若返り&身体の大掃除SP 健康カプセル!ゲンキの時間12月31日TBS

無題.png




MCは三宅裕司さん、渡辺満里奈さん、
ゲンキステューデントは春香クリスティーンさん、加藤諒さん、
ゲンキリサーチャーはレッド吉田さん、えとう窓口さん、
解説してくれるのは、
首都大学東京 健康福祉学部
医学博士 理学療法士 竹井 仁先生です。


image130.gif【若返り&身体の大掃除SP】

■三宅さんのお悩み

●体幹が弱い
●足腰の筋力の衰え
●呼吸が浅い
●泌尿器系


柄の長さが3mほどもある
スイスの伝統楽器にアルプホルンがあります。
この楽器を吹くと、
お腹からお尻から力が入りますので、
体幹のインナーマッスルを鍛えることができます。

お腹からお尻にかけての
横隔膜、腹横筋、多裂筋、骨盤底筋群
という多くの筋肉が働き、
お腹周りの体幹を強化できます。

アルプホルン歴十年の中川さん71歳は、
同年代の人に比べても体幹がしっかりしているのが、
画像検査でも確かめられました。

また、口をすぼめながら息をはくために、
気道を広げることで、
肺・呼吸機能を高める効果があります。


そうはいっても、
一般の人がアルプホルンを吹くことは難しいことです。
そこで、
アルプホルンにかわって同じ効果が期待できる方法を紹介します。


■ティッシュ呼吸法

体幹強化と呼吸機能アップが期待できます

①ティッシュ1枚を持って、目の高さの壁に貼り付けます
②手を話すと同時に、
3秒間ティッシュが落ちないように息を吹きかけます
これを5回1セット、朝昼晩行ってください


image133.gif


■渡辺さんのお悩み

●肩コリ
●食欲不振
●目が疲れやすい
●五十肩


年をとってくると
2つのことを同時にすることが難しくなってきます。
たとえば、若い人は歩きながら傘をさすことができますが、
高齢になるといったん立ち止まって傘をさす人が多くなります。
このように、
同時に2つのことを行うことデュアルタスクといいます。


■自宅でできるデュアルタスク

●足踏みしながら1人じゃんけん
どちらかの手が必ず勝つようにしてください

●足踏みしながら1人しりとり

●足踏みしながら100から7を引いていく

実験検証によると、
足踏みなしで1人じゃんけんをした場合に比べて、
足踏みをしながら1人じゃんけんをした場合のほうが
脳の血流量が増えることが確かめられました。


image133.gif


■おすすめ食材

◆豚肉料理の合わせ食材
豚肉はビタミンB群を多いことから疲労回復につながります

●ハチミツ
免疫力をあげて炎症を抑える働きがあります

●お酢
消化良くするとともに、細胞の働きを良くしてくれます


◆牛肉料理の合わせ食材

グラスフェッド(牧草牛)は、
不飽和脂肪酸が豊富で炎症を抑えるため、
五十肩には効果的です

●大根おろし
消化酵素のジアスターゼが含まれているため、
肉と合わせると食べたときの口当たりが良くなります

●みそ
植物性乳酸菌の働きで腸内環境が整い、
消化を助け翌日胃もたれしづらくなります



◆おかゆの具

●キャベツ
ビタミンUが胃粘膜の修復を促し、
過剰な胃酸の分泌を抑えます

●大根
消化酵素のアミラーゼを含むことででんぷんの消化を助け、
胃もたれや胸やけの予防・改善ができます


●クレソン
辛み成分アリルイソチオシアネートには
食欲増進・血液サラサラ効果があります

●ほうれん草
βカロテンやビタミンCなどの抗酸化作用で
身体を活性酸素の害から守ります

●トウモロコシ
食物繊維が豊富で腸の働きを活発にして便通を整えます

●春菊
αピネンペリルアルデヒドの独特の香りが
胃腸の働きを促進させます