長生きの秘訣!食品編 林修の今でしょ!講座8月29日テレビ朝日

27031299_220x164.jpg




image130.gif【長生きの秘訣!食品編】

今回は、健康長寿1000人の調査から、
長寿につながる要素(生活習慣、食生活など)を探りました。
番組では5つのテーマを取り上げていましたが、
ここでは食品に的を絞って紹介します。


■発酵食品

長生き(健康長寿)と発酵食品の間には密接な関係があります。
1000人調査の結果、
健康長寿の約9割が発酵食品を日ごろから食べていました。

発酵食品が体に良いとされるポイントは3つあります。
1つ目が、栄養素をパワーアップしてくれる点です。
発酵過程で栄養素が数倍になることもあります。
2つ目が、新栄養素が誕生する点です。
発酵する過程で、もともとその食材にはない栄養素が
生まれてくれるのも発酵食品のメリットです。
そして3つ目は、栄養が吸収されやすくなる点です。
発酵食品には、消化に負担をかけず
栄養素を吸収しやすいという長所があります。


■健康長寿がよく食べる発酵食品ランキング

第3位:味噌

赤味噌に含まれている『メラノイジン』は、
がんと戦う細胞を活性化させる効果を期待することができます。
また白味噌は発酵の過程で『GABA』という成分を生成しますが、
これはリラックス効果や血圧を下げる効果を期待することができます。

赤味噌と白味噌で期待できる健康効果が異なるため、
できれば両方食べることがおすすめです。
味噌は量よりも、少しずつこまめにとることが大切ですので、
朝昼晩少しずつ食べるように心がけてください。


第2位:納豆

納豆には『ビタミンK2』というビタミンが非常に豊富に含まれています。
骨の健康に欠かせないカルシウムが腸管から吸収されたあと、
ビタミンK2がないと骨までカルシウムを届けることができません。
つまり、ビタミンK2は、
カルシウムを骨に届ける大切な働きを担なう栄養素ということです。
ですから、健康寿命を縮める原因である骨粗しょう症の予防に、
納豆はもってこいということです。

また、納豆の健康長寿効果として
老化防止効果があることもわかってきました。
体には『オートファジー』と呼ばれる細胞に溜まったゴミを再利用し、
老化防止につなげるシステムがあります。
納豆に含まれる『スペルミジン』には、
このオートファジー(ゴミの再利用)を促進させる働きがある
ことから、
納豆を食べることで、
老化防止効果が期待できることになります。

そして、納豆との食べ合わせとしておすすめなのが『キムチ』です。
納豆に入っている納豆菌と、
キムチに入っている乳酸菌は相性抜群です。
これら2つをいっしょに食べると、
乳酸菌のパワーがアップします。


第1位:ヨーグルト

ポイントはヨーグルトにたっぷり含まれている『乳酸菌』です。
高齢者の健康にとって非常に重要なのが、
腸内環境を整えることです。
腸の中の善玉菌が多い人はがんになりにくく、
インフルエンザなどさまざまな病気にも
なりにくいという傾向があります。
ヨーグルトの乳酸菌は、腸内の善玉菌を増やし、
腸内環境を整えてくれます。
この点からも、健康長寿には欠かせない食品といえます。

食べ合わせとしておすすめなのが『バナナ』です。
バナナに含まれるオリゴ糖と食物繊維は、
善玉菌のエサとなって、
腸内環境の改善効果を高めてくれます。


image133.gif


【肉料理】

健康長寿の維持はお肉とも深い関係にあります。
健康なご長寿ほど、
お肉を積極的に食べている傾向にあることがわかっています。
ポイントは、お肉に多く含まれている良質なたんぱく質です。
脳の血管はたんぱく質でできているため、
積極的なたんぱく質の摂取は、
脳の血管がもろくなり破れるのを防ぐことで、
脳出血や脳梗塞の予防につながります。
お肉のたんぱく質は脳の血管にとっては、
とても重要な栄養素なのです。

また免疫細胞もたんぱく質からできていますので、
お肉を食べて良質なたんぱく質を摂取することは、
免疫力を上げることにもつながります。


■健康長寿がよく食べるお肉料理ランキング

第3位:とんかつ

豚肉には、
糖をエネルギーに変えるビタミンB1が豊富に含まれています。
ビタミンB1は水溶性のため、
炒めると流出してしまいますが、
とんかつなら衣がビタミンB1の流出を防いでくれることで、
栄養素を無駄なく摂取することができます。



第2位:ステーキ

ステーキには、
糖や脂肪の燃焼を助けるのに加え、
体力&筋力アップ効果が期待できる、
『Lカルニチン』が豊富に含まれています。


第1位:焼肉

焼肉は食べる部位によって摂れる栄養素が変わってきます。
おすすめは、ハラミ、ロース、カルビの3つです。

ハラミには良質なたんぱく質が含まれているほか、
鉄分も豊富にふくまれています。

さっぱりした味わいとやわらかい食感が人気のロースには、
ステーキと同様Lカルニチンが豊富で、
体力&筋力アップ効果を期待することができます。


焼肉の王道であるカルビには、
『アラキドン酸』という成分が含まれています。
この物質は、脳で幸せを感じる快楽物質に変わってくれます。

また焼肉を食べる際には、
タレに大根おろしを入れて食べるのがおすすめです。
大根に含まれるプロテアーゼがたんぱく質の分解を助け、
消化力をアップしてくれるからです。
大根のほかにコチュジャンもおすすです。
コチュジャンに含まれるカプサイシンは胃の粘液量を増やし、
胃の粘膜を丈夫にしてくれます。