若返りから糖尿病対策まで!スパイスの健康効果 健康カプセル!ゲンキの時間6月24日TBS

無題.png




MCは三宅裕司さん、渡辺満里奈さん、
ゲンキステューデントは滝裕可里さん、
ゲンキリサーチャーはレッド吉田さん、
解説してくれるのは、
食品医学研究所所長 医学博士 平柳 要先生です。


image130.gif【若返りから糖尿病対策まで!スパイスの健康効果】

スパイスとは、
肉や魚の臭みを消したり、
香りや色、辛みを足す植物由来の食材の総称です。

数々の健康効果がありますが、
大量に摂ると、
刺激が強すぎて体調を崩してしまうことがあります。


■ゲンキチャレンジャーでの検証

2人のゲンキチャレンジャーで血管の若返り検証を行いました。
2人の血管年齢は以下の通りです。

◆小林さん・女性53歳:68歳
◆田中さん・男性57歳:65歳

2人に血管年齢を若返らせる3種類のスパイスを、
1日合わせて1.5gを1週間摂ってもらいました。


◆3種類のスパイス

●ターメリック(ウコン)

動脈硬化の予防に加え肝臓や神経の保護が期待できます。


●コリアンダー(パクチー)
末梢血管の拡張、
高血糖の改善作用が期待できます。


●シナモン
胃腸の機能を高める働きから、
ターメリックとシナモンの吸収を助けます。



●配合の割合

ターメリック:コリアンダー:シナモン
  1   :   1  : 0.8


◆結果

●小林さん:68歳 → 57歳 
●田中さん:65歳 → 57歳


image133.gif


【上手なスパイスの使い方】

■残りがちなスパイス

家庭で残りがちなスパイスのベスト3は
『粉山椒』『クミン』『コリアンダー』
です。


◆粉山椒

効能:解毒作用、冷え性改善、胃腸機能向上

お勧めレシピは
『山椒マヨネーズ』
です。

●材料
マヨネーズ 大さじ2
粉山椒 小さじ1/4
醤油 小さじ1

上記の材料を混ぜ合わすだけです。

おすすめメニューは『トースト』です。
山椒マヨネーズをぬってからトーストします。

肉や魚との相性もよいことから、
山椒の量を調節することで
幅広い料理に用いることができます。


◆ナツメグ

効能:疲労回復、血行促進、鎮痛作用

おすすめメニューは
『鶏肉と野菜のクリーム煮』
です。

乳製品との組み合わせがよいことから、
牛乳のミルク臭みをとってくれます。

お鍋1杯に対して小さじ1/4~1/2程度を
火を止めてから入れます。


◆クミン

効能:消化促進、脂肪燃焼、抗がん作用

お勧めなのは
『ライスサラダ』
です。


●材料
夏野菜(トマト、キュウリなど):適量
ご飯:300g
オイル漬けのツナ缶詰:1缶
醤油:小さじ1
マスタード:大さじ1/2
すし酢:多さじ2
クミン:小さじ1/2

上記の材料を混ぜ合わせるだけです。
クミンパウダーは2人分のご飯に対して
小さじ1/4~1/2をお好みで使用します。


■注意点

◆妊婦さん


ナツメグ、シナモン、ターメリックなどは、
妊娠中の体調に影響を及ぼすことがありますので、
摂取量には注意が必要です。


◆摂りすぎ

スパイスは刺激が強いために、
摂りすぎると胃腸障害による
下痢などを引き起こすことがあります。
1日1.5gを3回くらいに分けて摂るようにします。


■七味唐辛子

●唐辛子、焼き唐辛子

脂肪燃焼、発汗、血行促進


●陳皮
血行促進、鎮咳(咳を鎮める)


