専門家がやっているダイエット・美容法! ハナタカ優越館3月14日テレビ朝日





MCは上田晋也さん、
パネラーは有田哲平さん、指原莉乃さん、北斗昌さん、
小藪千豊さん、カンニング竹山さん、長嶋一茂さん、石原良純さん、
解説してくれるのは、
シロノクリニック横浜 佐藤美院長、
わかばクリニック 工藤清加院長、
大阪大学特任准教授 日比野佐和子医師、
東京中央美容外科・美容皮膚科中野院 井上真梨子院長です。


image130.gif【専門家がやっているダイエット・美容法!】

【ダイエット】

■運動するなら朝


朝起きたときは血糖値が低いために、
エネルギーを使うさいに、
糖ではなくて脂肪を燃焼させる働きがあるからです。

ただし、糖尿病や血圧に問題がある人、
または空腹すぎる場合は注意が必要です。


■運動の時は薄着

薄着だと体温を維持しようと、
体が熱を作ろうとするために、
よりエネルギーを消費しやすい体になるからです。

運動の際には厚着をして汗をかこうとする人がいますが、
これでは水分が排出されているだけで、
直接の脂肪燃焼にはつながっていません。
ダイエットの目的は脂肪燃焼ですので、
薄着がおすすめです。



■運動をするときにマスクをする

マスクをして呼吸をすると、
より多くの酸素を取り込もうと
しぜんと腹式呼吸になります。

そのため、
呼吸をするだけで普段使っていない筋肉を使うことになり、
結果代謝が上がり脂肪が燃焼されやすくなります。

マスクはより密着度の高いほうが効果が望めます。


image133.gif


【美容】

■お風呂で顔を洗うのは最後

お風呂で顔を洗うのは、
乾燥を防ぐために最後がおすすめです。

顔を洗った後はすぐに保湿しないと
どんどん乾燥していきます。

ですから、できるだけお風呂の最後にやって、
すぐに保湿できるようにします。


■お風呂で入る前に水を飲む

お風呂に入る前にはコップ1杯分ほどの水を飲みます。
水分をとることで汗をかきやすくなり、
代謝が活性化して肌の潤いにつながります。

水分が全身にいきわたるまでに20~30分ほどかかるとされていることから、
お風呂に入る20~30分までに飲むのがおすすめです。
これを続けることで、
お風呂のときに汗をたくさんかくようになって、
むくみも解消されるようになるという効果も期待できます。


■洗顔する際の順序

洗顔をするときは全体を一度に洗うのではなく、

①脂っぽいTゾーン
②乾きやすいUゾーン


の順で洗うようにします。
これによって、
TゾーンとUゾーンを似たような肌質に近づけることができます。
数秒の時間の違いですが、
これを毎日積み重ねることで美肌につながっていきます。
この順番が逆になると、
Uゾーンがより乾きやすくなることが考えられますので、
注意が必要です。
また、皮膚が薄く乾燥しやすい目元は、
Uゾーンより後に洗うようにします。



■乳液と化粧水

洗顔の後に着けるのは、

化粧水 → 乳液

の順番です。
化粧水の主な役割は肌に水分を与えることで、
乳液は水分が蒸発しないように、
油分でフタをする役割があるからです。

仮に、乳液を先に塗ると、
油分のフタができてしまうために、
その後の化粧水が浸透しにくくなります。



■化粧水はコットンでつける

手で化粧水をつけると、
掌が化粧水の水分を吸い取ってしまうからです。

また、コットンは掌のように凹凸がない分、
肌の細かいところまで
化粧水を均一にいきわたらせることができ、
肌全体の潤いをむらなくアップさせることができます。


化粧水が少ないと肌が傷つく可能性があるため、
化粧水はたっぷりとつけることがおすすめです。

さらに、首はしわができやすい場所ですので、
首にも化粧水を塗るなどの保湿をすることも重要です。



■柑橘類を食べた後は日焼けに注意

柑橘類に含まれるソラレンは、
紫外線を吸収しやすくする成分で、
日焼けやシミ、ソバカスの原因となることがあるからです。

ですから、食後は日光を浴びないようにすることがおすすめです。
また、レモンを絞った汁が手についた場合、
そこに日光が当たるとシミの原因となる可能性があります。

ただし、柑橘類はビタミンCなどを豊富に含み、
美容にもよい食材ですので、
食べるのなら夜がおすすめです。