食中毒の正しい対処法 世界一受けたい授業6月9日日本テレビ

無題.png




MCは堺正章さん、上田晋也さん、
解説してくれるのは、
食中毒のスペシャリスト島本整先生です。


image130.gif【食中毒の正しい対処法!】

質問:菌が増殖しやすいのはどっち?

A:煮出し麦茶
B:水出す麦茶


答え:A煮出し麦茶

食中毒の菌は30~40度で増殖します。
煮出し麦茶は粗熱をとるために、
一度冷ましてから冷蔵庫に保存しますが、
その間に菌が増殖してしまいます。
これに対して水出し麦茶は、
すぐに冷蔵庫に保存するために、 
菌の増殖を抑えることができます。


◆対処法

煮出し麦茶は、
作ったらやかんを水に浸すなどして、
すばやく粗熱をとって冷蔵庫に保存するようにしてください。


質問:まな板の菌が多いのはどっち?

A:豚肉を切った後
B:洗剤とスポンジで洗った後

答え:B洗剤とスポンジで洗った後

原因はスポンジに付着した細菌です。
除菌のできる台所用洗剤で除菌もできると考えるのは間違えです。
スポンジは正しい除菌をしないと、
逆に菌が増殖してしまいますので、注意が必要です。


◆対処法

スポンジは丁寧に洗ってしっかりと水気を切ります。
その後、除菌効果のある台所用洗剤を大さじ半分ほどを
まんべんなく全体に浸透させて、
そのまま置いておくのが正しい除菌の方法です。

まな板は、フライ返し等を使って、
洗剤を全体に伸ばして20分放置します。
その後洗い流してしっかり乾かせば、
除菌できます。
また、塩素系漂泊材やアルコール系消毒剤も有効です。


質問:要注意なおかずランキング

第4位:から揚げ


から揚げは、一度熱することで菌が死滅しますので、
菌が少ないお勧めのおかずとなります。


第3位:肉じゃが

根菜類は菌が増殖しやすく、
煮汁は水分が多いためこれも増殖しやすい条件です。

水分を少なくすることが、
お弁当にいれるときのポイントです。


第2位:ハンバーグ

温度や湿度など条件によっては、
菌が一気に増殖してしまうことがあるため、
注意が必要です。

材料のひきにくは中まで菌が入っていることがあることから、
中までしっかりと火を通すことが重要です。

ハンバーグのタネ1個分に小さじ1杯分のお酢を入れると、
抗菌作用で菌の増殖を抑えることができます。

また、お酢は少量なので味にほとんど影響を与えません。


第1位:ポテトサラダ

ジャガイモは水分が多いために腐りやすい食材です。
さらに、キュウリなどの生野菜を使うとともに、
調理工程が多いために菌が増殖しやすくなります。

ポテトサラダにカレー粉を入れると、
菌の増殖を抑えることができます。

これは、カレー粉のターメリックに防腐作用があるためです。


質問:O-157の増殖を止め、
消滅させることのできる食べ物とは


答え:納豆

納豆菌はO-157などの食中毒菌や悪玉菌を
撃退する働きがあります。

さらに、善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌を
増やす効果もあります。
納豆を食べ続けると
食中毒になりにくい体になることが期待できます。


質問:魚介類から感染するアニサキス対処法

アニサキスはマイナス20度以下で24時間以上冷凍するか、
60度以上で加熱することで、死滅します。

一度冷凍した魚を解凍したものは、
安心して食べることができます。