血管を若返らせる食品 たけしのみんなの家庭の医学11月14日テレビ朝日

たけしのみんなの家庭の医学.png




image130.gif【血管を若返らせる食品】

血管年齢を若々しく保つことは、
動脈硬化の予防に役立つばかりか、
心筋梗塞や脳梗塞の予防にもつながります。
さらに、美容効果も期待できるとされています。

そんな血管年齢を若返らせる食品としては青魚や赤ワインなどが有名ですが、
なんとビタミン群にも同様の効果をするものがあるといいます。
それが、ビタミンBです。
ビタミンBは血管の老化を防ぐ効果が期待できます。
中でもビタミンB6、ビタミンB12、葉酸の3つのビタミンを
豊富にとることで心筋梗塞のリスクを減らすことができるとされています。
この3つの栄養素を豊富に含んでいる食品が
『レバー』
です。


■レバー

豚レバー、牛レバー、鶏レバーには
3つのビタミンがバランスよく含まれています。

ただし、レバー摂取には問題もあります。
レバーのカロリーは決して低くなく、
また味が苦手な人も少なくありません。
そこでレバーに変わる食品を探したところありました。
それが、
『海苔』
です。


■海苔

海苔はレバーと同じように、
3つのビタミンをバランスよく含んでいます。

実際、海苔を5日間食べてもらう検証を行ったところ、
血管年齢が下がりました。
このように、海苔は血管の老化予防に効果を発揮します。
そのうえ、食べやすく調理に使いやすいのがなによりの魅力です。


image133.gif


【レバーペースト】

レバーが口に合わないという人もいますが、
これをペースト状にすることで食べやすくなります。
トーストやビスケットのトッピングにするなど、
食感をかえて
美味しく食べることができるようになります。
もちろん、動脈硬化予防の効果はそのままです。


■材料

鶏レバー : 200g
マヨネーズ : 大さじ4
醤油 : 小さじ2
にんにく : 1片
食パン  : 適量


■作り方

①鶏レバーは一口大に切ってきれいに洗います
②土鍋や厚手の鍋に湯を沸かします
③土鍋の湯が沸騰したところでレバーを入れます
④再び沸騰したら火を止めて蓋をして5分おきます
⑤下処理したレバーを熱いうちにビニール袋に入れてつぶして、ペースト状にします。
⑥マヨネーズ、しょうゆ、すりおろしにんにくを『⑤』に加えて混ぜます
 これでレバーペーストの出来上がりです
⑦ポリ袋の口を結んで端を切って絞り出します
⑧食パンを焼いて塗っていただきます