中耳炎・耳の健康 3月8日今日の健康NHK

mig・今日の健康.jpg




MCは黒沢保裕さん、岩田まこ都さん、
解説してくれるのは、
東京医科大学 八王子医療センター教授 小川 恭生先生です。


image130.gif【中耳炎・耳の健康】

【中耳炎とは】

耳は外側から外耳、中耳、内耳に分かれていて、
この中の内耳に炎症が起こるのが中耳炎です。
中耳炎になると音が聞こえにくくなり、
放置しておくと、難聴などの後遺症が残る場合もあります。

中耳炎患者の約9割が未就学児
子供の病気と思われがちですが、
中高年にも多くみられ、年齢に関係なく発症します。


image133.gif


【急性中耳炎】

風邪を引いたときなど、
中耳に細菌やウィルスが感染して
急性の炎症が起こるのが急性中耳炎です。


◆症状

●ズキズキする激しい耳の痛み
●発熱
●耳だれ(耳の中から膿がでる)
●耳が詰まった感じ


ただし、高齢者では発熱しないこともあります。
見だれがある場合は、
急性中耳炎の可能性がありますので、
耳鼻咽喉科を受診して下さい。



◆治療

通常は抗菌薬を5日間服用します。
必ず処方された通りに服用することです。


image133.gif


【滲出性中耳炎】

鼓膜の奥の空間に炎症により
しみ出た液・浸出液がたまる病気です。
細菌やウィルスの感染による炎症などにより、
鼻やのどとつながる耳管がふさがることで、
滲出液が排出できず中耳内に溜まります。


◆症状

●耳の聞こえが悪くなる
●咳、鼻水、鼻づまりが数日間以上続く



◆治療

●鼻やのどの病気の治療
●鼓膜切開


鼓膜切開では鼓膜の一部を切り、
たまっている滲出液を吸引して、
耳管の換気をよくします。
鼓膜は手術後1~2週間後に元に戻ります。
鼓膜に麻酔をかけて行います。


image133.gif


【慢性中耳炎】

急性中耳炎を繰り返すうちに慢性化することがあります。
難聴やめまい、耳鳴りの原因にもなります。

また、真珠腫という鼓膜の一部が中耳に入り込み、
その中で垢に細菌が繁殖することで大きくなります。
大きくなりすぎると、
脳を圧迫し顔面神経痛を招いたり、
また難聴の原因になったりします。


◆症状

●耳だれが増える
●鼓膜が破れやすくなる
●さらに耳の聞こえが悪くなる
●めまい
●耳鳴り



◆治療

●抗菌薬の服用
●手術
●真珠腫の治療


鼓膜に穴があいている場合には、
穴をふさぐための手術を行います。
真珠腫は耳たぶの付け根を切開して摘出します。



image133.gif


【好酸球性中耳炎】

最近、中高年に増加しているのが好酸球性中耳炎です。
アレルギーに反応する白血球の一種が好酸球です。


◆症状

●ネバネバした耳だれ
●頑固な鼻づまり
●鼻に複数のポリープができる
●ぜんそくを合併しやすい



◆治療

抗菌薬が効かないために、ステロイド薬を用います。
抗菌薬による治療を2~3ケ月続けても改善が見られない場合は、
好酸球性中耳炎の可能性を考えます。