変形性股関節症・原因と対策 今日の健康2月12日NHK

mig・今日の健康.jpg




MCは黒沢保裕さん、岩田まこ都さん、
解説してくれるのは、
九州大学大学院教授 中島 康晴先生です。


image130.gif【変形性股関節症・原因と対策】

股関節に痛みを引き起こす病気を持っている人は、
全国で400~500百万人いるといわれています。
原因の大半は変形性股関節症と考えられています。
変形性股関節症は40~50代の女性に多いと言う特徴があります。


■原 因

日本では、変形性股関節症の原因の約8割が、
寛骨臼形成不全とされています。
寛骨臼形成不全とは、
もともと股関節の構造に異常がある状態をいいます。
骨盤の寛骨臼が発育が十分でない場合、
寛骨臼の関節面が狭く、
大たい骨を十分におおうことができません。
関節軟骨は加齢とともにすり減ることがありますが、
寛骨臼の関節面が狭くなってくると
負荷が寛骨臼の一部に集中し、
関節軟骨がさらにすりへりやすくなります。
すり減った軟骨は、ほとんどの場合元に戻すことができません。

軟骨がすり減る原因としては、
寛骨臼形成不全のほかに、
重労働、骨折、はげしいスポーツなどがあります。

また、肥満も変形性股関節症を悪化させる原因のひとつです。


■症状

股関節はほかの関節とは異なり、
体の深いところにあり、多くのじん帯や筋肉に囲まれています。
そのため、初めは症状を自覚しづらく、
進行してから気づくことが多いといわれています。


関節軟骨がすり減り始めた段階では、
歩き始めに痛む、
最初の一歩が踏み出しにくい、
足の付け根が重だるい

などの症状が現れます。

症状が進んで骨と骨が直接ぶつかるようになると、
痛みを感じる時間が次第に長くなるなどの症状が現れ、
股関節を動かさなくなります。
その結果、筋肉が使われなくなって筋力が低下します。
また、痛みのある骨盤がカクッと落ち込んで体を上下させる等、
歩き方に変化が現れます。
さらに、症状が進むと歩行困難になります。


image133.gif


【改善法】

■生活スタイル

軟骨を元に戻すことはほぼできませんので、
進行を遅らせる生活スタイルに努めます。

座ったり、あぐらをかいたりする和式の生活スタイルは、
股関節に過度の負荷をかけることになります。

ベッドや洋室トイレなどの洋式スタイルにすることで、
日常生活の股関節への負担を少なくすることができます。

また、もっとも負担がかかるのが歩行ですので、
ゆっくり歩くようにこころがけてください。
さらに、10~15分歩くとひと休みして、
股関節周りの疲労をとってから再び歩き出すようにしてください。

痛みが有るときは、できるだけ車での移動を選んでください。
できるだけエレベータを使ったり、
買い物もカートに荷物を入れ、

手荷物もリュックで背負う方が股関節への負担を軽くすることができます。


■運動療法

運動は、痛みをやわらげたり、
股関節を動かすために必要な筋力を維持する目的で行います。

股関節への負担が少なく、
足の筋肉を鍛えるのに効果的な運動には、
水中ウォーキング、
固定式自転車をこぐ
などがあります。

他に自宅で簡単にできる運動があります。


■自宅でできる運動

仰向けに寝て、両脚をそろえ、
ひざを90度くらいの角度になるように曲げる、
両腕は体にそって伸ばします。


≪運動をする際の注意点≫

●体に力を入れず、リラックスして行う
●運動中に股関節や腰、足に
痛みが出ない程度に無理のない範囲で行う
●強い痛みが出たら運動を中止する
●床が硬い場合は、マットを強いて行う



◆準備運動
股関節周りの筋肉をほぐす

①左右のひざをそれぞれ外側にゆっくり開けるところまで開きます
②ゆっくりと閉じます
10回程度繰り返します


◆ゴムバンドを使った開脚
股関節の横にある中殿筋を鍛えて、
股関節を安定させる

①ひざにゴムバンドを巻きます
②左右の膝をそれぞれ外側に
ゆっくりと開けるところまで開きます
③この状態で7~8秒キープします
④元に戻します
10回程度繰り返します


◆ひざ伸ばし
太ももの前側にある大腿四頭筋を鍛えて、
股関節を曲げやすくする

①片側の膝を伸ばします
②その足を上げられるとことまで上げます
③この状態で7~8秒キープします
④反対側の脚も同様に行います
左右10回程度繰り返します


◆ヒップアップ
お尻の後ろ側にある大臀筋と、ふとももの裏側にある
ハムストリングスを鍛えて、
脚をのばしやすくする

①腰をゆっくりと上げられるところまで持ち上げます
②こ状態で7~8秒キープします
④元に戻します
10回程度繰り返します


■薬物療法

痛みが強い時は、
炎症を抑えるための非ステロイド性抗炎症薬を使用します。
内服薬を使うのが通常ですが、
ときには外用薬や座薬を使用するときもあります。