春のしみ、しわ、たるみの原因4月16日名医のTHE太鼓判TBS

名医の太鼓判.png




MCは渡部建さん、山瀬まみさん、
ゲストは川上麻衣子さん、阿部桃子さん、片岡安祐美さん、
解説してくれるのは、
美容皮膚科 小柳衣衷子先生です。


image130.gif【春のしみ、しわの、たるみの原因】

しみ、しわの、たるみの原因は

①紫外線
②筋肉の衰え
③糖化

です。


■①紫外線

紫外線には2種類あります。

UV-Aは、皮膚の深いところに影響を与え、
しみ、たるみの原因となります。

UV-Bは、皮膚の浅いところに影響を与え、
しみ、たるみの原因となります。



◆光老化

紫外線を浴びることがしみ、しわの原因となります。
しみ、しわの約80%が光老化が原因とされています。
皮膚の内部に浸透した紫外線が
肌の弾力を保つコラーゲンを破壊します。

日光だけではなく、
ブルーライトの紫外線からも肌はダメージを受け、
ハリを失った皮膚の表面にシワ、たるみが現れます。


◆日光性色素斑

強い紫外線を浴び続けることによって
茶色のホクロのようなものが出てきます。
これは、メラニン色素が過剰に皮膚に作られ沈着し、
しみになったものです。



◆脂肪性角化症

俗に年寄りいぼと呼ばれるもので、
放っておくと大きくなったり
数が多くなったりします。
また、急に現れたしみやイボは
皮膚がんの可能性もあるため、
気になる人はぜひ医療機関を受診してください。


■②筋肉の衰え

◆眼瞼下垂(がんけんかすい)


まぶたが下がってしまう症状で、
老け顔を招く要因です。

原因はハードコンタクトや付けまつげ、
化粧落としなどで瞼をこするなどが挙げられます。

それが同時に瞼の筋肉の衰えを招きます。
人は1日に2万回もまばたきをしているとされ、
眼瞼下垂は頭痛や肩コリの原因ともなるとされています。


◆老け顔予防体操:イノキ体操

①口角を思いっきり上げます
②アゴを突き出します
③この状態を10秒間キープします

これで頬の筋肉が鍛えられます。


■③糖化

ゲストの安部桃子さんはケチャップが大好きなのですが、
ケチャップ大さじ1杯分=角砂糖1個分
の糖分があります。
糖分の摂り過ぎは内臓も含めて肌の老化をも進め、
病気になりやすくなるとされています。


◆AGE(終末糖化産物)

体内の糖とタンパク質が結びついてできた老化物質です。
しみやシワなどの原因となり、
老け顔を招きます。

さらに、心筋梗塞の脳梗塞のリスクも高めます。


◆スチーマー

長い時間スチーマーを使用すると、
角質が破壊され、逆に肌の乾燥を招きやすくします。
適正な使用回数は1回10~20分、
週に2~3回くらいです。



◆フルーツパック

キウイパックなどが、
逆効果になる可能性があります。
肌バリアの崩れた乾燥肌に、
直接キウイなどのフルーツや野菜を触れさせると、
その食品に対するアレルギーになる可能性があります。