たった1週間で快便生活! 健康カプセル!ゲンキの時間7月14日TBS





MCは西尾由佳里さん、筧利夫さん、
ゲンキステューデントは谷まりあさん、
ゲンキリサーチャーはたんぽぽの白鳥久美子さん、
解説してくれるのは、
松生クリニック院長 医学博士 松生恒夫先生です。


image130.gif【たった1週間べ快便生活!】


■便秘

人は加齢とともに便秘になりやすくなります。
それが、
『糖尿病』『うつ病』『大腸がん』『頭痛』『肩こり』
のリスクを高めることにもなります。

つまり、便秘は万病の元ということです。
また、毎日のお通じがあっても『おなかが張る』『おなかが痛い』
という症状があると便秘をみなされます。



■元気チャレンジャー

◆小湊俊幸さん・男性52歳

便秘歴5年
2、3日の1度のお通じ
おなかに張りがあって、
体臭にも悩んでいる


◆吉成桂太さん・男性58歳

便秘歴5年
1週間に1度のお通じ
便が硬くて出にくいため、
肛門が痛む


◆山崎のあさん・女性41歳

便秘歴20年:出ないときは1週間~2週間
吹き出物に悩む
おなかが張って苦しい
体が重く疲れやすい


◆おなかの張り

便秘になると肛門近くのS状結腸という部位に便がたまり、
ふたをした状態になることで、
腸の中にガスがたまりやすくなります。

その結果、ガスが腸を圧迫するようになって、
おなかが張ると感じるようになります。


◆逆流性食道炎

たまったガスが胃を圧迫するようなことがあると、
胃液や食べたものが食道に逆流し、
食道の粘膜をただれさせる
逆流性食道炎の原因となることがあります。
症状として、胃のむかむかを感じることがあります。


■便秘の原因

◆夏は便秘に注意

夏になると汗をかきやすくなり、
そのせいで腸にいく水分がへることで、
便が硬くなり便秘になりやすくなります。



◆朝食抜き

朝は排便を促す腸の蠕動運動が一番活発になるときで、
朝食を抜くと、この蠕動運動が起きにくくなり、
便秘の原因となります。



◆食物繊維不足

便のかさを増やしたり
腸内環境を良好に整える食物繊維が不足すると、
腸機能の低下など腸内環境の悪化などを招いて
便秘になりやすくなります。



◆食物繊維の摂取法

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があります。
不溶性食物繊維は便のかさを増やして、
排便を促す効果がありますが、
不溶性食物繊維ばかりを取りすぎると、
逆に便が硬くなって便秘の原因となることがあります。


一方、水溶性食物繊維は水に溶けることから、
便を柔らかくし滑りをよくして排便を促しやすくしますので、
水溶性食物繊維をとることが便秘改善のカギとなります。


◆女性ホルモン

便秘は女性に多いとされていますが、
それは女性ホルモンと関係があるとされています。
女性ホルモンの一種である黄体ホルモンは、
腸の活動を抑制しやすく、
便が硬くなったり排便をしにくくさせることがあります。


また、女性の場合は冷えが便秘の原因となっていることがあります。
夏場に冷房による温度差で冷えてしまうことも原因となることがあります。


◆炭水化物

炭水化物は糖質と食物繊維でできているため、
炭水化物を抜くと食物繊維量が減って、
便秘を起こしやすくなります。



■腸内環境セルフチェック

①便が細くなった
②便が硬くなった
③排便時間が長くなった
④残便感がある
⑤おなかが張る

上記項目の中で2つ以上当てはまれば、
腸の老化が進んで腸内環境が悪化している可能性があります。



◆チェック項目の原因

①便が細くなった:食物繊維の不足
②便が硬くなった:腸の動きが鈍く水分を吸収しすぎ
③排便時間が長くなった:筋力の低下
④残便感がある:直腸の感覚異常
⑤おなかが張る:便やガスがたまっている

排便の回数が多かったり、時間がかかりすぎると、
肛門に負担をかけることになり、
そのことで、肛門が常に便意を感じるようになることもあります。


image133.gif


■水溶性食物繊維

水溶性食物繊維は腸の中に入ると善玉菌のエサとなって分解され、
酪酸になります。

この酪酸は、大腸にとって一番大事なエネルギー源となります。
酪酸が不足すると腸は活発に動かなくなってしまいます。
さらに、水溶性食物繊維は腸内細菌バランスの改善にも効果的です。
ですから、水溶性食物繊維をとることで、
腸内環境を改善して腸を若返られせることができます。



■おすすめの水溶性食物繊維

●キウイフルーツ
●大麦



■検証

検証1:山崎さんと吉成さんには、
キウイフルーツを1日3個食べてもらいました。

●吉成さんの1週間のお通じ
1回 → 3回

●山崎さん
0回 → 7回

検証2:小湊さんにはご飯に大麦約27g
(キウイフルーツ3個分の水溶性食物繊維)
をとってもらいました。

●小湊さんの1週間のお通じ
3回 → 3回
ただし、以前と違い2日連続でる日がありました。


水溶性食物繊維をとるのなら、
キウイフルーツが非常に効果的で、
理想としては1日3個食べることですが、
それよりも毎日食べることが重要です。

キウイフルーツのほかにも、
タマネギや柑橘系フルーツがおすすめです。


◆その他の改善ポイント

お風呂に入っているときに、
おなかを右から左へとマッサージする
ことは、
腸にたまったガスを抜くのに効果を期待することができます。

また、夏になって冷たいものをがぶ飲みすると、
腸を冷やしてしまい腸の動きが鈍くなってしまいます。

そのために便秘が悪化してしまいますので、
注意が必要です。