肩コリを五日間で改善する方法 たけしのみんなの家庭の医学12月26日テレビ朝日

たけしのみんなの家庭の医学.png




image130.gif【肩コリを五日間で改善する方法・輪ゴム体操】


■肩コリの原因・肩甲骨

日本人が感じる症状の代表例の一つが肩コリです。
そして、しつこい肩コリの原因は肩甲骨にあります。
肩甲骨は、腕と胴体を結ぶ三角形の骨です。
体とは鎖骨の部分だけでつながる
極めて独立性の高い骨であることから、
本来なら上下左右に自在に動くことができます。

ですが、
日常生活で肩甲骨をあまり動かすことがないと、
肩甲骨周りの筋肉が硬くなることで、
肩甲骨自体の動きも鈍くなってしまいます。

これによって、肩コリを悪化させる不のスパイラルにおちいってしまいます。
実際、普段から肩甲骨をよく動かすバレエダンサーは
肩コリに悩む人が少ないとされています。


image133.gif


【肩コリ改善法】

■肩コリチェック

肩コリがひどい人の多くは、
肩甲骨が外側にずれて前傾してしまっています。
そこで、
肩甲骨チェック≪背面指合わせテスト≫を行うことで、
肩甲骨の状態を知るとともに、
肩コリの改善と予防ができるようになります。


■肩甲骨チェック≪背面指合わせテスト≫


①下にたらした両手の甲を前向きにして足を少し開いて立ちます
②腕をまっすぐに伸ばしたまま、腕を後ろに押しやっていきます
③背中の後ろで両手の親指をつけるようにします
このとき、腕(肘)が曲がらないように注意してください
親指がつけば合格です。肩甲骨の動きは正常です。



■肩コリ改善の輪ゴム体操

①肩幅の長さに合わせ輪ゴムを6~10個つなげます
②肘をほぼ直角にして、体と同じ幅の長さで、
 輪ゴムをがたるまないように両手で持ちます
③脇をしめて腕を体にぴったりつけます
④輪ゴムを引っ張る要領で両手をゆっくり広げていきます
⑤10秒間とめて、手を元に戻します
 肩甲骨を背中に寄せて下に引っ張るイメージで行ってください
 10回を1セットとして1日3セット行ってください
これによって僧帽筋の緊張がゆるむことで
肩コリが改善されます。