の可能性があるとされています。

骨粗しょう症は女性に多く、
その理由は閉経によって女性ホルモンが減少することに
大きく関わっています。


◆いつの間にか骨折

いつの間にか骨折というのは、
転倒などがなく、
自覚症状のないまま骨が折れてしまう症状です。

60歳以上の背中が曲がっている女性の60%以上に
骨折が見つかっているとされています。


◆骨折連鎖

背中が曲がったままで戻らなくなる骨折があります。
それが骨折連鎖です。
背骨の中のひとつの骨が折れると、
それに続いて次々と骨が折れていくというものです。



◆カルシウム

骨粗しょう症の一番の原因は、
カルシウム不足です。

カルシウムの吸収率は年齢によって異なり、
加齢にともなって減っていき、
40代では10代の半分に落ちてしまいます。


◆カルシウムの吸収率をアップさせる食材①

『梅』

梅には大量のクエン酸が含まれていて、
カルシウムの吸収量をアップさせてくれます。

牛乳に含まれるカルシウムは約40%しか吸収されません。
野菜ではさらに低下します。
しかし、梅干しと一緒に食べると、
カルシウム吸収率をアップさせることができます。



◆カルシウムの吸収率をアップさせる食材②

『シラス』

シラスは牛乳の2倍のカルシウムを含んでいます。
シラスと梅干しの組み合わせは、
カルシウムの吸収率を1.5倍にアップさせます。

シラスにはカルシウムの吸収率をアップさせる
ビタミンDも多く含まれています。


■カルシウムお勧めレシピ

『梅とシラスの出汁茶漬け』

①ごはんに大葉の刻んだものをのせます
②梅干しを種をとり、細かく刻み『①』に乗せます
③『②』にシラスをのせ、
 熱い出汁をかければできあがりです


『梅干しとマヨネーズ』

練り梅1:マヨネーズ2の割合でまぜるだけです。

マヨネーズの原料の卵にはビタミンD
が多く含まれていますので、
カルシウムの吸収率をアップさせることができます。

カルシウムを豊富に含む食材につけて食べると、
さらにカルシウムの吸収率をアップさせることができます。


■はいはい体操

1日5分、赤ちゃんの真似をするだけで、
背骨の歪みを改善できます。


①四つん這いになります
②赤ちゃんのようにはいはいをします
このとき、
背骨の歪みの反対側に回ります
たとえば、左に背骨が歪んでいる人は、
右回りにはいはいをします

はいはいをするときは、
最初は大きな円から回り始めて
徐々にその円を小さくしていきます。
こうすることで、
背中を支える筋肉が伸び、
可動域が広がります。

この体操を1週間続けたところ、
ゲストの蛭子さんと岡田さんの背骨や胸骨の歪みが改善されました。

そのほかの4人の一般モニターの歪みも改善されました。




血糖24時!最強の食事術 9月3日名医のTHE太鼓判TBS

名医の太鼓判.png




MCは渡部建さん、山瀬まみさん、
ゲストは今陽子さん、立川志らくさん、中条きよしさん、
丸山桂里奈さん、芳村真理さん、
解説してくれるのは、
赤石定典先生、池谷敏郎先生、大竹真一郎先生、
大谷義夫先生、平田雅人先生、丸田佳奈先生、
森田豊先生です。


image130.gif【血糖24時、最強の食事術!】

■マイタケ

現在、血糖値コントロールで注目を集めているのが、
食後の短時間だけ血糖値が急激に上昇する血糖値スパイクです。
血糖値スパイクがあると、
やがて糖尿病になることはもちろん、
さまざまな病気の引き金になるとされています。


そんな血糖値スパイクを予防する最強の食材が、
『マイタケ』
です。


他のきのこ類は調理をすることで
栄養価を損ねてしまうことがありますが、
マイタケの栄養素である
ビタミンDや食物繊維は熱に強く、
調理しても壊れにくいという特徴があります。

そんなマイタケには、
血糖値スパイクを抑制する2つの効果があります。

一つは、マイタケに含まれる食物繊維βグルカンが、
糖の吸収をゆるやかにして、
食後の糖の急上昇を防ぎます。

もう一つ、炭水化物の分解を抑える働きがあります。
これは、
炭水化物を分解してブドウ糖にする酵素の作用を抑え、
体外に排出する働きがあるからです。



■実験

ゲストの中条きよしさんのある日の昼食はとんかつ定食でした。
トンカツは衣に使われるパン粉が血糖値を上げます。
また、トンカツソースには
砂糖やブドウ糖、果糖が多く含まれています。


