せきが止まらない!歯が溶ける!犯人はまさかの“胃” ガッテン!6月13日NHK

imagesTS0UZ9NS・ガッテン.jpg




MC立川志の輔さん、小野文恵さん、
ゲストは島崎和歌子さん、大島麻衣さん、チャンカワイさん、
解説してくれるのは、
川崎医科大学 総合医療センター
特任教授 春間 賢先生です。


image130.gif【せきが止まらない!歯が溶ける!犯人はまさかの“胃”】

■胸やけはどうやって起きる!

胃液がどのような状態になったときに、
胸やけになるのでしょうか!

人は食べ物をたくさん食べると、
胃液がたくさん出てきます。
そんなときに、何らかの理由で、
胃の上の噴門から胃液が飛び出すことがあります。
そのために、
食道が胃酸にさらされ続けることで炎症を起こします。
これが、胸やけの正体です。

この胸やけの症状をともなう代表的な病気が、
逆流性食道炎です。


■胃酸の悪さの例

◆ケース1:突然せきが止まらなくなる


から咳やむせるような咳が止まらなくなりました。
食事の後や夜寝ているときに咳ができるようになり、
のどに異物感を覚えるようになりました。

ただし、胸やけは一切感じることはありませんでした。


◆ケース2:上あごの前歯を失った

ある時期から歯のかみ合わせが悪くなって、
うまく噛めなくなりました。

すると、歯の裏側がザラザラとして痛みを覚えるようになり、
歯医者を受診すると、
歯の裏側が溶けてボロボロになっていました。
結局、前歯が溶けてしまって、
入れ歯にしなければならなくなりました。


■ケース3:中耳炎

高齢の女性が耳がつまったといって受診してきたのですが、
鼓膜に液がたまってしまう中耳炎でした。
その後も、同じような症状を繰り返していました。
原因を調べると、
たまっていた液は胃液でした。

胃酸の逆流でまれに口や耳に症状がでることがあります。
実は、食道の感覚には個人差があるため、
胃酸が逆流しても
気がつかない人もかなりの数いるといいます。


■胃酸の悪さの主な症状

胸やけ、胃もたれ、胃痛、
吐き気、咳、喉の違和感、
胸痛、歯のダメージ、中耳炎


食後は食べ物が胃の下部分に溜まることから、
胃酸は胃の上部に溜まりやすくなります。
そのために、食道に逆流しやすくなります。


image133.gif


【胃酸逆流の改善法】

■日本人の胃

日本人の胃は、今逆流しやすい状態にあるといいます。
その理由は、
ここ40年で胃酸を出す細胞が1.35倍になったことで、
胃酸自体が増えたためです。

これは食生活の変化と深く関わっています。
以前の食事は、魚と炭水化物が主だったのですが、
肉や脂肪が増えたことで、
より多くの胃液が必要になってきたのです。

また、ピロリ菌が胃にいると胃酸の量が少なくなるのですが、
衛生環境がよくなったことで、
ピロリ菌が少なくなったことも、
胃酸の量が増えた理由のひとつです。


■逆流性食道炎

逆流性食道炎が若年化してきていて、
20代の患者が増えています。
全体でも、ここ40年で9倍に増えています。


日本人の約30%は肥満とされていますが、
この肥満が胃を圧迫することも、
逆流性食道炎になる理由の1つです。


■胃酸の逆流チェック

●ちょっと肥満が気になる
●猫背だと言われる
●いつもたくさん食べてしまいがち
●ストレスを感じることが多い
●お酒を良く飲む
●食べてすぐ横になることが多い


1つでも当てはまる人は、
胃酸に注意が必要だとされています。

猫背の人も肥満と同様に、
胃が圧迫されるためです。

食べてすぐ横になると、
胃の中の食べ物が動いて、
逆流が起こりやすくなります。

胸やけに一番よい市販薬は、
胃酸を抑える薬です。


■胃酸逆流を改善する生活のコツ

逆流性食道炎の改善の第一歩として
食生活の改善がお勧めです。

胃の粘膜は1カ月で変わるとされています。
ですから、1カ月間改善を実施することが勧められます。

◆食べ過ぎない(腹八分目)
◆夜寝る前2~3時間にはなるべく食事をしない。
また、食後すぐに横にならない
◆お酒を飲み過ぎない


※高齢者の場合は、食が細くなってたんぱく質などが不足しがちです
 バランスの良い食事を十分とることを心がけてください
※症状がひどい場合は病院の受診をおすすめします


◆枕のテクニック

逆流の症状がある場合は、
少し枕を高くする事で胃酸を逆流しにくくすることに効果があります。
枕だけを高くすると首が曲がって寝苦しいですので、
たたんだ毛布などを敷いて、
腰より上の部分が少し持ち上がるようにするのがコツです。
角度おおよそ10度くらいから始めるのがオススメです。
厚手の毛布を3~4枚重ねになるように折りたたみ、
その上に枕を置いた高さです。


◆食後

食後30分は横にならないことですが、
理想は2時間は横にならないことです。


■胃酸の逆流が疑われる症状

●胸やけ 胃もたれ
●のどや口に酸っぱいものがこみ上げる
●げっぷが多い