老化をストップ!長生き&若返りSP・入浴法! その原因Xにあり!3月17日フジテレビ

9efbe67aa9fcffcedd67bcc13064116e_300_200.jpg




MCは恵俊彰さん、
ゲストはキムラ緑子さん、羽田美智子さん、
ホラン千明さん、宮澤エマさん、関根勤さん、
解説してくれるのは、
修文大学健康栄養学部 
教授 伊藤 要子先生です。


image130.gif【老化をストップ!長生き&若返りSP・入浴法】

■血管若返り入浴法

体の老化は血管の老化によって起きます。
血管は全身の細胞に酸素と栄養を届ける
道路のような役割りをになっています。
実際、番組モニターの女性3人も肌年齢が高いほど、
血管年齢が高くなっていました。


■簡単血管年齢検査

人さし指の爪の先を
片方の指でつまんで5秒間圧迫しパッと離します。
2秒以内に色が戻ればOKです。
色が戻るのに2秒以上かかった人は、
血管が老化している可能性があります。


■老化の原因

高コレステロール食や高血圧が原因で、
血管が傷つけられます。

その結果、しなやかだった血管は弾力を失って
固くなってしまいます。
これが、動脈硬化です。
しかし、人の体の中には、
血管の老化に対抗できるスーパー物質があります。
それが、
『HSP』
です。


image133.gif


【HSP】

■HSPとは

HSPは、ヒートショックプロテインというタンパク質で、
傷ついた細胞を修復する働きをします。
ですが、加齢とともに減少してしまいます。
以前よりも傷が治りにくいなどは、
HSPがへっているサインかもしれません。


■若返り物質HSPの増やし方

HSPの増やし方のひとつの事例として、
『野菜の50度洗い』
があります。
野菜・果物を50度で洗うと元気になるというものです。
これは、熱の刺激でHSPが増えるということです。
同じようなことが人にも言えます。
血管に熱ストレスがかかると、
対抗するためにHSPがつくられます。
その結果、血管が修復されます。


■HSPの増やし方

少し熱めのお風呂で、
しっかり体を温める方法です。


◆HSP入浴法

お風呂の熱で体温を2度上げて、
その熱を保温する方法です。


■HSP入浴法のポイント

①体温を計ります(舌下で計ります)

②入浴前に水分を補給します
(脱水を予防するため)

③お湯は41度に設定します

④炭酸の入浴剤を入れます
(炭酸には血管の拡張作用があり、
 体を温めやすいという効果があります)

⑤入浴後は、靴下をはき、温かい服を着て10分間保温します
 そして、温かい飲み物で体を冷やさないようにしてください

入浴時間は15分。
このとき、フタを閉めて顔だけ出すようにすると効果的です。

HSP入浴法は、週に2度くらいが適切な頻度です。
毎日のように入ると、
体が慣れて効果が薄くなってしまいます。


■3週間実践結果

女優の北原佐和子52歳は、
シミが気になるということでしたが、
血管年齢を測定したところ60歳でした。

北原さんが、この入浴法を試してみたところ、
入浴前は36.1度だった体温が
37.8度に1.7度も上昇しました。

体温を上げる目安は2度ですが、
最初は2度まで上がらないことがあります。
無理して長風呂などはしないでください。
徐々に体温の上がりやすい体質に変えていってください。

そして3週間実践した所、
北原さんのHSPは1.2倍増えました。


また、他の2人のモニターも1.2~1.5倍増加しました。

血管年齢も
北原さんは60歳→40歳に大幅若返りをはたしました。

他のモニターも
75歳→46歳
55歳→25歳
と大幅に若返りました。

そして北原さんが最も気にしていた肌年齢は、
60歳→38歳
と、これも大幅に若返りました。