肺年齢診断SP!あなたの呼吸は大丈夫 2月26日名医のTHE太鼓判TBS

名医の太鼓判.png




MCは渡部建さん、山瀬まみさん、
ゲストはいとうまい子さん、金田朋子さん、
木本武宏さん、椿鬼奴さん、前田吟さん、
解説してくれるのは、
大竹信一郎先生、大谷義夫先生、川村優希さん、
丸田佳奈先生、森田豊先生です。


image130.gif【肺年齢診断SP!あなたの呼吸は大丈夫】

肺は常に細菌やウィルスに触れているリスクがあり、
病気を発症する恐れがあります。
肺の機能は20歳をピークに
加齢とともに徐々に衰えてきます。


【前田吟さん・74歳】
肺年齢は81歳の7歳老け


前田さんから、
誤嚥性肺炎の痕跡が見つかりました。
誤嚥性肺炎は、
誤って食べ物や唾液が気道に入ってしまう症状です。

誤嚥性肺炎の約7割は食べ物ではなく、
唾液で起こっています。


睡眠中に唾液が入ってしまう誤嚥は、
自覚症状がないことから、
『隠れ誤嚥』
とも呼ばれています。

また、
前田さんには睡眠時無呼吸症候群も見つかりました。
呼吸が停止している時間が、
最大1分40秒という非常に危険な状態です。

この睡眠時無呼吸症候群の合併症として、
逆流性食道炎があり、
胃酸が逆流して、
気管支に入ってしまっている可能性があります。

ここまで、重症だとCAPA(シーパック)という、
睡眠中に空気を気道に送る機械を装着することをお薦めします。

前田さんはリンゴを良く食べているのですが、
1日1個リンゴを食べると、
肺機能が若返るというデータがあります。


image133.gif


【金田朋子さん・44歳】

≪肺機能低下リスクのチェック≫

①エアコン


フィルターにはホコリが溜まっていましたが、
この中に人のアレルゲンがたくさんいます。
また、ホコリがあるところにカビが増殖します。
カビの胞子はアレルギー性肺炎になるリスクを高めます。


◆対策

エアコン内を乾燥させることです。
エアコンのカビはこまめなフィルター掃除はもちろん、
定期的に送風にすることで抑えることができます。



②浴室

カビは湿気が多い水回りが好きです。
浴室におきっぱなしの玩具は
内部にカビが潜んでいる可能性があります。
また、鏡の縁にある黒い物もカビです。

カビが増殖する要素は
●空気
●温度(0~40度)
●湿度
●カビ菌
●ホコリ
上記の中の一つでも欠けると、
カビは繁殖しません。


◆対策

カビは熱い温度に弱いと言う特徴があります。
50度以上のシャワーを1分間当てると、
死滅させることができます。


③洗濯機

洗濯機の裏は湿気が多くて温度が高く埃が多いため、
見えない白カビが繁殖しやすい場所です。
白カビの特徴は、
水分の少ないところでも繁殖することです。
また、浴室の天井にも見えない白カビが繁殖しています。
天井は、アルコール除菌が効果的です。


④キッチンマット

キッチンマットの裏からはカビに加えて
ダニも見つかりました。

アスペルギルス
という
喘息、感染症、肺炎を起こすカビ、
ペニシリウム
という
喘息、アレルギー性肺炎、間質性肺炎を起こすカビ
が見つかりました。

ホコリやカビは床に近いほど溜まりやすいことから、
注意が必要です。
こまめな洗濯や掃除が大切です。


⑤寝具

寝具で肺炎を起こしやすい可能性があるのは、
『羽毛布団』
です。
鳥アレルギー性肺炎という
鳥のフンや羽根で肺炎を発症する人がいます。
羽毛布団だけではなく、ダウンジャケットも注意が必要です。


⑥陶芸

肺炎を起こす可能性がある趣味は、
『陶芸』
です。
陶芸では漆や土を使うのですが、
その土の中にケイ酸が使われている場合があります。
このケイ酸を吸い込むと、
肺胞の壁が厚く硬くなり、
酸素をとりこみにくくなる
間質性肺炎を引き起こすことがあります。