不眠を解消する科!たけしのみんなの家庭の医学6月12日テレビ朝日

たけしのみんなの家庭の医学.png




MCは北野たけしさん、
ゲストはかたせ梨乃さん、坂下千里子さん、
ガダルカナル・タカさん、キャイーンさん、
解説してくれるのは、
久留米大学病院 精神神経科
教授 内村 直尚先生です。

image130.gif【不眠を解消する科!】

中高年になると睡眠の質の低下に
悩まされている人が増えてきますが、
最近、睡眠の質の改善が期待できる方法が発見されました。


■睡眠の質


眠れないという睡眠の質の低下を訴える人たちは、
40代から増えていきます。
この年代というのは、いろいろな人間関係、
仕事、家庭の中でのさまざまなストレスが増えてくる年代です。
このストレスが原因で眠れないのが一番多いケースです。
このストレス型不眠に効果的なのが、
『筆記表現法』
というものです。

イギリスの研究では、
不眠に関する悩みを抱える人が、
筆記表現法を取り入れたところ、
それ以前は寝入るのに平均40分かかっていたものが、
14分にまで縮まり、寝付きが良くなったという報告があります。


■筆記表現法

日々の生活の中で、
ストレスを感じた出来事やその時の感情などを
紙に書き出すというものです。
紙に書くことによって、
そのストレスを客観的に見つめることができるようになります。
その結果、ストレスが軽減され、
自律神経が整うことで、
不眠が改善されて睡眠の質が高まっていきます。


■鈴木さん・女性64歳のケース

鈴木さんは現在御主人と2人暮らしです。
御主人とは寝室は別なのですが、
夜中に目が覚めてしまう中途覚醒に悩まされています。
そこで、筆記表現法を実践してもらいました。
ストレスを感じたことや感情を書いてもらうのですが、
このとき、思い出すだけではなく心の中で整理してもらいます。
そのため、15分程度時間をかけてじっくり書いてもらいます。
書いた後は、書いた紙を破ったり、丸めて捨ててもOKです。
5日間実践してもらいました。

1日目:旦那さんのTVのボリュームの音が大きいと書き込み。
    その夜は、いつもは3回の途中覚醒が2回に減りました。


2日目:旦那さんが野球中継を見ている時、
    ひいきチームが負けていると、
    悪態をついたりなど態度が悪化するために、
    心が疲れるとつづられていました。

こうやって、毎日のストレスを書きこんでもらいました。


◆結果

5日後中途覚醒は1回になりました。
    たった5日で、確かな効果が感じらられる結果となりました。