爪に現れる病気のサイン!健康カプセル!ゲンキの時間1月14日TBS

無題.png




MCは三宅裕司さん、渡辺満里奈さん、
ゲンキステューデントは春香クリスティーンさん、
ゲンキリサーチャーはペナルティのヒデさん、
ゲストは森尾由美さん、
解説してくれるのは、
慶応義塾大学医学部皮膚科専任講師
医学博士 齋藤 昌孝先生です。


image130.gif【爪に現れる病気のサイン!】

質問:爪が反ってしまうスプーンネイルという症状がありますが、
   その原因は何でしょうか?


答え:鉄欠乏性貧血

鉄欠乏性貧血になると、爪が薄くもろくなるため、
爪がそってきます。
また、中には甲状腺の病気が原因で爪が反る場合があります。


■爪の働き

爪は骨を補助する働きをしていて、
爪がないと、
手の指で小さなものがつかめなくなったり、
足の場合はバランスを保つのがむつかしくなります。


image133.gif


【爪外来】

慶応義塾大学病院の爪外来には1日40人ほどの患者が訪れます。
そこで、
爪の悩みを持つゲンキチャレンジャー3人に受診してもらいました。


■小野さん・女性44歳

『爪に横線が入っている』

爪は髪の毛と同じケラチンというタンパク質でできていて、
根元にある爪母で作られています。
ですが、爪の根元ふきんの皮膚に手荒れや湿疹があると、
爪の表面に横線ができやすくなります。
手荒れや湿疹を治すことで、
爪の横線もおさまってきます。
また、爪の縦線は誰にでも入るもので、
加齢とともに目立ってくる物です。


■小泉さん・男性57歳

『足の親指の爪が白く濁り分厚くなっている』

白い部分を切り取って顕微鏡で観察したところ、
爪白癬という爪の水虫になっていました。
足にできた水虫を放っておくと、
爪に感染して爪水虫になります。
治療せずにそのままにしておくと、
白く濁った爪が崩れて、足が痛くなる場合もあります。
また、水虫はバスマットによって家族にうつる可能性があります。


■大重さん・男性46歳

『足の爪を切りすぎると、皮膚に食い込んで痛い』

陥入爪という症状です。
これは爪が皮膚に食い込んで痛くなる状態をいい、
主な原因は深爪です。

重症になると、周りの皮膚が赤くはれて痛くなります。


■正しい爪の切り方

①爪の角は十分に伸びきるまで切らない
②角を残して爪全体を四角の形に切ります

高齢者などでは「足の指先がよく見えない」「体が曲がらない」
などの理由から爪を上手に切れないことがあります。
そのような場合は
『爪楽』という専門に爪を切ってくれるショップがあります。
また、爪外来でも保険診療で爪を切ってもらうことができます。


■二枚爪

二枚爪になる主な原因は爪の乾燥にあります。
過度の水仕事や除光液の使いすぎなどで
爪が乾燥して割れた状態です。
ですから、
爪の保湿ケアを行って乾燥を防ぐようにします。


■巻き爪

巻き爪で悩んでいる場合は、
ワイヤーで矯正することもできますので、
医療機関で相談してください。


image133.gif


【命にかかわる爪の症状】

■山崎さん・女性42歳

爪に細くて薄い縦線が走っていました。
放っておいたところ、
縦線がくっきりと表れてきたために、
病院で診てもらったところ、
『メラノーマ』
という皮膚がんでした。


爪が伸びるとともに、
黒い縦線が徐々に出てきて、
やがて縦線がはっきりと黒くなっていきます。

山崎さんの場合は初期の症状でしたが、
それでも爪全体と周りの皮膚を切って、
そこに皮膚を植皮するという手術をおこないました。
初期であったため、指の切断はまぬかれました。


■メラノーマ

初期には痛みなどの自覚症状はほとんどありませんが、
悪性度が非常に高いのが特徴です。

年齢に関係なく発症しますので、
爪にできた黒い線が消えないような場合は、
すぐに医療機関を受診してください。