全身の老化を止める科 たけしのみんなの家庭の医学10月2日テレビ朝日

たけしのみんなの家庭の医学.png




MCは北野たけしさん、
ゲストはかたせ梨乃さん、森口博子さん、
中山エミリさん、ガダルカナル・タカさん、
解説してくれるのは、
東京大学大学院 医学系研究科 
教授 宮崎徹先生です。


image130.gif【全身の老化を止める科】

【スーパー健康長寿物質】

腎臓病を患った猫が、
ある物質を摂取することで、
わずか3カ月で元気になりました。

治療不可能と言われた腎臓の機能を回復させたのは、
『AIM』
といわれる物質です。


■AIM

AIMは、病気に傾きかけている体を、
健康に戻そうと働きかけるタンパク質です。

高齢になってもAIMの多い人は、
病気になりにくい健康な人が多いことが分かっています。



◆老化と体のゴミ

体の中には毎日発生するゴミがあります。
それがたまると病気になります。
そして、それを取り除き病気になるのを防ぐのが、
AIMです。
AIMは体のゴミにくっついて回収される働きをしています。


◆貪食細胞

貪食細胞とは、体のゴミを食べてくれる細胞です。
AIMは体の中のゴミがどれなのかを
貪食細胞に教える働きをしています。
そのため、
AIMが増えると、体のゴミ処理が進むと考えられています。


通常、加齢とともにAIMは減っていくのですが、
中には高齢でもAIMが飛びぬけて多い人がいます。


◆高知さん・男性94歳

毎日ラインニングするのが日課で、
朝8キロ、昼は10キロ走っています。

今なおマラソン大会に出場している現役のマラソンランナーです。
さらに、食欲も旺盛です。


◆稲田さん・男性85歳

番組の33歳のスタッフと上りこう配で徒競争をしたところ、
2人ともほぼ同時にゴールしました。
しかも、苦しそうな番組スタッフに比べ、
稲田さんは全然息が上がっていませんでした。


このように、高齢者であっても、
AIMが多い人は健康で元気を保つことができます。



■AIMの増やし方

実は、AIMに関してはいまだに不明な点が多く、
詳しいことは分かっていません。
ただし、AIMの量は、
食事によってある程度左右されるのではないかという、
結果が得られています。



■AIMを増やす食材

AIMを増やす食材は
『サンマ』
です。
実は、サンマをはじめとした青魚に含まれるDHAは、
AIMを増やす効果が期待できると考えられています。



■実験:毎日サンマを食べるとAIMは増えるか?

DHAを豊富に含む青魚と一緒に
レモンなどに代表されるビタミンCを摂ると、
よりAIMが増えることが期待できると考えられています。



●モニターは阿久津さん・女性52歳です

50歳を過ぎてから疲れやすくなり、
脂肪が取れにくくなってきました。
若い頃に比べて体重も15キロも増えました。

一週間、
毎日サンマ1尾とビタミンCを積極的に摂ってもらいました。


50代女性の平均的なAIM量は6.06

実験前の阿久津さんの
AIMの量:4.23


◆結果

1週間かかさず青魚とビタミンCを積極的にとってもらったところ、
体重が1キロ、
体脂肪率が3%減りました。


そして、1週間たった今回の
AIM量:5.04
と大幅にアップしました。

食事によって、
AIMがあきらかに増えました。

AIMを増やせば、
老化防止と病気予防を期待することができます。