●黒ゴマ
肝機能、腎機能の向上


●粉山椒
胃粘膜の強化、整腸作用、冷え性改善


●麻の実
貧血予防、美肌効果


●ケシの実

悪玉コレステロール低下、疲労回復


◆おすすめ+スパイス

七味唐辛子にショウガパウダーを加えると、
八味唐辛子になります。
高血糖の人や脂質異常の人には、
お勧めで、糖尿病予防になります。

分量の目安は
七味唐辛子 : ショウガパウダー = 1 : 0.5

また、コーンポタージュスープに入れても、
美味しく召し上がれます。




梅雨便秘に要注意!タイプ別便秘解消法! 世界一受けたい授業6月16日日本テレビ





MCは堺正章さん、上田晋也さん、
解説してくれるのは、
松生クリニック院長 松生 恒夫先生です。


image130.gif【梅雨便秘に要注意!タイプ別便秘解消法!】

便秘を3つにタイプ別して改善法を紹介します。

【タイプ1:若い女性】

原因はダイエットです。
食べる量が少ないことによって、
食物繊維の摂取量が少ないためです。

この他にも、
体のむくみを気にした水分不足が原因していることがあります。
この場合は、朝コップ1杯の水を飲むことで、
大腸の刺激になって便通が良くなります。


■食事改善法

カロリーを気にせずに食物繊維の多いオススメの食べ物は、
『シラタキ』
です。
シラタキの90%は水分ですので、
水分を補いつつカロリー制限して
食物繊維を豊富に摂取することができます。

また、シラタキ自体には味がありませんので、
どんな料理にもよくあいます。

美味しく食べられるメニューとして、
『シラタキのスパゲティー』
がお薦めです。
また、味噌汁に入れても美味しく食べられます。


■改善エクササイズ

一般的に、人は1日に1.5ℓのおならをします。
ですが、便秘の人はそれが出せずに
腹痛、体臭、肌荒れとなって悪影響を受けています。
そこで、お薦めなのが『腸もみガス抜きマッサージ』です。

①右を下にして横になります
②右肘を立てて頭を持ち上げる格好になります
③左の手のひらをおへその下あたりにあてます
④大腸にそうようにして右下から時計回りにマッサージします

これでガス抜きがしやすくなります。


image133.gif


【タイプ2:若い男性】

原因は朝食抜きと過度のストレスです。
過度のストレスのせいで腸の動きが過敏になって、
便秘と下痢を繰り返すようになります。
これがストレス性の便秘です。


■食事改善法

一番よい改善法は、少しでもよいから朝食を食べることです。
人が物を食べると腸を動かす運動が始まります。
これが便意になります。
そして、一番便意が強いのが朝食の後です。
朝食を食べないと、
最大級の便意を逃すことになります。

おすすめなのは、冷えたおにぎりです。
冷えたご飯にはレジスタントスターチが多く含まれています。
レジスタントスターチは小腸では消化されず大腸に届くデンプンで、
食物繊維と同じような働きをすることから整腸作用もあります。


■改善エクササイズ

お勧めの運動は『腰ひねり』です。
椅子に座ったまま、
腰を左右に10回ひねるだけです。
このとき、両腕を胸の前に持ってきて、
それを左右に振るとやりやすくなります。
往復を1回として10回行うようにします。


image133.gif


【タイプ3:高齢者の便秘】

高齢者の便秘の主な原因は筋力の低下です。


■食事改善法

お勧めなのは、『キウイ』です。
キウイには水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方の割合が、
最も便がでやすくなる黄金比率である、
『水溶性食物繊維:不溶性食物繊維=1:2』
で含まれています。
このキウイにオリーブオイルを加えると、
さらに便秘改善が期待できます。


■改善エクササイズ

排泄力が衰えている高齢者には、
大腸の動きが活発になる『お尻歩』きがお薦めです。、
お尻歩きとは、
床に両足を伸ばして座り、
この状態で手を振って少しづつ前進していくというものです。

麻木久仁子さんが
●キウイ+オリープオイル
●お尻歩き

を実践したところ、
1週間で便秘が改善しました。


■注意点

便秘の方の中には、薬で出せばよいと考えている人もいますが、
下剤使用には注意が必要です。
下剤を長期服用し続けると、
大腸の動きが弱くなって、
逆に便秘が悪化することがあります。

ですから、使用上の注意をよく読んで飲んでください。




翌日を元気に過ごす快眠術! サタデープラス6月16日TBS

imagesYN0VKF8V.jpg




MCは丸山隆平さん、小堺一機さん、小島瑠璃子さん、
ゲストは田中美佐子さん、竹井壮さん、岡田圭右さん、
解説してくれるのは、
池袋大谷クリニック院長
医学博士 大谷 義夫先生です。


image130.gif【翌日を元気に過ごす快眠術】

サッカーワールドカップロシア大会が始まりましたが、
それにともなう悩みが寝不足です。
そこで、Wカップのサッカー観戦の疲れを翌日に
もちこさないための快眠術をご紹介します。


