足から起こる体のトラブル 健康カプセル!ゲンキの時間11月5日TBS

無題.png




MCは三宅裕司さん、渡辺満里奈さん、
ゲンキステューデントは春香クリスティーンさん、
ゲンキリサーチャーはレッド吉田さん、
ゲストは丸山桂里奈さん、
解説してくれるのは、
足のクリニック表参道院長
形成外科医 桑原 靖先生です。


image130.gif【足から起こる体のトラブル】

質問:体重60キロの人が、
1日歩いたときに足にかかる負荷はどのくらいか


答え:540トン

歩くときに足にかかる重さは、体重の約1.2倍。
60キロの人が1日6.5km歩くと、
540トンになります。


■歩き方チェック

◆腰痛


特徴は、
猫背でかがむような歩き方で、腰に負担がかかっている。
靴の内側がこすれていく。


これは、歩くときに内側に傾いていくためです。
これが進行すると外反母趾になります。


◆よくつまづく

特徴は、
つま先が上がらない。姿勢が前かがみ。

これは、
足首が硬くなっていることが原因のひとつだと考えられます。

足首が硬くなっているかどうかのチェックとして、
足を揃えてそのまま腰をおとす、
いわゆる
『和式トイレ座り』
ができるかどうかの判定法があります。

これができない人は、
足首が硬くなっている可能性があります。

足首が硬いと足首をかばった歩き方になってしまい、
膝や股関節のトラブルを招きやすくなり、
将来的に膝や腰が痛くなる可能性があります。

改善法としては、
片足を前にだして足を伸ばす
『アキレス腱伸ばし』
がおすすめです。
1日1分ずつを目安に行ってください。


image133.gif


【ゲンキチャレンジャー】

■ゲンキチャレンジャー4人のケース

◆小倉さん・女性40歳


『左足が痛い』

外反母趾によって、連鎖的に他の指の骨にも影響がでて、
足の裏が痛くなっています。

状態としては右足のほうが悪いのですが、
その右足を庇うために左足に体重をかけているために、
左足が痛くなっています。


◆片山さん・女性49歳

『左足にタコ』

親指が上手に使えていないことが原因です。

足首が硬いために、親指に力を入れることができず、
足の外側に大きなタコができていました。


◆坂本さん・男性43歳

『足裏が痛い』

これは
『足底筋膜炎』
という病気です。

足の裏に張ってある筋膜に炎症が起こり、
小さな断裂を繰り返すことで痛みが出ます。
朝起きて一歩目でかかとが痛いのが特徴です。


◆落合さん・男性52歳

『痛風』

痛風だと思っていたようですが、
見た目の症状が似ている
『強剛拇指(きょうごうぼし)』
という足の病気でした。


歩いた時に指にかかる力を逃がすことができず、
親指の関節に炎症が起こり、
親指の付け根に痛みが出る病気です。


◆足裏が痛い

歩くときに親指をうまく使えていないと、
バランスが崩れて、
足裏の神経を圧迫します。
その結果、足裏に痛みが起こります。


image133.gif


【足トラブルの原因】

■アーチ

足トラブルを起こす原因のひとつは、
『アーチの崩れ』
です。


アーチの崩れは、年齢、靴、肥満、運動不足、
過度な運動が原因として起こります。

ただし、自分の努力でアーチを修復するのは難しいことです。
そこで効果的な改善法となるのが、
靴の中に中敷(インソール)を入れて調整することです。
中敷を使って土ふまずを持ち上げることで、
アーチを整えることができます。


■靴

◆ヒール


足裏にかかる体重をうまく分散させるためには、
ヒールの高さを4cm以内にすることがおすすめです。
ヒールが高いと、体重がかかるつま先の面積がせまくなることで、
つま先により多くの負荷がかかるからです。

靴はかかとで履くので、
かかとがあっていないとうまく歩くことができません。
また、かかとの骨は卵型をしているために、
歩くときに不安定になりがちです。
そのため、ピンヒールはあまりすすめられません。


◆甲の浅い靴

甲が覆われていない靴を履くと、
靴が脱げないようにと
足の指が靴底を捕まえるように丸まって指先に力が入り、
いつも指が緊張している状態になってしまいます。
これでは常に指に負荷がかかり、
指がつるなどの症状がでてきます。
これがくせになると、
『ハンマートゥ』
という状態になります。

こうなると、指の関節が曲がったまま固まることで、
足全体のバランスが崩れて転倒する可能性が高くなります。

改善法として市販のバンドを使って甲を固定すると、
指先に力が入りづらくなります。


◆ムートンブーツ

かかとが柔らかい素材のものが多いせいで、
かかとを守ることができずに
アーチ崩れの原因となることがあります。


■おすすめシューズ

おすすめは
『スニーカー』
です。

スニーカーは、かかとと甲が守られているうえに、
しっかりとしたソールがはいっているため、
アーチが崩れにくくなっています。

靴を履くときは、
毎回靴ひもを結び直すことをお薦めします。
しかも、1日中など長い時間履くときは、
むくんだりして足の形が変わることから、
こまめに靴ひもを結び直すことをこころがけてください。