秋の緊急SOS!ジェットコースター血圧 その原因Xにあり!9月29日フジテレビ

9efbe67aa9fcffcedd67bcc13064116e_300_200.jpg




MCは恵俊彰さん、
ゲストはキムラ緑子さん、羽田美智子さん、
里見浩太朗 さん、宮澤エマ さん、的場浩司さん、
解説してくれるのは、
国際医療福祉大学教授 前田 眞治先生です。


image130.gif【この秋の緊急SOS!ジェットコースター血圧】


■ジェットコースター血圧

1年間にお風呂で亡くなった人の推定数は、
19,000人です。
これは、交通事故死の約5倍にあたる高さです。
その原因は溺死です。
たとえうたた寝状態だったとしても、
お湯に顔がつけば目を覚ますのではないかと
思われがちですが、
そうはならない危険な状態があります。
その原因が
『ジェットコースター血圧』
です。


■死に至るジェットコースター血圧


ジェットコースター血圧とは、
42度以上の熱いお風呂に入った時に起こる、
急激な血圧の上昇と低下を起こす症状を言います。

これが起こると、
脳に十分な血液を送り届けることができなくなり、
うとうととして失神してしますことがります。

その結果、
意識を失ったまま溺れて最悪死に至ってしまうます。


■原因

体温が42度以上というのは、
人が生命活動を維持できない危険な温度です。
そのため、体が驚いて血圧の上昇を引き起こします。
ところが、高温のお湯が体を温めるために、
この後血管が拡張して血圧が急降下します。
これが、ジェットコースター血圧と呼ばれるものです。
番組実験では入浴11秒後に血圧が30度近くも上がり、
次に40度近くも降下しました。
これは、明らかに異常な状態です。


■予防法

◆お湯の温度は高くても40~41度に設定します。
◆体をお湯の温度にならすために、
 入浴前に浴槽のお湯を5回体にかけます。
◆入浴中にうとうとと眠気を覚えたら、 
 桶に冷たい水を入れ、それに手を入れて冷やしてください。

 手を冷やすと血管が収縮して血圧が上昇します。