体からリラックス!5月15日今日の健康NHK

mig・今日の健康.jpg




MCは黒沢保裕さん、岩田まこ都さん、
解説してくれるのは、
早稲田大学教授 熊野 宏明先生です。


image130.gif【体からリラックス!】

【ストレス対策】

ストレスが病気になる原因は、
『生活的ルート』『行動的ルート』『情動的ルート』
という3つのルートを通って、
その影響が心身に及ぶためと考えられます。

この3つのルートに対策を講じることが、
ストレスによる心身の不調を防ぐのに役立ちます。


◆『りきまず(生理的ルート)』

力を抜いて筋肉を緩めたり、体を温めたりします。
体をリラックスさせることで、
心もリラックスした状態にすることができます。


◆『避けず(行動的ルート)』

飲酒ややけ食いでストレスを発散させるのではなく、
ストレスを減らすために原因をへらし、
ストレスに対処するための行動を改善します。



◆『妄想せず(情動的ルート)』

過去への後悔や将来への不安などにとらわれないようにします。
自分の考えていることと、
“今”現実に起こっていることを区別します。


image133.gif


【りきまず】

心がリラックスしているときは、
体もゆったりと緩んでいることが多くあります。

心は体に影響をおよぼしますが、
体も心に影響を及ぼします。
体を緩める方法を覚えれば、心も緩み、
ストレスに対する抵抗力を高め、
対処することができるようになります。


■筋肉を緩めるトレーニング

筋肉を緩めるには、まず筋肉に力を入れます。
ギュッと力を入れ、そのあとにフッと力を抜くと、
筋肉がゆるむのを感じることができます。



◆目元の筋肉を緩める

①鼻で息を吸いながら、目にギューッと力をいれて閉じます
②力が入っているのを感じながら、2~3秒間保ちます
③目の周りの力をぬきます
④目は閉じたままにしながら、
 力を抜いて筋肉がゆるんでいく感覚を味わいます
これを数回繰り返します。


◆額の筋肉を緩める

①鼻で息を吸いながら、顔は動かさないで目だけをグッと上に向けます
 このとき、額にしわをつくるようにします
②息を吐きながら、力を抜いて軽く目を閉じます。
これを数回繰り返します。


◆肩の筋肉を緩める

椅子を用意します

①後ろにもたれないように、背筋を伸ばして座ります
②鼻で息を吸いながら、両肩を上へと引き上げます
③息を吐きながら両肩の力を抜き、両肩をストンと下へ落とします
 こうやって筋肉がゆるんだことを意識します
これを数回繰り返します。