筋肉を老けさせないカニカマ・健康長寿の最強食材 林修の今でしょ!講座9月25日テレビ朝日

27031299_220x164.jpg




MCは林修さん、
ゲストは高橋英樹さん、足立梨花さん、飯尾和樹さん、
解説してくれるのは、
近畿大学生物理工学部准教授 谷本道哉先生です。


image130.gif【筋肉を老けさせないカニカマ・健康長寿の最強食材】

筋力が衰えるとつまづきやすくなったりして、
骨折の危険性が高まることで、
寝たきりリスクも高まることになります。


■カニカマ

タンパク質の塊であるカニカマは、
高齢者にとっては筋肉を作る最強食材です。

カニカマの主な材料は
スケトウダラという魚のすり身と卵白です。
このように、
カニカマは魚肉と卵白という
上質のタンパク質でできています。


実は、
運動をしなくてもタンパク質をしっかりと摂るだけで、
筋肉量が増えることが分かっています。

もちろん、運動をプラスすることで、
さらに筋肉量はアップします。
筋肉量をアップさせるためには、
運動した後30分以内にタンパク質をとることです。



■胃にやさしい


練り物は消化率が良い食材ですが、
カニカマはさらに消化率が良いとされていることから、
胃にやさしい胃もたれしない食材ということができます。


練った魚肉は小さな骨や皮を取り除くために、
1mm以下の網で3回裏ごしをすることで、
蟹のような歯触りになります。
加えて繊維状にすることで、
さらに消化に良い食材となります。

繊維状になると表面積がふえるために、
胃の中でより多くの消化液にふれることになり、
消化がよくなります。



■無脂肪

カニカマには脂肪はほぼ含まれていません。
これはカマボコなども同様です。
ですから、しっかりタンパク質がとれますが、
カロリーは低いという体に良い食材です。



■筋肉量アップ

カニカマには、
かにの身の食感に近づけるためにでんぷんを入れています。
筋肉を作る作用はタンパク質だけでも高いのですが、
さらにでんぷん(糖)と一緒にとることで、
さらに高まります。

実験によると2倍以上筋肉が増えるという報告もあります。

ただし、糖質の摂り過ぎには注意が必要なので、
1日に食べる量は、
大きいものなら1本、
小さいものなら5~6本くらいです。



■赤い着色

カニカマの赤い着色の材料は、
天然素材のトマトとパプリカの色素です。


トマトの色素にはリコピンが含まれています。
リコピンは、非常に強い抗酸化作用がある
ファイトケミカルの一種で、
血管、肌などの老化防止効果が期待できます。



■カニカマの弱点

カニカマにも注意が必要なポイントがあります。
それは、塩分が多めと言うことです。
ですので、
大きいサイズなら1日1本くらいが適量となります。
谷本先生は水洗いしてからカニカマを食べるそうです。
それだけでも、塩分量を減らすことができるそうです。


■カニかまっちょ体操

年をとっても腕の筋力はそれほど落ちませんが、
脚の筋力は大きく落ちていきます。
そこで、下半身を鍛える体操を紹介します。
かにの動きに似せた体操です。

①手を胸の前でクロスさせて足を広げて立ちます
②背筋を曲げずに腰を落としていきます
 できるだけ、深く腰を落とします
③背筋を曲げずに立ちます
 このとき反動を利用して立たないようにします
2秒でしゃがんで2秒で立つという要領です
そのままでは辛いと言う人は、
テーブルなどに手をついて行ってください
1日10回を目標におこなってください