さらに、夜は鉄板焼きで250gのステーキを平らげました。
昼・夜食後は、はやり血糖値が急上昇する
血糖値スパイク状態でした。


そこで中条さんに、
食前に約50gのマイタケを食べてもらい、
少し時間を置いて、
牛肉のサーロイン定食を食べてもらいました。


◆結果

中条さんの食前の血糖血は『95』でした。

サーロインを食べた昼食後の血糖値は『81』と、
血糖値スパイクは起きませんでした。
さらに、
イカ天も食べたて測定した数値は『85』でした。

メインの食事の30分前にマイタケを食べると、
血糖値スパイクを抑えることができます。
ところが、食事中に食べるとその時には、
血糖値スパイク抑制効果はみられませんでした。

マイタケは食前に食べると効果を発揮するのですが、
それと同様に、次の食事の血糖値上昇も抑えてくれます。
要するに、朝食にマイタケを食べると、
昼食の血糖値スパイクを抑えることができるのです。



■食べ方

マイタケは焼いても、炒めても、味噌汁に入れも、
炊き込みご飯にしても美味しく食べられます。
調理しても栄養価が変化しないので、
調理法も気にしなくて大丈夫です。





スタンフォード式疲労回復術 主治医が見つかる診療所 8月30日テレビ東京 主治医が見つかる診療所 8月30日テレビ東京

pic_15.png




MCは草野仁さん、東野幸治さん、
アシスタントは森本智子さん、
ゲストは矢代亜紀さん、
立川志らくさん、ドン小西さん、さとう玉緒さん、
遼河はるひ、フットボールアワーズの岩尾さんです。


image130.gif【スタンフォード式疲労回復術】

■腹圧呼吸法

①イスに浅く腰かけ、背筋を伸ばして
 背中、お尻、ヒザが90度になるように座ります
②両手をひっくり返して甲を太ももに乗せ、
 指先で足の付け根を軽く押すように置きます
③指が前に動くように
 お腹を膨らませ鼻からゆっくりと息を吸います
④お腹を膨らませたまま口からゆっくりと息を吐きます

息を吸うときも吐くときもお腹の圧をキープします。
1日に2分間行います

体の歪みを正すことで、疲労を回復させます。
疲れの主な原因のひとつが体の歪みです。
体に歪みがあると不自然さをカバーしようとして、
負担がかかり疲労が蓄積しています。
この呼吸法を続けることで、
インナーマッスルが鍛えられて体の軸が安定していきます。
その結果、
自然と正い姿勢になって体の負担が減っていきます。


■ゆらゆら立ち

①足を肩幅の広さに広げて立ちます
②重心を交互に動かすように、
 腰骨を中心にして左右に揺らせます
 ゆっくりと腰を左右に動かしながら、
 重心を右・左へと移すような要領です

重心のバランスが整うことで疲れにくくなります。
普段から、立っているときに、
できるだけ腰を左右に動かすようにしてください。


■肩甲骨ぐるぐる

肩コリ解消法です

①両手の指先を肩の上に軽く乗せます
②指が肩から離れないようにして
 腕を前から後ろへと大きく回します
(後ろ回しです)
 できるだけ胸を前に出すようにして、
 肘は遠くに回すようにします
 1日10回ほど行います


■靴トントン 

下半身の疲れをとります


①イスに浅く腰かけ、背筋を伸ばして
 背中、お尻、ヒザが90度になるように座ります
②つま先を床に着けるけたまま、
 ゆっくりとかかとを上げ下げします
③かかとを床に着けたまま、
 つま先をゆっくりと上げ下げします
『②』『③』ともに15秒間行います


■スーパー回復法

①浴槽に約38度のお湯をはります
 シャワーからは水が出るようにしておきます
②水シャワーを1分間浴びます
③お湯に30秒つかり、
 30秒水シャワーを浴びるを5セット行います
 最後の水シャワーは1分間行います

体を温め・冷やすことで、
血管が収縮・拡張を繰り返され血行が良くなります。
血行が良くなると、
疲れた筋肉に多くの栄養素が運ばれることから、
早期の疲労回復につながります。

入浴は汗をたくさんかくために、
入浴前には必ずコップ1杯の水を飲んでください。
また、お風呂上がりにも水分補給をしてください。

※高齢者や循環器の病気のある人は、
 控えた方がいいとの意見もあります


■プチ水シャワー

南雲先生お勧めの疲労回復シャワー法です

お湯からあがったところで、
ひじから先と膝から先に
水のシャワーを5~10秒かけます。
血行が良くなって疲労回復が期待できます。





水の正しい飲み方・健康的な水分補給の方法! 林修の今でしょ!講座8月21日テレビ朝日

27031299_220x164.jpg






image130.gif【水の正しい飲み方・健康的な水分補給の方法!】

人の脳の75%、筋肉の75%、心臓の80%を
水分が占めています。
水分が不足すると、
このような臓器のすべてが機能低下を起こしていきます。
たとえば、脳が脱水状態になると、
記憶力や判断力の低下を招くこともあります。
ですから、
“水を制する者は健康を制する”
です。


