脳出血!有名人を襲った病気SP その原因Xにあり!4月21日フジテレビ

9efbe67aa9fcffcedd67bcc13064116e_300_200.jpg




脳出血の年間死亡者数は2万3千以上!
一命を取り留めても、
マヒなどの後遺症が残ることが多くある怖い病気です。
脳腫瘍に襲われた女優河合美智子さんの体験を元に、
脳出血のサインと原因、対処法などを考えてみます。


MCは恵俊彰さん、
ゲストは羽田美智子さん、的場浩司さん、ホラン千明さん、東貴博さん、
解説してくれるのは、
くどうちあき脳神経外科クリニック
院長 工藤 千秋先生です。


image130.gif【脳出血!有名人を襲った病気SP】

【脳出血のサインを見逃さない】

女優河合美智子さん48歳を襲った脳出血とは、
脳の血管が破れて脳内で出血する病気です。
脳梗塞、くも膜下出血と並ぶ脳卒中のひとつです。

発症したなら、早期治療が命の分かれ道と言われています。
ですから、
体に現れるサインに気付くことが命を救う大事なポイントとなります。


■脳出血のサイン

サイン①


『簡単な計算ができない』

計算ができなかった時点で
脳出血を起こしていた可能性が高いと考えられます。
血液によって脳の神経が圧迫を受けることで、
計算機能が低下していたと考えられます。

この時点で気付いていたなら、
マヒを抑えられたかもしれません。


サイン②

『足のマヒ』

足に力が入らず石のようになっていました。
右半身がマヒした状態です。


サイン③

『ろれつが回らない』
「あ」と言おうと思っても「お」となってしまう。


最初のサインから2時間後に緊急病院に運ばれた河合さんは、
左脳に出血がありました。
出血の仕方がゆっくりで、量も少なかったことが、
命を取り留めた大きなポイントでした。


■リハビリ

脳内の出血量が31cc以上だと、開頭手術をしますが、
河合さんの出血量は30ccだったために、
点滴治療のみですみました。


それでも、右半身はマヒした状態になってしまいました。
入院4日目からリハビリが始まりました。
最初は右足に力がはいりませんでしたが、
8カ月後には歩けるようになりました。

さらに、それまでまるでもてなかった
箸も持てるようになりました。

image133.gif


【脳出血の原因】

河合さんの脳出血の原因は、
『塩分』
だったと思われます。
河合さんはしょっぱい味が好きで、
なんにでも塩をかけて食べていたといいます。

塩分を摂りすぎると、
血液中の塩分濃度が高くなりますが、
それを薄めるために血管内に水分が入り込みます。
そのために、
血管がパンパンになって血圧が上昇した状態になります。

このようにして血管に圧力がかかり続けると、
血管壁が硬くなってしまいます。
このように固くなり弾力性を失った血管は、
破れやすくなります。
それを示すように、
脳出血の8割超は高血圧が原因だとされています。


■その他の原因

塩分の摂りすぎのほかにも、
『アルコールの過剰摂取』
『ストレス』
『喫煙』
『運動不足』

などが脳出血の原因になるとされています。

さらに、塩分と並んで脳出血の原因となるのが、
『糖』
です。
糖の値が高いと血管がパリパリになりやすくなり、
そこに高い血圧が加わると、
やはり破れやすくなってしまいます。

糖尿病(2型)患者の約6割が高血圧とされています。
そのため、
脳出血などの合併症を起こす可能性が高いとされています。


■周りが気付くことのできるサイン

①まっすぐ立ってられない
足の踏ん張りがきかなくなるため、
立ってられなくなります。


②生あくびが出ている
脳の中が酸欠状態になっているからです。


③よだれが垂れている


■発症した人に対する対処

マヒしている方を上にして横に寝かせます。
気持ち悪くなって吐いたものが、
気道に入るのを防ぐための処置です。