知らなきゃ損!漢方 健康カプセル!ゲンキの時間11月19日TBS

無題.png




MCは三宅裕司さん、渡辺満里奈さん、
ゲンキステューデントは滝裕可里さん、
ゲンキリサーチャーはTKOの深沢邦之さん、
解説してくれるのは、
東京女子医科大学東洋医学研究所
教授 伊藤 隆先生です。


image130.gif【知らなきゃ損!漢方】

漢方は7世紀ごろ仏教と一緒に伝わりましたが、
その後は、日本で育まれた日本の独自の医学です。

日本の漢方医とは、
全員が西洋医の免許をとった医師で、
それぞれが独自に漢方を学んだお医者さんのことです。
処方する漢方薬は、複数の生薬を組み合わせて作ります。


■診察:広井さん女性57歳のケース

広井さんは
『いろいろな不調があって、
何をどうしていいのかわからない』
と訴えています。


①問診

患者さんに直接症状を聞いて、
体内で何が起こっているのかを調べます。


広井さんの場合は、
『気』が落ちている可能性が考えられます。


◆気・血・水

漢方には健康を保つための3つの要素として
『気・血・水』という概念があります。

:エネルギーのようなもので、
  自律神経やホルモンの働きなどです

:血液に近い概念で、栄養を運ぶ働きなどです

:血液以外の体液のことで、
 リンパ液等の働きのことです

これらの3つがバランスよく体内を巡ることで、
健康が保たれるとされています。

広井さんの場合は、
『気の不調』
だと考えられました。


②脈診

3本の指で脈拍を診ます。
脈拍を打つ力を診ます。

脈が強い人を『実(実証)』といい、
強い薬を用います。
一方、脈の弱い人を『虚(虚証)』といい、
弱い薬を用います。

実と虚とは、
その人本来が持つ体力や抵抗力の強弱を示す指標のことです。
実は病気に強く、虚は弱い体質とされていますが、
どちらも偏ることなく
バランスがとれているのが良いとされています。

広井さんは『虚』の体質と判断されました。


③腹診

おへその周りを押したり触ったりして
症状を推察します。


広井さんは右ろっ骨の下で痛みを訴えました。

上半身は汗をかきやすく、足は冷えるという
『上熱下寒』
という状態で、
診断は
『気逆』
という自律神経がかかわる典型的な症状です。


④舌診

舌の状態を診たところ、
やはり『気逆』でした。


◆処方

体の熱や炎症をとる漢方が処方されました。
気の流れを整えることで、
手足の冷えを改善します。

喉の渇きや不安等が解消され、
よく眠れるようになることで、
免疫力が高まります。
これによって、ほかのさまざまな症状も解消されていきます。
これらの症状を漢方は一種類の薬で治します。

日本の漢方は、
東洋の智恵と西洋の新しい学問をミックスさせた
最先端の医療です。





image133.gif


【気・血・水のタイプ】

■(A)気虚

エネルギー不足で消耗が多い状態です

●倦怠感がある
●気力がない
●風邪をひきやすい
●食欲がない
●食事が美味しくない



◆対策
十分に睡眠をとって、
ストレスのある場合は適度に休むことが重要です。


■(B)血虚

血液あるいは栄養・潤いの不足で、
血の量や質が良くない状態です

●貧血がある
●動悸・不整脈がある
●朝起きにくい
●肌が乾燥する
●弧むら返りがある



◆対策
レバーや赤身肉などで鉄分摂取をこころがけてください。


■(C)水毒

水の流れが悪く生活習慣やストレスなどで
水の代謝が低下している状態です。

●全身が重くだるい
●むくむ
●めまいがする
●胃の中に水が残っている音がする



◆対策
塩分や水分の摂取量に注意が必要です。

以上のタイプはあくまでも傾向ですので、
気になる場合は専門医を受診されることをお薦めします。


■未病

健康と病気の間のグレーゾーンで、
病気とまではいわないが、
何か不調を感じるとった状態です。



■漢方ブティック

身近に漢方の効果を取り入れられるような
商品やサービスをそろえたお店です。

たとえばスープキットは、
薬膳がセットになっていて、
そのまま食べることができます。

また、併設されている漢方薬局では、
薬のこまかなカウンセリングなどをしてくれます。
漢方薬の購入は医師の処方箋は必要ありませんが、
基本的に保険適用外になっています。

漢方薬局では、
生活習慣などを尋ねたうえで、
運動や食事のアドバイスなども行います。
少し調子悪いが病院に行くほどではないという症状のときに、
利用してもらいたいとしています。

また、最近は漢方薬局などが運営する
薬膳料理の店にも人気が高まっているといいます。
特に、薬膳素材を用いたスープが人気だといいます。


■薬膳料理

◆冷えに効く


『鶏肉と花椒のあったかスープ』

体を温めてくれるナツメ、花椒、生姜が豊富に用いられています。
長ネギには血流を良くする働きがあります。


◆むくみに効く

『ハト麦入りミネストローネ』

むくみ解消に効果のあるハト麦とジャガイモ、
血行を良くするニンニクなどが入っています。
また、野菜がたっぷりと含まれていることから、
エネルギーも補えます。


◆首・肩コリに効く

『黒きくらげの黒酢スープ』

血液サラサラ効果の高い黒きくらげは血液を増やし、
黒酢は血行促進効果が期待できるとされています。


■身近な薬膳食材

◆シナモン
冷えから来る腹痛・月経痛に効果的

◆ヒマワリの種
めまい、不眠、耳鳴りなどに効果的

◆ハト麦
肌荒れや乾燥肌に効果的

◆菊の花
疲れ目、充血などの目のトラブルに効果的

◆白ゴマ
肌の潤いや便秘解消に効果的