■正しい水の飲み方

人間が水を一滴も飲まずに生存できる期間は三日間とされています。
水分不足の状態が続くと、体にいらないのものが身体の中にたまり、
老廃物を排出できない状態になってしまいます。
このような症状を尿毒症といい、
死に至ることもあります。


■水分不足による体の不調

水分不足によって引き起こされる主な症状は次のようなものです。

●肌のしわ
●記憶力低下
●便秘
●肥満
●つまずき


また、しっかり水分を取らないことで脱水の状態が続くと、
血液がドロドロになり心筋梗塞や脳梗塞などの
病気が引き起こすことがあります。
夏は汗で水分が失われやすいですので、
水分補給には十分注意してください。


image133.gif


■1日に必要な水分量は

体重50kg の人が1日に必要な水分量は、
約ペットボトル3本分1.5ℓ。
『自分の体重×30mℓ=1日に最低限必要な水分量』

体重が70kg であれば、2100mℓとなります。
この他に、食事からも水分を取ることが必要です。


■水を飲みすぎることによって起こる水中毒

水を飲みすぎることも体調を崩す原因になります。
体内には必要な塩分やミネラルがありますが、
水を必要以上にとりすぎてしまうと、
塩分が薄まってしまう低ナトリウム血症という
症状が起きてしまいます。
この状態を水中毒といい、
軽い症状であれば頭痛や疲労感を覚えますが、
重くなると吐き気や痙攣・呼吸困難などが出てきます。
水を飲むことはもちろん大切なことですが飲み過ぎには注意が必要です。


■朝起きた時に飲む医学的に正しい水分摂取量

朝起きた時に飲む医学的に正しい水分摂取量とは、
夜寝ている間に失われた水分を補給するのに必要な量のことです。
平均的には、
寝ている間に約500mℓ程度の水分が失われているそうです。
朝起きた時に飲んだ方がいい水分量は約200mℓ程度です。
個人差はあるようですが、
人間が一度に吸収できる水分量は200mℓ・コップ一杯程度です。
その後1時間から2時間程度開けてこまめに水分をとることが重要です。
そしてゆっくりと噛むように意識して飲むのが良いとされています。


image133.gif


■人間の体内から水分が失われる原因

人間の体内から水分が失われる原因は、
汗や尿・便・呼吸などで、
1日に排出する水分量は約2.6ℓです。
呼吸だけでも約400mℓの水分が放出されていますので、
適度な水分補給が重要です。


■ミネラルウォーターの軟水と硬水の違い

ミネラルウォーターの軟水と硬水の違いは、
カルシウムなどのミネラルの含有量の違いです。

カルシウムやマグネシウムが少ないのが軟水で、
国産のミネラルウォーターに多く日本の水道水に多いものです。
硬水はカルシウム・マグネシウムが多く、
海外のミネラルウォーターに多い傾向があります。

実は体調に合わせて硬水・軟水の飲み分けをした方が良いとされています。
軟水と硬水を上手に飲み分けることによって、
夏太りや熱中症を解消する手助けになることもあります。
夏太り対策に良い水は硬水です。
硬水に豊富に含まれているカルシウムやマグネシウムが、
腸を刺激するので、食事の消化吸収や便通が良くなります。

そのため、飲むタイミングは食べる前か食べながら飲むのかお勧めです。


■健康長寿が飲むすごい硬水

マグネシウムやカルシウムなどが多く含まれている
三重県にある奥伊勢香肌峡の硬水です。
厚生労働省の調査で、三重県は肥満が最も少ない県とされていて、
この硬水が肥満予防に関係がある可能性も考えられます。
この他にも
『新潟県糸魚川市の硬水』
『鹿児島県の伊仙町の硬水』

がお勧め硬水として紹介されました。


image133.gif


■熱中症対策に良い水は軟水か硬水か?