■ポイント①

今の時期、Wカップ観戦のためにどうしても深夜まで起きて、
睡眠時間が不足しがちになります。
そこで、睡眠の質を上げるコツをご紹介します。


≪キックオフ30分前にお風呂に入る≫

サッカー観戦の30分前にお風呂に入って
39~40度程度のぬるま湯に15分間につかる
ことで、
深部体温を上げることができます。
そして、観戦が終わってお布団に入るころには、
深部体温が下がり出して、
寝付きやすくなります。


注意してほしいのは、
熱いお湯に入ると交感神経が優位になって
興奮状態を招くことになって寝付きにくくなってしまいます。



■ポイント②

観戦後はどうしても興奮気味になりますので、
興奮を鎮めるおすすめの快眠術があります。


≪1分で眠くなるハーバード式呼吸法≫

①4秒間息を吸います
②7秒間息を止めます
③8秒間でゆっくりと息を吐きます
上記を4回行います

ポイントは吐く時間を吸う時間の2倍にすることです。
これを4回行うことで、
副交感神経が優位になって
リラックスして寝付きやすくなります。

はやければ、1分で寝つけるそうです。
また、これは基本的に心身をリラックスさせる方法ですので、
昼間の仕事や学校のテスト前などで、
緊張するときに行うことで、
リラックスして普段の実力をだすことができます。





がんにならないためのカンタン習慣 主治医が見つかる診療所 6月7日テレビ東京

pic_15.png




MCは草野仁さん、東野幸治さん、
アシスタントは森本智子さん、
ゲストは川崎麻世さん、柴田理恵さん、高橋真麻さん、
解説してくれるゲスト医師は船戸崇史先生(消化器外科)です。


image130.gif【がんにならないためのカンタン習慣】

高齢化の進行とともに、
今や2人に1人ががんになる時代で、
がんは決して他人事ではありません。

がん治療として新薬の開発が進んでいますが、
現在注目されているのが、
『分子標的薬』
です。
この薬は、がん組織の原因遺伝子を解析し、
その原因遺伝子を標的とした治療薬です。
いわば、薬のオーダーメイドです。

また、この薬は抗がん剤の一種でもあり、
従来の抗がん剤の2倍以上の確率で
がんを小さくすることが可能です。



■がんは生活習慣病

遺伝によるがん発生の確率はおよそ5%とされています。
つまり、がんはほとんどが後発要因である
生活習慣によって発生している、
生活習慣病ということです。

通常、1日に5000~7000個のがん細胞が発生していますが、
免疫力がこれらのがん細胞を撃退しています。
ですが、悪い生活習慣は、
がん細胞撃退を妨げて、
がん細胞を大きくしてしまうことになります。


■船戸崇史先生のケース

船戸クリニック院長・船戸崇史先生は
10年前の48歳のときに腎臓がんになりました。
腎臓がんは発見しにくいがんとされていて、
船戸先生の場合も気が付いたときには、
切除ができない6cmという大きさだったため、
左の腎臓をすべて摘出しました。

船戸先生は、仕事過多、ストレス過多、睡眠不足、
運動不足の生活が原因だったと考えています。


■がんにならない生活

船戸先生は、自身ががんになった経験から、
逆にがんにならない生活を考えだしました。
それが、以下の5つの生活習慣です。

①毎朝野菜スープを食べる
 
野菜や海藻類はがんを抑える力があります。


②夏でもくるぶしが隠れる靴下をはく

 体を温めるとがんを抑える効果がアップします。
 足首は表面近くに太い血管が通っているため、
 ここが冷えると体も冷えるため、
 足首を温めています。


③チベット体操

 五体投地という体をうつぶせにたおして起き上がるというもので、
 船戸先生は毎日108回行っています。
 通常はこのような体操ではなく、手軽にできる運動でOKです。
 要は代謝を上げて体を温め、
 免役力を高める体作りを目指すということです。


④ひとりカラオケ

カラオケで1時間しっかり歌えば、
体が暖かくなって免疫力が活性化してがん予防に効果があります。

人と一緒だと、
うまく歌わなければならないという思いがストレスとなるため、
ひとりのほうが自分を解放できてお勧めです。

また、家に帰ればよく笑うようにしています。
笑うことでNK細胞という免疫細胞が活性化するために、
免疫力をアップさせてがん予防に効果を発揮します。


⑤十分な睡眠時間

最低6時間は寝るように努めています。
細胞の修復は寝ているときに行われます。
ですから、睡眠不足になると、
がん細胞を修復できなくなってしまうリスクが高まります。
また、免疫細胞のNK細胞は寝ているときにチャージされますので、
免疫力アップのためにも十分な睡眠時間の確保が重要です。