熱中症対策に良い水は軟水です。
硬水はミネラルが多い反面、
水の吸収を妨げてしまうことがあります。
水が欲しいという時では軟水のほうがお薦めです。

●熱中症対策

腸に吸収されやすく水分補給に適しているのは軟水


●夏太り対策
ミネラルが豊富に含まれている硬水


■水道水とミネラルウォーターの違い

水道水とミネラルウォーターの違いは、
塩素が使われているか使われていないかということです。

水道水は安全基準がとても高いため、
殺菌用除菌のために塩素などが使われています。
ミラルウォーターは、
濾過・沈殿・加熱殺菌などを用いて安全性を保っているものです。
ミネラルの含有量などを考えると、
ミネラルウォーターの方が健康に良いですが、
水道水は安価でどこでも飲める安全な水として、
うまく使い分けることをお薦めします。


■炭酸水のメリット

炭酸水のメリットは、
胃腸の働きを活発にして消化吸収を良くする点です。

炭酸水に含まれている二酸化炭素が、
胃の血流の流れを良くしてくれます。
胃を刺激しますので、胃の調子が悪い時には、
強炭酸は控えることをお薦めします。


image133.gif


■水分補給をするときの水の温度

水分補給をする時には適した温度があります。
夏場は、白湯より冷水がお薦めです。
5°~15°ぐらいが理想的です。
暖かい水に比べて冷たい水は胃腸を刺激することから、
胃腸がより活発に動き吸収率がアップします。
横浜国立大学の研究によると、
『水温10°の水分補給が脱水症状を起こしにくくする』
という報告があります。
体が熱いと感じている時の水分補給は冷水で補給するのが理想的です。
ただし、秋や冬などの気温が低い時季には、
体が冷えすぎないように白湯を飲むのがお勧めです。


■緑茶と水、水分補給により良いのは

水分補給という点からみると水がお薦めです。
緑茶にはカフェインが含まれていて利尿作用があるため、
水分補給という点では不向きです。

ほうじ茶と紅茶では、
水分補給と言う点でカフェインの少ないほうじ茶、
さらに麦茶などのほうがお勧めです。


コーヒーや紅茶などにはカフェインが含まれているため、
水分補給という意味では適さない場合もあります。
お酒は一時的な水分補給にはなりますが、
アルコールを分解するのに体内の水分が必要になるため、
利尿作用があり水分がどんどん出て行ってしまいます。
ビールは利用作用が高く、
1飲んだら1.1出て行くという要領で、
水分補給を考えることが必要です。



■年をとると体の水分量が少なくなる原因

年をとると水分量が少なくなる原因の一つは筋肉量の減少です。

筋肉にはたっぷりと水分が含まれているため、
筋肉が減ると体内の水分も減ることになります。
年を取るから体の水分量が減るという考えもありますが、
水分が減ることで歳をとっていくというふうにも捉えることができます。
適度な運動をすることで筋肉量を保ち、
同時に水分摂取もしていくというのが重要です。


image133.gif


■年齢による体内の水分量

年齢によって体内の水分量は変わってきます。
子供は約70%、
赤ちゃんは約80%、
大人は約60%、
高齢者は約50%

とされています。
実は、水分量が多い子供の方が脱水症状になりやすくなります。
汗を出す汗腺は大人も子供も同数であることから、
汗をかく量は大人よりも子供の方が多くなるからです。


■室内で過ごすときに気をつけたい隠れ脱水


室内で過ごすときに注意したいのが、
知らない間に水分が失われている隠れ脱水です。
クーラーが効いた室内で掃除をしたり動いていると、
知らない間に汗をかいていることがあり、
そんな時に注意が必要です。
隠れ脱水のチェックポイントとしては、
尿の色が濃い時は要注意です。

水分が不足すると、
血液中の赤血球やビタミンの色素が濃縮されて尿の色が濃くなります。
涼しい部屋で過ごしていても隠れ脱水の危険性があるため、
尿の色が濃くなったら水分補給をしてください。


■血管に負担をかけない水分補給のタイミング

入浴の前後で、
血管に負担をかけない水分補給のタイミングは、
入浴前です。
入浴中の水分不足を補うために入浴前に水分をしっかりとることが大切です。
血液中の水分量が少なくなると、
血液がドロドロになるだけでなく、
血管に負担がかかって色んな症状に結びつくことがあります。


image133.gif


■就寝前の水分補給で医学的に正しいのは

『就寝30分前』
です。
少し余裕をもって水分を取った後、
全身に水分を行き渡らせてから寝ることが大切です。

寝ている間は腎臓の働きも落ちて、
水分を尿にする働きが弱まります。


■血管に負担をかけない炭酸風呂

血管に負担をかけないお風呂の入り方としてお薦めなのが、
『炭酸風呂』
です。
炭酸に含まれる二酸化炭素が体内に吸収されると、
血管を広げて血流を促進させます。
体が温まりやすくなり、血液の流れも良くなります。

市販の炭酸入浴剤を用いるのも良いのですが、
家にあるもので簡単に炭酸風呂を作ることができます。


●炭酸風呂の作り方
『重曹大さじ3 + クエン酸大さじ2 + 塩大さじ1』
を浴槽に入れるだけです。